2017-10

マリエン広場

2012年8月6日
 ミュンヘンの観光施設は、歩行者天国でもあるここマリエン広場周辺に集中しています。中世には、この広場では市が開かれ、街の中心として栄えました。

DSC09720_convert_20120817184230.jpg
新市庁舎

 そして、この広場に堂々たる威厳をもってそびえ立っているネオゴシック様式の建物は新市庁舎です。この建物は、ルートヴィヒ1世の命により1867年から1909年にかけて建設されました。

DSC09718_convert_20120817183841.jpg

 この建物の内部を見学することができませんが、塔にはドイツ最大の仕掛け時計グロッケンシュビールが据えられています。毎日11時と12時にはこの仕掛けが動き出します。この時間になると観光客が付近一帯からわらわらと集まってきて皆、一斉に時計を見上げます。 

DSC09775_convert_20120817184531.jpg
グロッケンシュビール

 時報を知らせる鐘が鳴り響き、その後で音楽が鳴り始めると、いよいよ仕掛け時計が動き出しました。下から見上げているぶんには小さく見える人形たちですが、実際は等身大の大きさがあるそうです。騎士が馬に乗って戦っている場面と、桶職人が踊っている姿を見ることができました。1568年に行われたバイエルン大公ヴィルヘルム5世とロートリンゲン公女レナーテとの結婚式を再現しているそうです。
 私はドールハウスやかからくり人形などが大好きで、一日中でも見ていられます。この仕掛け時計もずっと見ていたいくらいでしたが、動いていたのは12分くらいでした。

DSC00041_convert_20120817184700.jpg
新市庁舎から見下ろすミュンヘンの街並
 
 新市庁舎内部は見学することができませんが、中庭は観光客向けのレストランになっています。また、塔は展望台になっています。
 大きな教会の塔には大抵、展望台がありますが、階段を何百段と上ってゆかなければなりません。来た道を下って行かなければならないのは言うまでもありません。私は極度の高所恐怖症にも関わらず、展望台があると知ると上らずにはいられません。塔のてっぺんでは、生きた心地がしないままにに写真を数枚撮るだけです。階段を下りる際には、上ってきたことを後悔します。それでも、展望台と聞くと「行きたい。」となってしまうのは全く、どうしてなのか自分でもよくわかりません。その点、新市庁舎の展望台には上り下り共にエレベーターを使うことができたので恐怖が半減しました。高所恐怖症は年々ひどくなってきていますが、好奇心はまだまだ衰えません。

DSC09737_convert_20120813012955.jpg
夕暮れ間近の広場にて

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

私が行った時、市庁舎は改装工事中で、残念ながら全体を見ることが見られませんでした。しかしながらからくり時計の部分は見る事が出来ました。小雨降る中他の観光客に混じって首が痛くなるまで眺めていました。

ihatov1001様

 こんにちは。私がミュンヘンに行ったときはどこもかしこも改装工事中で全くタイミングが悪かったです。一生に一度かもしれないと思うからかとても悔しいですが、どこかが工事中なのは当たり前のことなのですよね。
 私もからくり時計を見た後は首が痛くなりました。あの角度、けっこう疲れましたね(笑)。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://workingclass.blog109.fc2.com/tb.php/363-8c5d6293
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Fauna のリス «  | BLOG TOP |  » ハンプトンコートガーデン

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

Travel.jp 「たびねす」

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank"

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (53)
年中行事 (10)
博物館めぐり (29)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (51)
ふらっとイギリス (34)
安くておいしい (77)
お茶のはなし (17)
エコライフ (22)
花鳥風月 (34)
掘出物 (31)
ヴィンテージ (73)
日本とイギリス (8)
書物に親しむ (16)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (170)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (33)
ポルトガル (32)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR