2017-10

分業制

 ロンドンのスーパーでよく見かける光景です。
 レジに並ぶ買い物客が長蛇の列でも、スーツ姿のマネージャーはレジを手伝いません。「責任者のくせに客を待たせて平気なの。忙しいレジを手伝ってあげたら。」と私はお腹の中で悪態をつくのですが、この国では契約書で交わされた自分の仕事以外に手を出そうとする人はめったにいません。
 日本だと流通業界の社員なら、一定期間「現場」でレジ打ちの経験を積んだりするでしょう。若い社員は長くいるパートのおばさんに気を遣い、店長は自らトイレ掃除をしてこそ、バイトの女の子たちに「店長が頑張ってるんだから私も頑張らなくちゃ。」と思わせるものじゃないですか。
 しかし、ここイギリスでは分業が徹底しています。逆にマネージャーがレジを手伝ったりすると、レジ要員の仕事を侵していることになって、失礼なことらしいです。そういう事情を知ってはいても、若いマネージャー(白人)が、レジのパートのおばさん(黒人かインド系)にすごく横柄(なつもりはないのでしょうが。)な態度で接している姿を見ると個人的に嫌な気分になります。

読んでくださいましてありがとうございました。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

‘静かに我慢するか怒る’それが問題だ

Lady masalaさん、早速のご連絡ありがとう御座いました。初期の記事からコメントさせて頂きます。英国人の様に批判される事をいとわないい事を願って。 
どのぐらいが長蛇か人それぞれかもしれませんが日本でもよく見かける光景ですね。買い物客の長蛇の列の対応はどのようにすればよいか。これがマネージャーの手腕にかかっています。

①マネージャー自ら手伝う。
②別のところで仕事をしている人をレジに回す。
③新たな人を雇う。
④買い物客自身がレジをする自動化システムを導入する。
⑤並んでいる時間、客を楽しませる工夫をする。
⑥列がすくまでレジの傍から離れる。
あなたがマネージャーならばどれを選択されますか。(スーパーの潜在能力により異なるが)時給換算でレジの人より多くを頂く為の選択が組織で働く時に重要視される基本にならざる得ませんね。

 ちなみに私自身の体験から:現場監督なった人には職人さんと同じ目線、同じ仕事をしないでくれと何時も言っていました。手伝ってしまう事がその人がやらねばならないベストかどうか。スタッフが何に対して頑張るのかその視点を考える人に成ってもらいたいかに思い巡らしていました。

今の夏、ロンドンの下町でのTESCOスーパー体験:インド系かパキスタン系かはたまたバングラデシュのおばちゃんのレジでの対応に小生は腹の中で悪態をついていました。
 彼女の英語が良くわからかったのでその事を伝えると横を向いてフンとした顔つきをしてからおばちゃんは一瞬、指で彼女自身の歯にはさっまていた物を取る行為をしました。私に対して英語も分からない人間といった慇懃無礼な仕草でした。 ‘静かに我慢するか怒る’それが問題だ。



101Ton様

こんにちは。コメントを残してくださってありがとうございます。
人種、文化が交差するロンドンのスーパーのマネージャーという仕事はとても大変だと思います。スーパーでは文化背景、経歴、モチベーションの有無を含めて実に多種多様の人々が働いています。どこの会社も多かれ少なかれそうですが、スーパーの場合は大卒の若者が就職がなくてレジをうっているかと思えば、紛争地帯からきた元難民の方が働いています。それを一つにまとめ、適切に指示を与えるというネージャーの仕事は非常に難しくやりがいがあると思います。
その難しい仕事に適応する能力とやる気を持ち合せた人材がマネージャーとして働いているところをロンドンのスーパーでは、あまり見かけません。レジに長蛇の列ができたときにマネージャーは自分が手伝わなくとも、何かするのが仕事であると思います。しかしながら、何もしようとしない人が多いのが実に残念です。マネージャーといえども、結局、大きな会社に雇われている一人としか考えていないのでしょう。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://workingclass.blog109.fc2.com/tb.php/8-8d79ffa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

びんぼうこびと «  | BLOG TOP |  » National Health Service

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

Travel.jp 「たびねす」

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank"

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (53)
年中行事 (10)
博物館めぐり (29)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (51)
ふらっとイギリス (34)
安くておいしい (77)
お茶のはなし (17)
エコライフ (22)
花鳥風月 (34)
掘出物 (31)
ヴィンテージ (73)
日本とイギリス (8)
書物に親しむ (16)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (170)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (33)
ポルトガル (32)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR