2017-07

アザム教会

2012年8月6日 ミュンヘン教会めぐり Part I
 賑やかな商店街の一角に突如として荘厳な教会が現れます。この教会は、1746年に彫刻家であったアザム兄弟によって建立されました。

DSC09930_convert_20120814210146.jpg
アザム教会外観

 運よく自宅の隣地を手に入れた兄弟は、自分たちのためのプライベート教会をデザインしました。これがアザム教会です。この教会は、14世紀のボヘミア人の修道士であった聖ヨハン・ネポムークに捧げられています。バロック様式とロココ様式が混在した建築様式は、ガウディを彷彿とさせます。

DSC09911_convert_20120814210314.jpg
祭壇

 現在は公の教会として使用されているアザム教会ですが、もともとは兄弟の私的な教会として建立されたため、内部の装飾には、兄弟の美的感覚が遺憾なく発揮されています。金銀とピンクを基調にした色使いは、見方によっては派手で安っぽい印象を与えるため、悪趣味であると評価する人も多いのは事実です。しかしながら私は、これくらい個性が強い教会のほうが好きです。 

DSC09924_convert_20120814210514.jpg

 私たちがこの教会を訪れた時刻は、扉が閉ざされる少し前でした。終わりの時間がくると、祭壇の奥のほうから年老いた修道女が現れました。彼女は祭壇に一礼してから回廊の椅子に腰掛けて、しばらくの間、静かに祈りを捧げていました。それからおもむろに立ち上がると、扉のほうへ向かって歩みを進め、ドイツ語で教会が閉まることを告げました。言葉は分かりませんでしたが、私たちは気配を察して扉のほうへと急ぎました。私が修道女に向かって英語で「ありがとう。」と挨拶すると、彼女はにっこり笑ってドイツ語で何か言いました。何を言ったのかは聞き取れませんでしたが、彼女はとても優しい穏やかな顔をしていました。信仰を静かに守る人の顔はいつも穏やかで、隣人に安らぎを与えてくれます。

DSC09927_convert_20120814210641.jpg

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://workingclass.blog109.fc2.com/tb.php/368-db557ab8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハンプトンコート宮殿 «  | BLOG TOP |  » 似ているのかな

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

Travel.jp 「たびねす」

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank"

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (50)
年中行事 (10)
博物館めぐり (29)
移民の街ロンドン (21)
ぶらりロンドン (50)
ふらっとイギリス (31)
安くておいしい (75)
お茶のはなし (17)
エコライフ (22)
花鳥風月 (33)
掘出物 (31)
ヴィンテージ (73)
日本とイギリス (8)
書物に親しむ (16)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (166)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (32)
ポルトガル (32)
マルタ共和国 (14)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR