2017-08

セント・パトリック教会

 今回宿泊したスリーマにある Palace Hotel(パレス・ホテル)の目と鼻の先にあるのは、Saint Patrick's Church(セント・パトリック教会)。部屋のバルコニーからクーポラの外観を見渡すことができました。暗くなると、ステンドグラスの色が暗い空に浮かび上がり、とてもきれいでした。

IMG_1533_convert_20170410033656.jpg

 この教会は、私たちが外出するときにはいつも閉まっていましたが、最終日、ホテルをチェックアウトして空港行きのバスへ乗るために外へ出たときに、やっと中に入ることができました。

IMG_1530_convert_20170410033640.jpg

外観はどっしりとしていて大きな教会に見えましたが、中は意外に小ぢんまりとしていました。地元の人たちがミサのために集まる小さな教会にも、こんなにも美しい祭壇とクーポラが設えてあることに、カトリック教国の精神的なゆとりを感じます。

IMG_0992_convert_20170410033308.jpg
セント・パトリック教会 スリーマ 外観

 マルタ共和国では、建物に電飾が施された教会が多くみられます。ホテルに向かう道すがらこの教会を見つけたときは、夜になったらライトアップされるものと期待をしましたが、どうやらお祭りなどの特別な日にしか明かりは灯らないようです。イルミネーションに照らされた教会を実際に見ることがきたなら、どんなにか素敵なことでしょうか。

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
マルタ共和国の首都「ヴァレッタ」街全体が世界遺産の要塞都市

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://workingclass.blog109.fc2.com/tb.php/701-660b63f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イギリスでおいしいものを食べるなら «  | BLOG TOP |  » ほとんど強迫観念

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

Travel.jp 「たびねす」

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank"

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (51)
年中行事 (10)
博物館めぐり (29)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (50)
ふらっとイギリス (31)
安くておいしい (75)
お茶のはなし (17)
エコライフ (22)
花鳥風月 (33)
掘出物 (31)
ヴィンテージ (73)
日本とイギリス (8)
書物に親しむ (16)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (169)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (32)
ポルトガル (32)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR