2017-10

所かわれば花かわる

 職場に来賓が来ることになり私が近所のスーパーにお花を買いに行くことになりました。私の職場ではこのような機会が時々あり、職場の誰かがお花を買いに走ります。私が行くときはもう一人、誰かについてきてもらうことにしていますが、この日は同僚たちの誰にも外に出る余裕がなかったために私が一人でお使いに行きました。
 職場に縛られている時間帯に外の空気を吸うことができた嬉しさで意気揚々とスーパーに向かいました。しかし、花売場の前に立った瞬間に、どのような花を買っていいものかが分からずに途方に暮れてしまいました。花を目の前にして、自分にはフラワーアレンジメントのセンスも才能もないことに気づきました。これが野菜やお肉なら適当にみつくろって、そこそこの料理を作ることができます。お菓子を選ぶならばもっと得意です。しかし、お花はどうやって活けてよいものやら見当もつきませんでした。

DSC02710_convert_20101002232908.jpg
花束の中に白と黄色の菊が入っています。変ではないのですが...。

 イギリスでは、庶民的なスーパーなどでアレンジされている花束の中には必ずと言っていいほど「菊」が紛れています。菊はコストが安いため、ヴォリュームを出すために大き目の花束の中には大量の菊が入っています。しかも、その菊は白だったり、黄色だったりします。
 菊は可憐で美しい花ですが、日本人の私にはどうしても「仏壇の花」としてのイメージが拭えません。私なら誕生日や記念日に白菊の入った花束をいただいたらぎょっとしてしまいそうですが、イギリス人にとっては、白でも黄色でも菊の花はガーベラやユリの花と同じで特別な意味は持ちません。

DSC02705_convert_20101002040844.jpg
オレンジの菊 -Chrysanthemum-

 センスはないくせに「白菊の入っている花束は買いたくない。」と思った私は、既成の花束ではなく、数種類のカーネーションとバラを買って自分でアレンジをすることに決めました。しかしながら、店内にはピンク系のカーネーションしかありませんでした。赤いバラとピンクのカーネーションだけでは色も似通っているし、ヴォリュームも出ません。バラは高価な花なので、バラを大量に購入するだけの予算もありませんでした。日本には「カスミソウ」という強い見方があるのですが、気づけばイギリスでカスミソウをあまり見かけません。少なくとも、その日、行ったスーパーにはありませんでした。
 来賓に相応しいお花を活けるためには、もう一種類、ヴォリュームのあるお花を購入しなければなりませんでした。売場を注意深く見回すと、かわいいオレンジ色のお花がありました。よく見ると菊の花でしたが、菊に感じる暗いイメージを抱かせないほどかわいらしかったので、結局、オレンジ色の菊を購入しました。職場に戻り早速、花を活けました。私のセンスはともかく、オレンジ色の菊は主張しすぎず、バラを引き立てるのに一役買っていました。

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

こんにちは
菊の花は良く見かけますね。
ごくまれに「それは違うだろう??」と突っ込みたくなるような
和風で中輪の菊が混ざっていたりすることも。
カスミソウ、いわれるまで気づきませんでしたが
確かに見ませんね。不思議です。

マム好きです

masalaさん こんにちは。

masalaさんの気持ちの入ったお花はお客様は喜んだくれたでしょうね。

マム好きです。NYで知り合いになった相手の内に行くのに花屋で朱色に裏が渋い黄色弁の大菊を1本買いました。$5と高かった。

スプレーマムを買った時はすぐに頂点の蕾を切ってしまいます。勿体無いですが残りの花がまんべんなく綺麗に開いてくれますから。
予算が決められている中でボリュームも有り、華やかにするのは迷いますよね。好みが違うかもしれませんがバックヤードにある冬枯れた枝(まとめて)や光沢のあるグリーンの葉を入れると花がいっそう引き立つと思います。遊びをしても良いならカリフリフラワー、ブロッコリー、人参等を花といしょに使うのも楽しいです。《独り言です。》

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは!菊、よく入ってますよねー。^^;
こちらでも女性のアンケートでもらって嬉しくない花に
白と黄色の菊が選ばれてましたよ。
お彼岸感はないですが、「安い」イメージがあるみたいですね。
オレンジの菊、とてもかわいいですね。
真ん中のグリーンとの色あいがやさしい感じ。
菊って他の花とあわせるより、単品だとステキですよね。

Hiro様

こんにちは。
私は小さい頃、菊祭りに連れて行かれて気味の悪い人形が菊で作った着物を着せられているのを見た覚えがあります。それ以来、菊が少し怖いのでイギリスのスーパーで菊の花束を見たときには本当にぎょっとしました。

101Ton様

こんにちは。
101Tonさんはお花に詳しいのですね。私は花は大好きなのですが、センスがなくていつも泣きながら花を活けています。他の人が活けたり、アレンジしてくれた花束は無条件に美しく見えてしまいますが、白や黄色の菊が入っている花束はどうも縁起が悪いような気がしてしまいました。華道やフラワーアレンジメントを習ってみたい気もするのですが、遊びの域ににたどり着くまでは相当な時間がかかりそうです。

catswhiskers様

こんにちは。
やはり、こちらの女性たちも「白菊はちょと...。」と思っているのですね。安い花束には大量の菊が入っていますものね。オレンジの菊はとてもかわいらしかったので葉っぱを見るまで菊だとは気づきませんでした。菊の葉を見るたびに「春菊が食べたい」と思ってしまいます。(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://workingclass.blog109.fc2.com/tb.php/172-bd9875ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

すごいチャリティー «  | BLOG TOP |  » 魅惑のギャラクシー

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

Travel.jp 「たびねす」

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank"

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (53)
年中行事 (10)
博物館めぐり (29)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (51)
ふらっとイギリス (34)
安くておいしい (77)
お茶のはなし (17)
エコライフ (22)
花鳥風月 (34)
掘出物 (31)
ヴィンテージ (73)
日本とイギリス (8)
書物に親しむ (16)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (170)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (33)
ポルトガル (32)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR