2017-10

安カフェで朝食を

 「人間の絆」を著したイギリスの作家、ウィリアム・サマセット・モームは「イギリスでおいしいものを食べようと思えば朝食を三回食べよ。」との格言を残しています。その朝食は English Breakfast(イングリッシュ・ブレックファースト)とよばれ、ベーコン、目玉焼き、ふにゃふにゃソーセージ、マッシュルームのソテー、焼きトマト、ブラック・プディング(豚の血で作ったソーセージ)、ベイクド・ビーンズ(大豆の煮物)にバターやジャムを塗ったトーストとミルクティーが添えられます。
 同じような一皿でも、スコットランドではスコティッシュ・ブレックファースト、ウエールズではウエリッシュ・ブレックファーストになります。
 このようなヴォリュームたっぷりの朝食が食べられるようになったのは産業革命の時代からで、たっぷりの食事を時間をかけて食べる習慣が生まれました。とはいえ、平日の朝からこのようにヴォリュームのある朝食を食べる余裕を持つイギリス人は多くはありません。普段はトーストやシリアルなどで簡単に朝食を済ませ、休日の朝にだけイングリッシュ・ブレックファーストを食べるという人が多数派のようです。

DSC03496_convert_20110219193552.jpg
イングリッシュ・ブレックファースト
 写真の一皿は自宅で作りました。と言ってもベーコンと卵を焼いて野菜とソーセージをオーブンに入れただけです。ビーンズにいたっては缶詰です。私はイギリスで焼きトマトを初めて食べました。トマトに熱を加えると甘みが出てとてもおいしいです。

 イギリスのホテルや B&B(ベット・アンド・ブレックファースト)に宿泊すると朝食にイングリッシュ・ブレックファーストが供されるのが一般的です。また、パブやカフェでは、朝食の時間帯だけではなく一日中、ブレックファーストを扱っているところもあります。
 高級なホテルやレストランでは、上品でおいしいブレックファーストを堪能することができますが、パブや街角にある安カフェでも充分にブレックファーストを楽しむことができます。私が行ったのはロンドンの街角を探すとどこにでもありそうな安カフェです。

DSC03309_convert_20110130200857.jpg
Cafe Rest
 地元のおじいちゃんおばあちゃん、付近で仕事をしている労働者たちが集まるお店でした。

DSC03318_convert_20110130202028.jpg
 このカフェでは午前11時までしかブレックファーストを提供していないということでしたので、私はベーコンのセットを注文しました。このカフェにたどり着いたときはもう正午を過ぎていましたが、私にとってはまだ朝食の時間でした。

参考文献:Wikipedia

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

イングリッシュブレックファストはインパクトありますよね。でもモームの言う事を聞いていたら、体を悪くしそうです(笑)。「ふにゃふにゃソーセージ」、とってもわかり易いです(笑)。良くセインズベリーのアップルソーセージやリークソーセージを食べていました。

私がロンドンにいた頃は出社途中、テスコでサンドイッチなどを買い、仕事を始める前に自分の机で朝食をとっていました。今思うとおおらかな職場でした。

ihatov1001様

こんにちは。
実は私、イングリッシュブレックファーストが大好きです。でもihatov1001さんのおっしゃるように毎日、食べていたら確実に病気になりますね(笑)。ジャンクフードなど、体に悪い食べものは時々、無性に食べたくなります。←由緒正しいイギリス料理をジャンクフード呼ばわりしているみたいですね...。
ふにゃふにゃソーセージは私もよく買って食べています。アップルが一番、好きですが、トマトやハーブ入りのものも捨てがたいです。
朝食を職場で食べるというのも優雅で良いですね。私の職場は日本人が多いのでなかなかできませんが...。イギリス社会は、支払い前の商品を食べるのが容認されていたり、公共交通機関での飲食が許されていたり、歩き食いが当たり前だったり(笑)、食に関しては大らかなように思います。

塩見のベーコン

こんにちは、Masalaさん

英国のベーコンは塩見が強い様に思います。朝、これらを全部平らげると必ず腹痛になります。ベーコンを昼のサンドイッチに廻すと丁度良い事をここ数年の旅行で会得しました。英国の物価も上がったのでしょうか。宿泊代も軒並み高くなっていました。

初めまして☆

初めまして。にほんブログ村からイギリスに憧れ検索したら辿り着きました。現在、福岡県で娘2人を男手一つで3人で生活しています。こちらの日本ブログ村は、はじめたばかりで分からない事ばかりですが、仲良くして頂けたら嬉しいです。何処から入っていいのか分からずこちらからお邪魔しました。宜しくお願い致します。

Ton101様

こんにちは。
Ton101さんのおっしゃる通り、イギリスのベーコンは塩辛いです。ベーコンのみならず食事は全体的に塩気が多いように思います。最近、それに慣れてきてしまった自分が怖いです(苦笑)。
イギリスの物価!なんとかならないものでしょうか。最近の物価高はインフレと言っていいくらいです。家賃も軒並み、高騰を続けています。普通の人が普通の暮らしを営むのが難しいくらいになってきています。本当に何とかして欲しいです。

Betty様

はじめまして。
コメントを残してくださいましてありがとうございます。
Bettyさんのブログを訪問しました。写真がお上手ですね。これからも時々、訪問させていただきます。
お仕事をされながら子育てをされているということですね。全く頭が下がります。大変なこともおありでしょうが、頑張ってくださいね。これからもどうぞよろしくお願いします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://workingclass.blog109.fc2.com/tb.php/171-00d0f528
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オトコマエ «  | BLOG TOP |  » English Gardens I

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

Travel.jp 「たびねす」

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank"

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (53)
年中行事 (10)
博物館めぐり (29)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (51)
ふらっとイギリス (34)
安くておいしい (77)
お茶のはなし (17)
エコライフ (22)
花鳥風月 (34)
掘出物 (31)
ヴィンテージ (73)
日本とイギリス (8)
書物に親しむ (16)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (170)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (33)
ポルトガル (32)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR