2017-10

シェイクスピアの生家

 ストラトフォード・アポン・エイボンの中心街には、テューダー様式の古い建物が多く残されています。築数百年という、傾いで今にも倒れそうな民家が歴史を感じさせてくれます。

IMG_7519_convert_20160409031003.jpg
「シェイクスピアの生家」外観

 テューダー様式のなかでも「ハーフティンバー」とよばれる伝統的な建築様式が今に受け継がれています。その構造とは、木製のフレームを露出させ、その間を木材などを編みこんだ土壁で埋めるというもの。
 その名前の由来には、フレームに丸太を半分に切ったハーフティンバーを使うからという説と、木枠と土壁の面積がちょうど半分ずつになるからという2つの説があるそうです。

IMG_7573_convert_20160409031315.jpg

 シェイクスピアが誕生したという「シェイクスピアの生家」も例外ではなく、ハーフティンバー様式。その内部には、彼らの時代の生活の様子が詳細に再現されています。
 2階にある小ぢんまりとした部屋でシェイクスピアはこの世に生を受けました。どの部屋も広いとはいえませんが、テューダー朝においては、中産階級の比較的裕福な人々がこのような屋敷を構えていたということです。

IMG_7569_convert_20160409031121.jpg
館内には、テューダー朝のコスチュームを身につけたガイドが常駐

 町長に選ばれたこともあるという革手袋職人であった父のもと、 シェイクスピアは裕福な家庭で育ちました。しかし、父の事業が傾いた後は、職を転々としたとされるシェイクスピア。ついには、妻子を置いて単身でロンドンへ旅立ちますが、何が彼をロンドンへと駆り立てたのか、本当の理由は明らかになっていません。

IMG_7580_convert_20160409031721.jpg

 私は、ストラトフォード・アポン・エイボンを旅行するにあたり、はじめてシェイクスピアの戯曲を読みましたが、物語の構成や、エッセンスのようなものを以前から知っていたように思いました。読み進めるうちに、チャールズ・ディケンズに似ているということに気づき、彼がシェイクスピアから多大なる影響を受けているのだということを知りました。
 「シェイクスピアの生家」は、シェイクスピア・バースプレイス・トラストによって運営管理されています。ディケンズはこの組織を立ち上げるために力を尽くしたということです。

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
シェイクスピアを育んだ街・英国「ストラトフォード・アポン・エイボン」

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://workingclass.blog109.fc2.com/tb.php/600-58eec87e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

どのブルーベル? «  | BLOG TOP |  » シェイクスピアに出会う旅

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

Travel.jp 「たびねす」

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank"

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (53)
年中行事 (10)
博物館めぐり (29)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (51)
ふらっとイギリス (34)
安くておいしい (77)
お茶のはなし (17)
エコライフ (22)
花鳥風月 (34)
掘出物 (31)
ヴィンテージ (73)
日本とイギリス (8)
書物に親しむ (16)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (170)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (33)
ポルトガル (32)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR