2017-11

夢にまで見た Dyson

 欲しくてたまらなかった Dyson の掃除機を手に入れました。長年、手に入れたいとは思っていたのですが、何せ1台 £300.00(約¥4,5000)とお高いので、なかなか自分に許可を与えられずにいました。そうして待っていたところ、中古品を格安で譲ってもらえる運びとなりました。
 ダイソン君が家に来て以来、私は彼に夢中です。パーツを分解して磨いてみたり、フィルターの掃除をしてみたり、手入れに余念がありません。ダイソンの掃除機は吸引力が抜群で、時間が経ってもその吸引力が衰えません。カーペットが剥がれるかと思うほどの吸引力です。しかも、作りが堅牢でデザイン的にも優れています。

 ダイソンは、Sir James Dyson(ジェームズ・ダイソン)によって1993年に創設されたサイクロン式掃除機を初めて開発・製造した会社です。ジェームズは、美大(Royal College of Art)で家具とデザインを学んだ後、工学に転向しました。現在では、年商1億ポンドを越える売上げを誇るサイクロン式掃除機を開発する出発点となったのは、「サイクロン(粉末分離器)を掃除機に取り入れる。」という彼の斬新なアイディアでした。アメリカのフーバー社がこのサイクロン式掃除機が業界に出回るのを妨ぐためだけに特許の購入を考えたほど、画期的な発明でした。
 会社を設立する以前の1983年に ジェームズは、紙パックを使用した掃除機に替わり、紙パック不要のサイクロン式掃除機、G-Force(ジーフォース)を開発しました。しかし、紙パック業界の売上げが落込むことを懸念したイギリス国内の企業は、G-Force に投資することを見合わせ、国内での商品化には至りませんでした。1986年には、日本でカタログ販売により G-Force が発売されました。G-Force は、当時、20万円くらいの価格で販売されましが、デザイン雑誌の表紙を飾るなどステイタスシンボル的な人気を博し、1991年には、日本の国際商業デザイン見本市で受を獲得しました。
 1993年には日本で得た資金を元手に Malmesbury(南西イングランドの小都市)に本社と研究所を設立し、現在に至っています。最近では、羽のない扇風機を商品化したり、サイクロン掃除機に Ball(ボール)テクノロジーを採用するなど、ダイソンは常に新しい開発に取組んでいます。

gforce-130.jpg
G-Force 画像は家電 watch より拝借

参考文献:Dyson 公式ホームページ・Wikipedia

 イギリス製の掃除機について興味を持たれた方は、Hetty(ヘティー)がやってきたも併せてお読みください。

読んでくださいましてありがとうございました。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

ダイソン、いいですね~。うちは毛の長い猫がいるので、やっぱり何年も欲しいなぁーとよだれをたらしっぱなしです。数ヶ月前にペット対応の掃除機に買い換えたのですが、そんなにドラマチックな違いはなかったし、高いけどダイソンにしておけばよかった、とちょっと後悔しています。。。

↓私もLady Gray大好きです!

catswhiskers 様

コメントをありがとうございます。やっぱりダイソンはいいですよー。高いだけあります。(って、私はあまり高いお金を払っていないのですが。)私のところに来たダイソン君は5歳くらいですが、(もう擬人化するほどかわいがっています。)寿命がきてもまたダイソンの掃除機が欲しいと思います。でも、あと5年くらいは頑張って欲しいです。

うらやましい~~~!!!!
私も欲しいんですけどね~、やっぱお値段が(笑)
うちは今のところカーペットじゃないので、そこまで掃除機自体が必要ではないんですけどね。ほうきとモップです:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
しかし手元にあったら、無駄に掃除しちゃいそうです☆

お茶ちゃ様

こんにちは。ダイソン君はとってもかわいいです。使い心地も最高です。私はそんなに高いお金を払ったわけではありませんが、定価にも納得できます。
ほうきとモップだけでお掃除ができるなんてとってもエコですね。オーストラリアのお家はフローリングが多いのですか?
イギリスの家の殆どは内装する時点でカーペットがはられます。バスルームまでカーペットばりの家もあります。ヒースロー空港までカーペットばりですからね。(苦笑)いい掃除機がうまれるわけです。(笑)

今はフローリングですけど、前の家はタイルでした~。
たぶん、GCが基本温かいところだからでしょうかね~?カーペットの家もありますけど、リノベーションの時に、タイルとかフローリングにするところも結構ありますよ~。
空港までカーペットばりとはすごいですね!!
そりゃ、高機能な掃除機必要ですね(; ^ω^)

お茶ちゃ様

こんにちは。コメントのお返事をありがとうございます。
やはり、家の構造はその場所の気候に左右されている部分が多いのですね。イギリスでフローリングだと(新しい家には結構、多いですが)少し寒々しい気がしますもんねー。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://workingclass.blog109.fc2.com/tb.php/99-53bcaca1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

やっぱり激甘 McVitie's Digestive Biscuit «  | BLOG TOP |  » Lady Grey

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

Travel.jp 「たびねす」

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank"

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (53)
年中行事 (10)
博物館めぐり (29)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (52)
ふらっとイギリス (34)
安くておいしい (77)
お茶のはなし (17)
エコライフ (22)
花鳥風月 (34)
掘出物 (32)
ヴィンテージ (72)
日本とイギリス (8)
書物に親しむ (16)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (176)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (39)
ポルトガル (32)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR