2017-11

丘の上の邸宅 

 理想的な空間を求めて Sir John Soane's Museum(ジョン・ソーン博物館)に続き、邸宅内を拝見できるという Kenwood House(ケンウッド・ハウス)に行きました。ケンウッド・ハウス は Hampstead Heath(ハムステッド・ヒース)の敷地内にあります。ハムステッド・ヒースはロンドン北部にある大きな公園で、南側に位置する Parliament Hill(パーラメント・ヒル)からはロンドン中心部を一望することができます。

DSC01623_convert_20100728033230.jpg
Parliament Hill から眺めるロンドンの街並
 公園内には、遊具施設や屋外プール、運動施設が備えられていますが、広大な土地の大部分は草木が生い茂るオープンスペースです。犬の散歩やジョギング、ボール遊び、ピクニックなど思い思いの時を過ごすことができます。私は遊歩道をゆっくりと散策しながら野草を愛でるのが好きです。

DSC01614_convert_20100728033732.jpg
Hampstead Heath 遊歩道

DSC01599_convert_20100728033439.jpg
Hampstead Heath 素朴で可憐なアザミの花

 ケンウッド・ハウス は、17世紀中葉に建てらたカントリーハウス(貴族やジェントリの邸宅)です。1754年には法廷弁護士であり政治家でもあった William Murray, 1st Earl of Mansfield が建物を買取り、当時を代表する建築家であった Robert Adam(ロバート・アダム)にその改装を依頼しました。建物を代表する建築の一つである書斎を設計したのもロバートです。
 ケンウッド・ハウスは、1925年にギネス(ビール醸造会社)一族の一人であった Lord Iveagh の手に渡りました。彼が亡くなった1927年には English Heritage(イングリッシュ・ヘリテッジ:イングランドの歴史的建造物を保護する目的で政府によって設立された組織)に寄贈され、1928年からは一般公開が始まりました。
 邸内には Iveagh が集めた数々の肖像画が展示されており、最も有名なのはレンブラントが描いた自画像です。音楽ルームにはハープやパイプオルガン、ピアノが展示されています。ピアノは現在のものよりも小ぶりで装飾が施されています。アクセサリーの展示も見ごたえがあります。特に靴のバックルコレクションは必見です。

gallerylkenwood01.jpg
Kenwood House 書斎
館内は撮影禁止なのでイメージを English Heritage 公式ホームページより拝借しました

DSC01603_convert_20100728034056.jpg
Kenwood House 外観
 ケンウッド・ハウスの庭園に設けられた特設ステージでは夏の間中、多くの野外コンサートが行われます。

参考文献:English Heritage 公式ホームページ・Wikipedia

読んでくださいましてありがとうございました。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

こんにちは!

Kenwood House、初めて知りましたー。
とっても素敵なところですね。

レンブラントの絵画もあるのですね。
自然、また、建築、展示品も楽しめるいいところですね♪

三十路オンナ 様

こんにちは。コメントの返信が遅れてしまって申し訳ないです。旅行に出ていました。
Kenwood House のある Hampstead 地区は高級住宅街で綺麗なお店が立並ぶとても感じのいい所です。Heath でピクニックがてら見学するには最適です。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://workingclass.blog109.fc2.com/tb.php/128-728a59f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンシルハウス «  | BLOG TOP |  » Whittard of Chelsea

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

Travel.jp 「たびねす」

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank"

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (53)
年中行事 (10)
博物館めぐり (29)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (52)
ふらっとイギリス (34)
安くておいしい (77)
お茶のはなし (17)
エコライフ (22)
花鳥風月 (34)
掘出物 (32)
ヴィンテージ (72)
日本とイギリス (8)
書物に親しむ (16)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (176)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (39)
ポルトガル (32)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR