2017-10

アン・ハサウェイの家

 ストラトフォード・アポン・エイボンには、「シェイクスピアの生家」をはじめ、シェイクスピア・バースプレイス・トラストによって運営管理される、シェイクスピアゆかりの建物がいくつか残されています。

IMG_7821_convert_20160422043942.jpg

 シェイクスピアの妻となったアンが生まれ育ったのは、おとぎ話にでも出てきそうなかわいらしい茅葺屋根のコテージ「Anne Hathaway’s Cottage & Gardens(アン・ハサウェイの家)」です。
 アンは裕福な農家の出身で、シェイクスピアより8歳年上でした。シェイクスピアにとっては、若干18歳での結婚となりましたが、式を挙げた時にはすでに、アンのお腹には赤ちゃんが宿っていたのだとか。これでは結婚しないわけにはいきません。

IMG_7851_convert_20160422044543.jpg

 シェイクスピアの生家から徒歩で30分ほどのショッタリー村にあるコテージ内には、当時の裕福な小地主の暮らしの様子が再現されています。
 最初に訪れる暖炉とオーブンのあるキッチンには、どっしりとした木目の美しい食器棚があり、アンティーク食器がディスプレーされています。その美しさに思わずうっとりとさせられますが、そのほかにも、館内にある重厚で存在感のある家具の数々には、目をみはるばかりです。
 特にすばらしいのは、ハサウェイ家に代々受け継がれてきたという家宝ともいえる天蓋つきの「ハサウェイベッド」。オーク材でつくられたというそのベットに施された美しい彫り物は必見です。

IMG_7859_convert_20160422044246.jpg

 外観もさることながら、内部のインテリアがとっても素敵な「アン・ハサウェイの家」。私が今回訪れたシェイクスピア関連の建物の中では、いちばんのお気に入りとなりました。
 ストラトフォード・アポン・エイボンは、ロンドンから列車で2時間ほどと近いので、今度は気候のよい頃にもう一度訪れてみたいです。

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
シェイクスピアを育んだ街・英国「ストラトフォード・アポン・エイボン」

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://workingclass.blog109.fc2.com/tb.php/605-c7415279
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大英博物館攻略法 «  | BLOG TOP |  » イギリスのホテルで朝食を食べる喜び

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

Travel.jp 「たびねす」

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank"

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (53)
年中行事 (10)
博物館めぐり (29)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (51)
ふらっとイギリス (34)
安くておいしい (77)
お茶のはなし (17)
エコライフ (22)
花鳥風月 (34)
掘出物 (31)
ヴィンテージ (73)
日本とイギリス (8)
書物に親しむ (16)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (170)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (33)
ポルトガル (32)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR