2017-06

ホールズ・クロフト

 シェイクスピアが眠るというホーリー・トリニティー教会にほど近い閑静な住宅地にあるのは、Hall’s Croft(ホールズ・クロフト)。シェイクスピアの娘スザンナと最初の夫であった地元の医師ジョン・ホールとが住んでいました。診療所も兼ねていたという住宅内部には、17世紀の中産階級の住居と暮らしの様子が再現されています。

IMG_7904_convert_20160422050726.jpg

 最初に訪れる部屋に家族の肖像画が飾られています。この絵に描かれているのは、上流階級の食卓風景。イギリスのものではありませんが、中世ヨーロッパの世相をよく反映しているのだとか。
 この時代において、黒は高貴な色。お金持ちしか着ることができなかったそうですが、肖像の家族は大人も子どもも黒づくめです。また、襟の大きさは冨の象徴で、不釣り合いなほどに大きな襟が目立ちます。この傾向は時代とともに、だんだんエスカレートし、ついには柄の長いスプーンやフォークが売り出されたこともあったそうです。

IMG_7915_convert_20160422050828.jpg

 先にご紹介した肖像画もそうですが、ホールズ・クロフトをはじめ、シェイクスピア・バースプレイス・トラストによって運営管理されている建物に展示されている家具の多くは、そこにもとからあった物でははなく、この時代の雰囲気を伝えられるようにと、ヨーロッパ中から集められました。人手に渡っていたオリジナルをオークションで競り落とすこともあるそうですが、どの家具もこの家によく馴染んでいます。

IMG_7920_convert_20160422050940.jpg

 医者であったホール氏の診察室が再現されています。木目が重厚な机の上には、小さなすり鉢がありますが、庭に植えられたハーブを調合して患者に処方していたのかもしれません。実際、彼は食事改善やハーブを使った治療を得意としていたそうです。
 棚にディスプレーされている色とりどりの花瓶が心地よいアクセントとなっているこの診察室には、とても落ち着いた雰囲気がただよっています。

IMG_7916_convert_20160422051028.jpg

 このようなどっしりとした机があれば、さぞかし仕事がはかどりそうです。私も素敵なアンティークの机がほしいと、思わず溜息が出てしまいました。机兼食卓兼ディスプレー棚ということで、我が家にもひとつほしいところです。

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ロンドン「V&A 子ども博物館」で懐かしのレトロ&ヴィンテージおもちゃに出会える

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


アン・ハサウェイの家

 ストラトフォード・アポン・エイボンには、「シェイクスピアの生家」をはじめ、シェイクスピア・バースプレイス・トラストによって運営管理される、シェイクスピアゆかりの建物がいくつか残されています。

IMG_7821_convert_20160422043942.jpg

 シェイクスピアの妻となったアンが生まれ育ったのは、おとぎ話にでも出てきそうなかわいらしい茅葺屋根のコテージ「Anne Hathaway’s Cottage & Gardens(アン・ハサウェイの家)」です。
 アンは裕福な農家の出身で、シェイクスピアより8歳年上でした。シェイクスピアにとっては、若干18歳での結婚となりましたが、式を挙げた時にはすでに、アンのお腹には赤ちゃんが宿っていたのだとか。これでは結婚しないわけにはいきません。

IMG_7851_convert_20160422044543.jpg

 シェイクスピアの生家から徒歩で30分ほどのショッタリー村にあるコテージ内には、当時の裕福な小地主の暮らしの様子が再現されています。
 最初に訪れる暖炉とオーブンのあるキッチンには、どっしりとした木目の美しい食器棚があり、アンティーク食器がディスプレーされています。その美しさに思わずうっとりとさせられますが、そのほかにも、館内にある重厚で存在感のある家具の数々には、目をみはるばかりです。
 特にすばらしいのは、ハサウェイ家に代々受け継がれてきたという家宝ともいえる天蓋つきの「ハサウェイベッド」。オーク材でつくられたというそのベットに施された美しい彫り物は必見です。

IMG_7859_convert_20160422044246.jpg

 外観もさることながら、内部のインテリアがとっても素敵な「アン・ハサウェイの家」。私が今回訪れたシェイクスピア関連の建物の中では、いちばんのお気に入りとなりました。
 ストラトフォード・アポン・エイボンは、ロンドンから列車で2時間ほどと近いので、今度は気候のよい頃にもう一度訪れてみたいです。

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
シェイクスピアを育んだ街・英国「ストラトフォード・アポン・エイボン」

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


イギリスのホテルで朝食を食べる喜び

 期待しないほうがよいといわれているイギリスの食事を評したのは、「人間の絆」を著したサマセット モーム。「イギリスでおいしいものを食べようと思えば朝食を3回食べよ」との格言はあまりにも有名です。
 その朝食とは、ベーコン、卵、ソーセージ、ベイクドビーンズ、マッシュルームのソテーに焼きトマト。バターやジャムを塗ったトーストとミルクティー、フルーツジュースが添えられるのが一般的です。

IMG_7803_convert_20160328202239.jpg

 「コンチネンタルブレックファースト」とは、パンやシリアルに、飲み物と火を通さないコールドミール(ハムやチーズなど)を添えた簡単な朝食のことですが、コンチネンタルは大陸の意味。つまり、コンチネンタルブレックファーストとイングリッシュブレックファーストは、対になる言葉なのです。
 私たちは、ストラトフォード・アポン・エイボンで泊まった「ファルコンホテル」で「イングリッシュブレックファースト」をいただきました。ソーセージやベイクドビーンズを食べていると、「トーストを持って来てちょうだい」という気になります。コンチネンタルブレックファーストにつきものの、クロワッサンは合いません。やはり、食べ物の組み合わせには、それなりの理由があるものだと感心しながら、イギリスの素晴らしき朝食を堪能しました。

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
シェイクスピアを育んだ街・英国「ストラトフォード・アポン・エイボン」

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


ホーリー・トリニティー教会

 苔むした墓標に囲まれる「Holy Trinity Church(ホーリー・トリニティー教会)」は、シェイクスピアの墓があることで知られています。ここは英国国教会の教区教会で、日曜日には地元の信徒が礼拝に訪れます。
 シェイクスピアの軌跡を訪ねる観光客の姿も目立ちますが、大聖堂というよりは小ぢんまりとした佇まいで、どちらかというと、地域に根差した教会です。私が訪れた日には、葬儀が行われたそうで、立ち入ることができる時間が制限されていました。

IMG_7891_convert_20160424171922.jpg

 シェイクスピアの墓は内陣にあり、入場料を払って中に入ります。シェイクスピアの墓標近くには、彼が洗礼を受けたという洗礼盤と、登録簿のコピーが展示されています。手書きで記入された登録簿には、確かに彼の名前が残されていますが、後に有名になったからといって特別扱いはされていません。

IMG_7872_convert_20160424170706.jpg

 シェイクスピアと家族がこの教会の内陣に眠ることができたのは、彼が有名人であったからではなく、一定以上の献金を収めたからなのだそうです。彼が生前にあれだけの功績を納めなければ、教会に多額の献金をすることはできなかったでしょうが、彼ほどの人物であれば、ロンドンにあるウェストミンスター寺院、または、セント・ポール大聖堂に埋葬されても不思議ではありません。
 しかし、生まれ育ったストラトフォード・アポン・エイボンの地で永遠の眠りにつきたいとの彼自身の強い希望により、現在でも彼と家族の墓標がここにあります。

IMG_7877_convert_20160424170819.jpg

 ホーリー・トリニティー教会には、観光地にありがちな浮ついたところがなく、真面目で誠実な教区教会の雰囲気がただよっていました。シェイクスピアがこの教会になら安心して眠ることができると思った気持ちが理解できるような気がしました。

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
シェイクスピアを育んだ街・英国「ストラトフォード・アポン・エイボン」

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


ファルコンホテル

 ストラトフォード・アポン・エイボンでは、16世紀に建てられたというハーフティンバー様式の外観が美しい Falcon Hotel(ファルコンホテル)に泊まりました。イギリスの伝統的な宿は Inn(イン)とよばれ、1階は食事やお酒を提供するバー(パブ)、階上は宿泊施設となっています。ファルコンホテルは、その形式を今に受け継いでいます。

IMG_7636_convert_20160328203222.jpg

 このホテルには、新館と旧館があり、そのどちらにも客室があります。私たちは予約時に部屋の指定をしませんでしたが、幸運なことに旧館に泊まることができました。頭をぶつけそうなほど低い場所にある梁、壁を覆う白と黒のハーフティンバーのコントラストが歴史を感じさせてくれます。床にはカーペットが敷き詰められていますが、歩くとみしみしと音をたてます。
 レビューを見ると、隣室の音が気になったとの書き込みが多くありましたが、私たちが泊まったのがシーズンオフだったためか、物音はほとんど聞こえませんでした。むしろ、床を歩くたびに聞こえる音に親しみを覚えるくらいでした。

IMG_7604_convert_20160328202408.jpg

 宿泊客ではなくとも利用できる階下にあるパブでは、飲み物だけではなく食事やデザートも注文することができます。
ファルコンホテルのパブの魅力は、4つの趣きの異なるラウンジがあることです。私は、サロン風なラウンジが気に入り、そこでクリームティーを注文しました。スコーンは焼きたてで、外はサックリなのに、中はしっとりとしていて、とてもおいしかったです。アフタヌーンティーも注文できるそうなので、今度来たときにはそちらも試してみたいです。

IMG_7942_convert_20160330185230.jpg

 シェイクスピアの生家から徒歩で約10分、他の観光施設からも徒歩圏内にあるという便利な場所にあるファルコンホテル。ぜひまた泊まってみたいです。

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
「ファルコン ホテル」英国ストラトフォード・アポン・エイボンに現存する中世の旅籠

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


今年はシェイクスピア没後400年

2016年は、シェイクスピア没後400年。
Travel.jp 「たびねす」 に記事をアップしました。
地味ですが、私は気に入っている記事です。
よろしければご覧ください。
↓↓↓
英国「ストラトフォード・アポン・エイボン」シェイクスピアが愛した街を歩く

IMG_7765_convert_20160515080523.jpg

過去記事一覧
↓↓↓
「東ロンドン」は日曜日がおもしろい!マーケットとエスニックグルメを満喫

ロンドン郊外ケンプトン「サンバリー・アンティーク・マーケット」で大満足!攻略法を一挙大公開

ロンドン ケンジントン宮殿でいただく「アフタヌーンティー」オランジュリーで過ごす優雅なひと時

シェイクスピアを育んだ街・英国「ストラトフォード・アポン・エイボン」

「ファルコン ホテル」英国ストラトフォード・アポン・エイボンに現存する中世の旅籠

ロンドン「バラマーケット」で実感 オーガニック先進国イギリスの「食」へのこだわり

ロンドン郊外「リッチモンド」テムズ川と美しい緑の空間を満喫

ロンドン随一の蚤の市「チズウィック・カーブーツセール」で掘り出し物を見つけよう

イギリス土産の決定版!ティータイムを彩る定番ビスケット5選

舞台はロンドン!名探偵「シャーロック・ホームズ」の軌跡を追え

ウィリアム王子が暮らすロンドン「ケンジントン宮殿」ヴィクトリア女王ゆかりの地

ロンドンに現存する最古の教会「聖バーソロミュー・ザ・グレート教会」

ロンドンの歴史が全てわかる「ロンドン博物館」でヴィクトリア朝にタイムスリップ

ロンドンでアンティーク三昧 掘り出し物が必ず見つかるマーケットめぐり

中世の趣が残るロンドン「ザ・テンプル」ダ・ヴィンチ・コードの舞台としても知られる歴史ある場所

ロンドン「シャーロック・ホームズ博物館」ヴィクトリア朝の香りが漂う シャーロキアンの聖地

中世の面影を今に残す街 築600年の旅籠が現存する 英国「ライ」の魅力

ポルトガル 世界遺産の街「シントラ」アラブの面影が色濃く残るエキゾチックな場所

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


シェイクスピアの生家

 ストラトフォード・アポン・エイボンの中心街には、テューダー様式の古い建物が多く残されています。築数百年という、傾いで今にも倒れそうな民家が歴史を感じさせてくれます。

IMG_7519_convert_20160409031003.jpg
「シェイクスピアの生家」外観

 テューダー様式のなかでも「ハーフティンバー」とよばれる伝統的な建築様式が今に受け継がれています。その構造とは、木製のフレームを露出させ、その間を木材などを編みこんだ土壁で埋めるというもの。
 その名前の由来には、フレームに丸太を半分に切ったハーフティンバーを使うからという説と、木枠と土壁の面積がちょうど半分ずつになるからという2つの説があるそうです。

IMG_7573_convert_20160409031315.jpg

 シェイクスピアが誕生したという「シェイクスピアの生家」も例外ではなく、ハーフティンバー様式。その内部には、彼らの時代の生活の様子が詳細に再現されています。
 2階にある小ぢんまりとした部屋でシェイクスピアはこの世に生を受けました。どの部屋も広いとはいえませんが、テューダー朝においては、中産階級の比較的裕福な人々がこのような屋敷を構えていたということです。

IMG_7569_convert_20160409031121.jpg
館内には、テューダー朝のコスチュームを身につけたガイドが常駐

 町長に選ばれたこともあるという革手袋職人であった父のもと、 シェイクスピアは裕福な家庭で育ちました。しかし、父の事業が傾いた後は、職を転々としたとされるシェイクスピア。ついには、妻子を置いて単身でロンドンへ旅立ちますが、何が彼をロンドンへと駆り立てたのか、本当の理由は明らかになっていません。

IMG_7580_convert_20160409031721.jpg

 私は、ストラトフォード・アポン・エイボンを旅行するにあたり、はじめてシェイクスピアの戯曲を読みましたが、物語の構成や、エッセンスのようなものを以前から知っていたように思いました。読み進めるうちに、チャールズ・ディケンズに似ているということに気づき、彼がシェイクスピアから多大なる影響を受けているのだということを知りました。
 「シェイクスピアの生家」は、シェイクスピア・バースプレイス・トラストによって運営管理されています。ディケンズはこの組織を立ち上げるために力を尽くしたということです。

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
シェイクスピアを育んだ街・英国「ストラトフォード・アポン・エイボン」

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

Travel.jp 「たびねす」

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank"

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (48)
年中行事 (10)
博物館めぐり (29)
移民の街ロンドン (21)
ぶらりロンドン (50)
ふらっとイギリス (30)
安くておいしい (74)
お茶のはなし (17)
エコライフ (22)
花鳥風月 (33)
掘出物 (31)
ヴィンテージ (73)
日本とイギリス (8)
書物に親しむ (16)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (164)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (32)
ポルトガル (32)
マルタ共和国 (12)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR