2017-06

憧れの客室乗務員

 私が女子大生の頃、旅客機の客室乗務員は憧れの職業でした。航空会社の就職試験に向けて、大学の他にも専門学校や英会話スクールに通っている学生もいましたが、競争率は高く狭き門でした。
 私は語学ができるわけでも容姿に自信があるわけでもなかったので、その職業を目指したことはありませんでしたが、ステキだなと思う気持ちは常に持ち続けています。
 客室乗務員の集団とすれ違うとき、彼女たちのいる空間が華やいで見えることがあります。特に、ヨーロッパの空港でツルのマークの制服を目にするときには、思わず見とれてしまいます。
 イギリスで暮らすようになってから飛行機に乗る機会が増えました。ヨーロッパのエアラインには男性の乗務員もおり、日系のようにいつも笑顔できめ細やかなサービスを提供してくれるとは限らないということを知りました。ただ、私はいつも日本に帰るときだけは日本の航空会社を利用していたので、長時間のフライトも快適に過ごすことができました。
 今回、初めてコードシェア便を利用しました。客室乗務員は一人を除いて全てヨーロピアン。乗客のほとんどは日本人でしたが、日本人の乗務員は一人だけでした。ただ、彼女は限りなくヨーロッパ的なマナーで業務に励んでいました。
 何かのコラムで読んだことがありますが、日本人だからといって、日本的なサービスを提供しすぎると、乗客はその乗務員を指名するようになり、本人の手が回らなくなるばかりではなく、結果的に同僚の担当領域を侵害することにもなるのだそうです。欧米では、同じ仕事を手がける仲間とはいえ、他人の持ち場に口をはさむことはタブーとされています。
 日本人の客室乗務員は、淡々と自分に与えられた仕事をこなしていました。しかしながら、日本人として日本人的なサービスを求める乗客には、そんな彼女の姿は少し怠慢に見えたかもしれません。ヨーロッパ社会で、日本人として日本人のために働くのは大変なこともあるのだろうと、私はひそかに彼女に同情を寄せたのでした。

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Column Latte さんにてコラムを書かせていただくことになりました。よろしければそちらもご覧ください。
イギリスとアメリカ、英単語の違いが面白い!日本人が間違えやすい「英語」と「米語」の表現方法

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://workingclass.blog109.fc2.com/tb.php/582-13b10f1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今も昔も «  | BLOG TOP |  » 真っ赤なりんご

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

Travel.jp 「たびねす」

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank"

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (48)
年中行事 (10)
博物館めぐり (29)
移民の街ロンドン (21)
ぶらりロンドン (50)
ふらっとイギリス (30)
安くておいしい (74)
お茶のはなし (17)
エコライフ (22)
花鳥風月 (33)
掘出物 (31)
ヴィンテージ (73)
日本とイギリス (8)
書物に親しむ (16)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (164)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (32)
ポルトガル (32)
マルタ共和国 (12)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR