2017-08

理解するということ

 日本に一時帰国をする度に、何物にも代え難いと思うことは、「ごはんがおいしい」ことと、「全てを理解することができる」ということです。料理を作りながらテレビを見ていても、テレビの内容が全て理解できた上に、家族が話していることまで分かるというようなことは、日常、母語に囲まれて生活していると無意識のうちに誰もがやってのけていることです。しかしながら、外国語の中で生活をしていると、これは、なかなか高度な技術であるということに気がつきます。
 私の英語レベルでは、集中しなければテレビを見ていても全てを理解することはできません。また、複数の会話を同時に理解することも困難です。その複数のうちに日本語が混ざれば、無条件で日本語だけを理解します。
 今回の帰国では、旅行の手配から、日本での諸手続きまでを全て自分でこなしました。当たり前のことですが、相手の言っていることが分からずに困ったということはありませんでした。聞くと同時に理解する、この感覚は、私がイギリスでの生活と引き換えに失ったものです。
 外国語に囲まれていると、聞いただけでは充分ではなく、その情報をもとに少し考えてみないと全てを理解することができないことがあります。私はロンドンで生活していて、100パーセント自信を持って理解できていると感じたことは、ただの一度もありません。相手の言っていることはある程度までは理解しているつもりですが、真意までは汲み取ることができていないような気がしています。それは、私があまりにも疑り深い性格であることが影響しているからかもしれませんが。
 逆に相棒は、日本で四六時中外国語に囲まれて、周囲で何が起こっているのかも、自分がどこにいるのかもわからずに、苦労したようです。看板には横文字が多いと思っていましたが、肝心なところは日本語で書かれている場合が多く、ロンドンでの私の日常を疑似体験できたのではないでしょうか。

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ロンドンの歴史が全てわかる「ロンドン博物館」でヴィクトリア朝にタイムスリップ

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://workingclass.blog109.fc2.com/tb.php/579-08f8f218
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キャラクター天国 «  | BLOG TOP |  » 穴があったら入りたい

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

Travel.jp 「たびねす」

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank"

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (51)
年中行事 (10)
博物館めぐり (29)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (50)
ふらっとイギリス (31)
安くておいしい (75)
お茶のはなし (17)
エコライフ (22)
花鳥風月 (33)
掘出物 (31)
ヴィンテージ (73)
日本とイギリス (8)
書物に親しむ (16)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (169)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (32)
ポルトガル (32)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR