2017-11

リトル・ヴェニス

 マルセイユ旅行からロンドンに帰ってきて恋しいと思うものは、海とシーフードです。シーフードは「肉より高い。」と悪態をつきながらスーパーに買いに行きますが、ロンドンでは海を見ることはできません。せめて水辺を散策したいと、Little Venice(リトル・ヴェニス)に行きました。

DSC02436_convert_20100829024418.jpg
リトル・ヴェニス

 ロンドンでも屈指の高級住宅街である Maida Vale(メイダ・ヴェイル)のほとりを流れる運河、Regent's Canal (リージェント・カナル)一帯は、1862年から1887年までこの地に暮らした英国の詩人、Robert Browning( ロバート・ブラウニング)によってリトル・ヴェニスと名づけられました。
 テムズ川に注ぐリージェント・カナルとそれに続く運河は、19世紀から20世紀の初頭には、商業用のナローボートの航路として発展しました。ナローボートは、産業革命の時代に石炭や工業製品を運搬するために運河のサイズに合わせて作られたボートです。
 しかし、商業航路としての運河は、道路網や鉄道の発展に伴いその役目を陸路に譲ることとなり、1969年には完全にその役目を終えました。現在この場所には、主にレジャー用のナローボートが停泊されており、夏季には観光用のナローボートが運行されています。ボートのカフェやレストランもあります。

DSC02413_convert_20100829040756.jpg
運河をゆっくりと通過する観光用のナローボート

 ナローボートは住居としても使用されています。リトル・ヴェニスを終の棲家と定め、そこにボートを停泊させてお住まいの方、運河を移動しながら生活をされている方と様々です。水上生活とは、いかなるものでしょうか。多少の不便はあるかもしれませんが、そこにロマンを感じるのは私だけではないはずです。夏は甲板に出て日光浴がてら読書をし、冬は暖かい船室の中で編み物をしながら物思いに耽る、そんな生活に憧れを抱きます。

DSC02369_convert_20100829024707.jpg
停泊する色とりどりのナローボート
 ナローボートが停泊されている横の土地は私有地である場合もあり、ボートにお住まいの方がお庭として手入れをされています。ボートの鮮やかな赤と花壇の花の色がマッチしています。ボートの横で釣りを楽しむ方々の姿もちらほらと見かけました。

参考文献:Wikipedia

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

良く歩きました。
途中ロンドン動物園の裏を通るのですよね。
遠目に動物たちを確認できたのを覚えています。
のどかで散歩道にはとても良いですよね。

ihatov1001 様

こんにちは。
公園の池のまわりなど、水辺を散策するのは楽しいですよね。なんとなく落ち着きます。
リトル・ヴェニス周辺は私にとって非現実的空間なので、時々、行って散策します。動物園の方まで行ったことがなかったので今度、行ってみたいです。動物たちが見られるのですね。なんだか興味がわいてきました。

こんにちは!

素敵なところですね。
夏場など、涼みがてら
お散歩したくなるところですね。

また、ボートで生活、いいなと思いました♪

三十路オンナ様

こんにちは。コメントを残してくださいましてありがとうございます。
私が散歩に行った日は、生憎、小雨がぱらぱらと降っていました。今度は、晴れている日にもう一度、行きたいです。私もボートでの生活に憧れます。

カナルと聞いて過剰に反応wいつもその脇を歩きながら釣りをしています。ひょっとしたらLady Masalaさんとすれ違っていたりして、、、。商業航路の話し勉強になりました。普段通い詰めているくせに、昔使われてたぐらいしか知らなかったです。

RMS_shota 様

こんにちは。コメントを残してくださいましてありがとうございます。
私がカナルを散策した日、ショウタさんの姿を探しましたが、残念ながらいらっしゃいませんでした。ブログによくお写真が載っているので「会ったら絶対にわかる!」と確信していたのですが残念でした。その日は小雨模様であまりお天気がよくありませんでしたが、10代の若者が釣りを楽しんでいました。今度、お見かけしたら声をかけます!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://workingclass.blog109.fc2.com/tb.php/158-06a7d811
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Liberty 百貨店 «  | BLOG TOP |  » デリの風景

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

Travel.jp 「たびねす」

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank"

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (53)
年中行事 (10)
博物館めぐり (29)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (52)
ふらっとイギリス (34)
安くておいしい (77)
お茶のはなし (17)
エコライフ (22)
花鳥風月 (34)
掘出物 (32)
ヴィンテージ (72)
日本とイギリス (8)
書物に親しむ (16)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (176)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (39)
ポルトガル (32)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR