2017-08

ファルコンホテル

 ストラトフォード・アポン・エイボンでは、16世紀に建てられたというハーフティンバー様式の外観が美しい Falcon Hotel(ファルコンホテル)に泊まりました。イギリスの伝統的な宿は Inn(イン)とよばれ、1階は食事やお酒を提供するバー(パブ)、階上は宿泊施設となっています。ファルコンホテルは、その形式を今に受け継いでいます。

IMG_7636_convert_20160328203222.jpg

 このホテルには、新館と旧館があり、そのどちらにも客室があります。私たちは予約時に部屋の指定をしませんでしたが、幸運なことに旧館に泊まることができました。頭をぶつけそうなほど低い場所にある梁、壁を覆う白と黒のハーフティンバーのコントラストが歴史を感じさせてくれます。床にはカーペットが敷き詰められていますが、歩くとみしみしと音をたてます。
 レビューを見ると、隣室の音が気になったとの書き込みが多くありましたが、私たちが泊まったのがシーズンオフだったためか、物音はほとんど聞こえませんでした。むしろ、床を歩くたびに聞こえる音に親しみを覚えるくらいでした。

IMG_7604_convert_20160328202408.jpg

 宿泊客ではなくとも利用できる階下にあるパブでは、飲み物だけではなく食事やデザートも注文することができます。
ファルコンホテルのパブの魅力は、4つの趣きの異なるラウンジがあることです。私は、サロン風なラウンジが気に入り、そこでクリームティーを注文しました。スコーンは焼きたてで、外はサックリなのに、中はしっとりとしていて、とてもおいしかったです。アフタヌーンティーも注文できるそうなので、今度来たときにはそちらも試してみたいです。

IMG_7942_convert_20160330185230.jpg

 シェイクスピアの生家から徒歩で約10分、他の観光施設からも徒歩圏内にあるという便利な場所にあるファルコンホテル。ぜひまた泊まってみたいです。

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
「ファルコン ホテル」英国ストラトフォード・アポン・エイボンに現存する中世の旅籠

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

今年はシェークスピアイヤーですね。ストラトフォード・アポン・エイボンは結局行かずじまい…。ハムレットやリア王など有名どころはあまり読んでおらず、リチャード3世やヘンリー5世など、イングランド王の戯作を中心につまみ食い的に読んでいます。ヴェニスの商人も好きですが、悪役であるシャイロックの踏んだり蹴ったりぶりに同情を覚えてしまいます。

内装が良い雰囲気を出していますね。特に通路の黒白が何とも味わい深いです。実は近所にテューダー様式のお屋敷を見つけ、事あるごとに前を通り過ぎています。

ihatov1001様

こんにちは。コメントを残してくださいましてありがとうございます。
春にストラトフォード・アポン・エイボンを訪れた時には、たいして意識していませんでしたが、今年はシェークスピアイヤーですね。私は今回初めてここを旅しましたが、とても気に入ってしまいました。今年中にもう一度行ってみたいです。

初めてづくしですが、旅行前に「シェイクスピア」の有名どころを少し読みました。私はihatovさんとは逆で、「イングランド王」シリーズと「ヴェニスの商人」はまだ読んだことがありません。次は「ヴェニスの商人」に挑戦してみます。王様シリーズは、歴史の教科書のように難しそうなイメージがあります(笑)。

近所にテューダー様式のお屋敷があるってすごいですね。ihatovさんもお金を貯めて、家を改装してみてはいかがですか??


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://workingclass.blog109.fc2.com/tb.php/604-08e1d3f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケンプトン必勝法 «  | BLOG TOP |  » 今年はシェイクスピア没後400年

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

Travel.jp 「たびねす」

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank"

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (51)
年中行事 (10)
博物館めぐり (29)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (50)
ふらっとイギリス (31)
安くておいしい (75)
お茶のはなし (17)
エコライフ (22)
花鳥風月 (33)
掘出物 (31)
ヴィンテージ (73)
日本とイギリス (8)
書物に親しむ (16)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (169)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (32)
ポルトガル (32)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR