2017-08

ふたつのシナゴーグ

 トレドには、2つのシナゴーグが現存します。セファルディ博物館となっているトランシト教会と、サンタ・マリア・ラ・ブランカ教会です。どちらの建物にも馬蹄形のアーチが特徴的な典型的なイスラム芸術の要素が色濃く残るのは、イスラム教徒によって建築されたからなのだとか。

IMG_9426_convert_20160903065921.jpg

 イスラム教徒の手でつくられたシナゴーグでは、ユダヤ教徒による礼拝が行われていました。その史実が物語るように、12世紀から13世紀にかけてのトレドでは、3つの宗教が共存した平和な時代がありました。しかし、15世紀の終わりにはユダヤ人追放が発令され、シナゴーグは、「白い聖母マリアの聖堂」を意味するサンタ・マリア・ラ・ブランカというキリスト教会へと姿をかえられました。

IMG_9457_convert_20160903065835.jpg

 イスラム風の馬蹄形アーチとそれを支える八角形の列柱が等間隔で並ぶその白い空間には、エキゾチックで神秘的空気が流れます。イスラム教徒による支配、レコンキスタ、ユダヤ人迫害と追放。サンタ・マリア・ラ・ブランカ教会は、まるで、トレドの辿った複雑な歴史を象徴しているかのようです。

IMG_9438_convert_20160903065658.jpg

 もうひとつのシナゴーグ、トランシト教会は、セファルディの歴史を記す博物館となっています。セファルディとは、15世紀前後にスペインやポルトガルなどの南欧諸国に定住したユダヤ教徒のこと。
 最初に訪れることになる大広間では、壁一面に描かれたイスラム風の文様に目を奪われます。まるでモスクのようですが、天井近くにあるアーチには、イスラエルの神を讃えるヘブライル語の聖句が刻まれているそうです。

IMG_9550_convert_20160903071510.jpg

 イスラム風のシナゴーグが、キリスト教の教会へとかえられたトレドの歴史。ユダヤ教徒が迫害され、イスラム教徒とキリスト教徒が争っていた時代は終焉したといえるでしょうか。同じようなことが現在でもなお、繰り返されててはいないでしょうか。トランシト教会では、そんなことを考えさせられました。

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
スペインの古都「トレド」で教会めぐり 異文化が融合するエキゾチックな空間

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://workingclass.blog109.fc2.com/tb.php/644-0ef8f9fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お菓子の減量化に成功 part I «  | BLOG TOP |  » B級グルメの決定版

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

Travel.jp 「たびねす」

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank"

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (51)
年中行事 (10)
博物館めぐり (29)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (50)
ふらっとイギリス (31)
安くておいしい (75)
お茶のはなし (17)
エコライフ (22)
花鳥風月 (33)
掘出物 (31)
ヴィンテージ (73)
日本とイギリス (8)
書物に親しむ (16)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (169)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (32)
ポルトガル (32)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR