2017-09

Naughty Sooty

 カーブーツセールに行く前日にキッチンの棚を全開にして中を点検しました。山積みになっているマグカップを目の当たりにして「マグは絶対禁止。」と思いました。女王様はよしとして、プーさんスマーフ邪悪うさぎ、キャラクターものばかりではありませんか。
 それでいて、懲りずに Sooty(スーティー)のマグを購入するとは。このマグに最初に出会ったのは、Kempton(ケンプトン)でした。その時もとても欲しかったのですが、ナーサリーマグにこんな大金をという金額を提示されて泣く泣く諦めました。それと同じものを Chiswick(チズウィック)で見つけたときには、胸の高鳴りを抑えることができませんでした。どうせ高いのだろうとは思いましたが値段を聞いてみました。なんと、ケンプトンの六分の一のお値段でした。

DSC04379_convert_20130907201814.jpg

 アンティークやビンテージ、古物の値段はあってないようなものです。一般的にアンティークマーケットではカーブーツセールよりも値段が高く設定されているようです。同じディーラーさんでも場所によって商品の値段を変えています。カーブーツセールでは、ディーラーさんの商品は一般の方のものよりも値段が高いというイメージがありますが、値段を聞くだけならお金はかかりません。気になるものを見つけたときは、尻込みせずに値段の交渉をしてみましょう。お宝発見となるかもしれません。

DSC04377_convert_20130907201727.jpg 

 このマグは、1915年創業の Keele Street Pottery(キール ストリート ポッタリー)の製品です。40年代の後半には幾つかの窯元を買収して全盛期を迎えますが、50年代後半にはその歴史に幕を下ろしています。
 元祖スーティー君は、現在のものとは見た目が随分と違っています。キャラクターは、その時代に合わせて少しずつ雰囲気を変えてゆくものですが、私は古めかしいスーティー君のほうが好きです。最近のキャラクターはどれもマンガっぽくっていけません。

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://workingclass.blog109.fc2.com/tb.php/473-acb2a2ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ロンドン交通博物館 «  | BLOG TOP |  » 再びルイスへ

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

Travel.jp 「たびねす」

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank"

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (53)
年中行事 (10)
博物館めぐり (29)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (51)
ふらっとイギリス (32)
安くておいしい (76)
お茶のはなし (17)
エコライフ (22)
花鳥風月 (34)
掘出物 (31)
ヴィンテージ (73)
日本とイギリス (8)
書物に親しむ (16)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (169)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (32)
ポルトガル (32)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR