2017-08

インドカレーの謎

 インドカレーは、今やイギリスの国民食といっても過言ではないほどの人気料理です。イギリスがインドの旧宗主国だった関係で、インド料理レストランでは勿論、デリ、Take Away(テイクアウェイ:お持ち帰り)専門の安カフェでも手軽にカレーを味わうことができます。スーパーにはレトルトカレーも売っています。
 お洒落なレストランでは、伝統的なカレー以外にも、現代風の創作カレーも味わうことができます。チキン・ティッカ・マサラ(タンドールで焼いた鶏肉をトマトとクリームをベースとしたカレーソースで煮込んだ料理)は、祖国インドではなくイギリスのインド料理レストランで生まれた創作料理です。私もカレーが大好きです。インドカレーの作り方を習ったので時々、作っては食べています。

DSC00906_convert_20100504021640.jpgDSC00905_convert_20100504021455.jpg
私の料理の師匠(インド人)が作ったパンジャーブ風ベジタリアンカレー
 左側のインゲンとジャガイモのカレーは激辛でした。辛すぎるときは、バターをのせたりヨーグルトと一緒にいただきます。カレーにはサラダ油とともにギー(澄ましバター)が使われています。カロリーは高いですが、ギーを入れるか入れないかでカレーの味が違ってきます。

DSC00910_convert_20100504021758.jpg
チャパティー(ロッティー)
インドのお母さんは、食事の度に粉を練ってこのロッティーを作ります。

 はたしてインド人は、毎日カレーを食べているのだろうかという疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。答えは、イエスでもありノーでもあります。私たちがカレーと呼んでいる料理に使われている調味料は、各種スパイスのブレンドです。その中で最も有名なのはガラムマサラです。このガラムマサラは各家庭でブレンドされ、家庭によって微妙に味が異なるおふくろの味です。
 このガラムマサラは、日本でいう醤油や味噌に相当します。日本人は煮物に、スープやサラダにも、はたまたパスタなどの西洋風の料理にも醤油や味噌を使います。インド料理にも、野菜スープもあれば、魚の煮物もありますが、その味付けにはガラムマサラが使われています。味噌汁と鯖の味噌煮は味噌を使って味付けがされていますが、私たちにとっては全く別の種類の料理です。インド料理全般にもこれと同じことが言えます。カレーをガラムマサラを使って味付けされた料理全般と定義するなら、インド人は毎日カレーを食べています。しかしながら、ガラムマサラで調味された全ての料理をカレーと一括りにしてしまうには、インド料理は奥が深すぎます。

読んでくださいましてありがとうございました。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

わあ。美味しそう(>_<)
おはずかしながら、初めて本格的なインド料理を食べたのはロンドンのインディアン街でした。どうしてロンドンって中華も印度料理もああ美味しいのでしょうね。
タンドーリチキンも忘れられません。
ガラムマサラ、日本で買うと少量でも高いです。ギー入りのカリーはちょっと慣れるのに時間がいりましたが、masalaさんの日記を読んで、急にこのカレーが食べたくなりました・・・(>_<)
いつも素敵なログをありがとうございます。(●^o^●)

インドカリー大好きです!コチラでもインド系のレストランは多いですが、ロンドンほどではないと思います。私がロンドンに行った10数年前でもかなりのインド料理店を見たので、今はもっと多いのかも?

私もチキンティッカマサラが大好きで、自分でも作るようになりました。ネットで見つけたレシピを適当に自分流にアレンジしたものですが、それでも結構そこそこな味になってます!

Lady Masalaさんのカレーレシピ公開される日を楽しみにしています!

美雨 様

こんにちは。いつもコメントをありがとうございます。
ロンドンは移民の街なので、住んでいると各国料理を安く食べることができるのでありがたいです。日本ではガラムマサラが高いということですが、ロンドンでは安く買えますよ。インド系の方が毎日、使う日常的なものなので大量仕入れをしていそうです。私にカレーを教えてくれたインド人の方は、スパイスを自分で調合してガラムマサラを作っているようです。

名古屋にもインド料理のレストランが増えてきました。個人的な感想では、カレーそのものよりも、「ナン」の良し悪しが一番決め手になります。美味いレストランでは、客の見えるところにある釜で焼いていますね。

B9MOM 様

こんにちは。ロンドンにはインド系のレストランが非常に多いです。ひとえにカレーといってもバングラディシュ料理だったり、ネパール料理だったりします。インド料理でも北インドと南インドではまったく違う料理が出てきて驚きです。
アメリカにはおいしいメキシコ料理のレストランが多そうですね。B9MOMさんの旦那様はメキシコ系の方のようなので、辛くておいしい料理をたくさん食べてそうなイメージがあります。今度、メキシコ料理のレシピを伝授してください。辛い料理ってどうしてこんなにおいしいのでしょうか。

ふうてんの旅人様

こんにちは。ナンやチャパティーの味でお店の質が問われるというのはあるかもしれませんね。御寿司屋さんのシャリに似ているかもしれません。ピザを焼く釜とナンを焼く釜、あれが自宅にあればなー。なんて思ってしまいます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://workingclass.blog109.fc2.com/tb.php/97-f399a850
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Neals Yard Remedies «  | BLOG TOP |  » やっぱり激甘 McVitie's Digestive Biscuit

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

Travel.jp 「たびねす」

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank"

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (51)
年中行事 (10)
博物館めぐり (29)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (50)
ふらっとイギリス (31)
安くておいしい (75)
お茶のはなし (17)
エコライフ (22)
花鳥風月 (33)
掘出物 (31)
ヴィンテージ (73)
日本とイギリス (8)
書物に親しむ (16)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (169)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (32)
ポルトガル (32)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR