2017-08

寒い日のあったかスープ

 冬の寒い日は、冷えた身体が温かいものを欲しがります。そんな寒い日を私は「スープの日」と名づけて、たっぷりの野菜を使って温かいスープを作ります。私が作る冬のスープには必ず Swede(スゥイード)が入ります。スゥイードはカブによく似た根菜ですが、カブとは別種として扱われます。原産地はスウェーデンで、北欧からロシアにかけて栽培されていました。18世紀にイギリスに伝わって以来、イギリス人、特にスコットランド地方の人々の間では食卓には欠かせない食材として重宝されています。
 現在でもスゥイードは冬の風物詩としてイギリス各地のスーパー八百屋さんの店頭に並びますが、他の欧州諸国ではあまり人気がないようです。第一次世界大戦の食糧難の折に非常食として用いられていたために負のイメージが定着しているのが原因のようです。日本には明治初期に、アメリカでの呼称 Rutabaga(ルタバガ)として伝わりましたが、従来のカブよりも味が劣ることからあまり普及しませんでした。
 イギリスのスーパーではスゥイードは、人参、玉ねぎ、ジャガイモとセットになってシチューの材料として売られています。そのことからもわかるように、煮込み料理やスープに適した食材です。私もスゥイードを使って色々なスープを作ってみましたが、お味噌との相性が良いように思います。キャベツやマッシュルーム、玉ねぎと共にこしらえた具沢山のお味噌汁は、寒い冬の日に冷えた身体を温めてくれます。韓国の唐辛子味噌コチュジャンを加えるとピリ辛で一層、効果的です。スゥイードはお醤油との相性も抜群です。チキンスープやコンソメスープに加えてもおいしいです。しかしながら、トマトスープやクリームシチューにはあまり合わないような気がしました。

DSC03407_convert_20110418032202.jpg
大きいほうが Swede(スゥイード)で小さいほうが Turnip(ターニップ)です。
 スゥイードは冬になるとスーパーの店頭に並びます。近所のスーパーでは一つ£0.50(£1.00≠¥120)と大変、庶民的な値段で手に入れることができます。スゥイードはターニップ(カブ)よりも硬くて煮崩れしにくいので煮込み料理に適しています。ターニップは日本のカブよりも多少、大きいように感じますが、味や食感は殆ど同じです。和食を作る際には重宝する食材です。

DSC03473_convert_20110130201526.jpg
スゥイードの切り口 黄色っぽい色をしています。

DSC03352_convert_20110102001909.jpg DSC03340_convert_20110102001625.jpg
本日のお皿 Midwinter(ミッドウインター)の SUNFLOWER(サンフラワー)
 デザイナーは David Long(デービット・ロング)と記されています。パターンとデザイナーのことを調べてみましたが、詳しいことはわからずじまいでした。

参考文献:Wikipedia

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

スゥイードは1度買って、大根のようにしょうゆで煮て、美味しくなかったので、それ以来2度と買いませんでした(笑)。シチューにすればよかったのですね(too late!!)。

ihatov1001様

こんにちは。
スゥイードを骨付きチキンともにお醤油で煮てみましたが非常においしかったですよ。スゥイード自体にあまり風味がないので出汁が出るものと一緒に料理をすると美味しくなるようです。ですので、ビーフシチューにするとおいしそうですね。今度、作ってみようと思います。

Swedeの思い出

こんばんは、
どこかでみた形。思い出しました。以前訪問したケンブリッジ大学附属植物園で見た物と同じ物。冬枯れの殆ど人を見る事のない園内で。家庭菜園展示場所に粘土質の土の上に転がっているように見えたSwede、それはもう収穫がすでに終わり、採り忘れ見捨てられた様に見えました。日本では北海道で栽培されていますが料理法が伝わらなかったのか普及せずほぼ家畜用です。Masala さんの文章からもしかしたら徐々に収穫しているか春になり種を採取する為に残していたか考えてしまいました。暖かいシチュー、今日はかぼちゃのシチューです。

101Ton様

こんにちは。
私はスゥイードがスーパーの店頭に並ぶと冬が来たことを感じます。確かにスゥイードは硬くて、すばらしくおいしいとは言えないので日本で普及しなかったことには納得します。牛筋肉などと一緒にお鍋でことこと長時間煮るととてもおいしいと私は思います。どちらかと言うと素朴な味わいの野菜です。
かぼちゃのシチュー、おいしそうですね。

続けてのコメント失礼します。
ヨーグルトに引き続き、このスィードもさっそくチャレンジしてみました!!
私は、スィードを煮ものにしてみたのですが、どうも料理方法が間違っているのか
いまいちでした(>_<)しかし、また再チャレンジしてみようかと思います。
ブログへ記事をアップしたく思います。こちらの記事をアップしても大丈夫でしょうか?
宜しくお願いしますm(__)m

y・tea様

たくさんのコメント、ありがとうございます。
スイードは、あまり味がしみこまないようですので、濃い味付けの料理に合うような気がします。煮崩れしにくいので煮込み料理に使ったり、私はお味噌汁にしたらおいしいように思います。是非、またお試しくださいませ。
記事ですが、どうぞy・teaさんのブログにアップしてください。よろしくお願いします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://workingclass.blog109.fc2.com/tb.php/206-0deee864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コスメ対決 英 vs 仏 «  | BLOG TOP |  » 木曜日の Old Spitalfields Market

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

Travel.jp 「たびねす」

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank"

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (51)
年中行事 (10)
博物館めぐり (29)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (50)
ふらっとイギリス (31)
安くておいしい (75)
お茶のはなし (17)
エコライフ (22)
花鳥風月 (33)
掘出物 (31)
ヴィンテージ (73)
日本とイギリス (8)
書物に親しむ (16)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (169)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (32)
ポルトガル (32)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR