fc2ブログ

2024-02

ポルトでシーフード

-タコ飯を求めて Part II-
 Casa Aleixo(カサ・アレイショ)のタコ飯を求めて少し危険な香りのする道をひた歩きました。結局、鉄のシャッターに押し戻されて前日に食事をしたレストラン Flor dos Congregados へと舞い戻ってきました。

DSC05165_convert_20140328200351.jpg
Flor dos Congregados

 実は、このレストランにもタコ飯があることは確認済でしたが、せっかくならば有名レストランの看板メニューを食べてみたいと、前日は焼き魚を食べました。本日はタコ飯に挑戦です。
 このお店のメニューは、メインが魚と肉で各4品ほどです。その日のメニューは、ウエイターのお兄さんが各テーブルまで来て、口頭で詳しく説明してくれます。このウエイターのお兄さん、英語が上手でなかなかハンサムでした。

DSC05279_convert_20140328195329.jpg
タコ飯&タコフライ

 期待のタコ飯がきました。カサ・アレイショのタコ飯と天ぷらをネットで画像確認しましたが、お米はパラリとした炊き込みご飯風、タコはまさに天ぷらに近いものでした。
 本日のレストランでは、お米はリゾット風で、タコは天ぷらというよりもから揚げでした。リゾットにはキドニービーンズが入っていましたが、タコの姿は見えません。タコをゆでたスープでご飯を炊き、茹でダコはフライにされたのだと思います。期待通りとてもおいしかったです。カサ・アレイショのタコ飯も食べてみたかったです。

DSC05166_convert_20140328200702.jpg DSC05167_convert_20140328194358.jpg
シーバスと仔牛のグリル

 前日、私は Sea bass(シーバス:スズキ目の魚だそうですが、日本語訳が見つかりません。)のグリル、相棒は Veal(ヴィール:仔牛肉)を食べました。私のお魚も大変おいしかったのですが、とてもお腹がすいていたので、相棒のヴィールのヴォリュームが少し羨ましかったです。お魚はあっさりとしていたので、もう一匹くらいはぺろりと食べられそうでした。

DSC05281_convert_20140328195342.jpg DSC05172_convert_20140328195413.jpg
デザート

 本日のデザートは、コンポッタ・デ・ペーラ(洋ナシのポルトワイン漬け)でした。せっかくポルトに来たのでポルトワインを試してみたいと思っていた下戸の私にぴったりのお菓子です。甘すぎず、お酒臭くなく、フルーティーでとてもおいしかったです。前日は、名前はわかりませんが(モロトッフ?)プリンとケーキの中間のようなお菓子をいただきました。食感は柔らかくてとてもよかったのですが、シナモンが効きすぎていたのが少し残念でした。シナモン好きの人はおいしくいただけると思います。

DSC04991_convert_20140328192940.jpg DSC04995_convert_20140328195952.jpg
カルド・ヴェルデとシーフードのグリル

 初日の夜は、名前を控えるのを忘れてしまった別なレストランで、前菜にスープ、メインに私はイカ、相棒はタラのグリルをいただきました。スープは Caldo Verde(カルド・ヴェルデ)というジャガイモとケール(または、ちりめんキャベツ)の煮込みです。日本のお味噌汁にも相当する国民的スープだそうです。濃厚で寒い日には、身体が温まりそうです。
 イカはやわらかくてとてもおいしかったです。つけ合せの野菜、ケールがとてもおいしかったのには驚きました。このキャベツのような野菜、イギリスでもスーパーで安く売られていますが、調理法がわからずに買ったことはありませんでした。茹でたケールにグリルしたイカをのせてオリーブオイルをかけただけでこんなにおいしいとは。
 グレープビネガーを加えるとよりおいしくいただけました。このビネガーもとてもおいしかったので、空港の免税店にあれば購入したかったのですが、残念ながら見つけることはできませんでした。街中のお店を探せば売っていたのでしょうが、悲しいかな飛行機の手荷物には液体は持ち込めないのです。
 三日間でポルトのシーフードを堪能いたしました。お値段もロンドンの半額くらい。カサ・アレイショのタコ飯を食べにまたポルトを訪れたいものです。

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

スポンサーサイト



● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://workingclass.blog109.fc2.com/tb.php/503-c489c705
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Bond,James Bond «  | BLOG TOP |  » レイトンハウス博物館

スポンサーリンク

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

LINE トラベルjp

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

ブログ村読者登録

ロンドン発 -庶民的生活- - にほんブログ村

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (265)
プロパティーラダー (24)
年中行事 (16)
博物館めぐり (32)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (86)
ふらっとイギリス (112)
安くておいしい (249)
お茶のはなし (21)
エコライフ (28)
花鳥風月 (70)
掘出物 (36)
ヴィンテージ (101)
日本とイギリス (15)
病院通い (54)
書物に親しむ (18)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (271)
フランス (26)
イタリア (25)
スペイン (50)
ポルトガル (94)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (24)
オーストリア (12)
たびねす (5)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーリンク