2017-11

トフィーといえば Thorntons

 日本からロンドンに遊びに来た友人に「イギリスのチョコレートをお土産に持って帰りたい。」と言われてしばらく考え込んでしまいました。イギリスには、McVitie's(マクビティー)のダイジェスティブビスケットや Cadbury(キャドバリー)の板チョコ、はたまたTunnock's(タンノック)の Tea Cake(ティーケーキ)など、数々の激甘チョコレートがありますが、どれもこれもスーパーで買える庶民的なお菓子ばかりです。友人が欲しがっていたのは、職場の上司や親戚に配るためのしっかりとした箱に入ったチョコレートでした。
 ハロッズやフォートナム&メイソンに行けば高級なチョコレートを買うことができますが、これらの百貨店はお菓子の専門店ではありません。そのように考えてみると、イギリスにはベルギーのゴディバやスイスのリンツに匹敵するような高級なチョコレート専門店がありません。また、フランスのポールのようなケーキ屋さんもありません。イギリス人には甘いもの好きな人が多いのになぜでしょうか。
 イギリスには普段、食べるプディング(デザート)を家庭で手作りする習慣が残っているせいもあるでしょうが、近隣ヨーロッパ諸国のおいしいものを簡単に手に入れることができるので、わざわざ自国で作る必要を感じないというのも正直なところではないかと思います。甘いものは好きだけれども味に繊細さを求めない、食べ物には頓着しない文化がここにも現われているような気がします。
 友人の希望を叶えてあげようと、しばらく考え込んだ末に、Thorntons(ソーントンズ)に行き当たりました。ソーントンズはショッピングセンターなどに店舗を構えていて、立派な箱に入ったチョコレートも扱っています。立派とは言っても、高級感を前面に押出しているというわけではなく、ポップで親しみやすいデザインのパッケージを採用しています。お値段も高いものでも£20.00(£1.00≠¥120)くらいと庶民的で、スーパーでもカジュアルなチョコレート菓子を買うことができます。
 ソーントンズは1911年に Joseph William Thornton(ジョセフ・ウイリアム・ソーントン)によって Sheffield(シェフィールド:イングランド北部の都市)で創業されたお菓子メーカーです。キャドバリーがアメリカの Kraft(クラフト)に買収されたことにより、イギリスで一番の売上げを誇るお菓子メーカーとなりました。
 ソーントンズを一躍有名にしたのは、ジョセフの息子である Stanley(スタンレー)が自宅のキッチンで実験を重ねながら作った Toffee(トフィー)でした。それ以前は、マッキントッシュという同じくイギリスのお菓子メーカーが作っているトフィーを店舗で販売していました。このマッキントッシュのトフィーに負けない味を作り上げることを目標に日々、改良を重ね、現在ではトフィーと言えばソーントンズというイメージが定着するまでになりました。

DSC01342_convert_20100620030705.jpg
Thorntons の Toffee
 トフィーは、森永のミルクキャラメルに代表される日本のキャラメルより歯ごたえがありバターの味が強いです。ソーントンズのトフィーは、日本でもお馴染みのトレファンのゴールデンタフィに限りなく近い味です。
 袋に個別包装なしで大きさもまちまちのトフィーがごろごろ入っています。180g入りで£1.01(£1.00≠¥120)と庶民価格なのでついつい食べ過ぎてしまいます。幼稚園の頃、キャラメルを食べていたら銀歯が取れてしまった記憶がよみがえってきます。

参考文献:Wikipedia

読んでくださいましてありがとうございました。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

「味に繊細さを求めない、食べ物には頓着しない文化」イギリスのこの言葉があてはまるとは知りませんでした。そうなんですね。アメリカもこのような文化を引きついていても納得です。

ふうてんの旅人 様

こんにちは。魚フライとフライドポテト(フィッシュ&チップス)が国を代表する料理になっていたりと、イギリス料理は大雑把、大味のものが多いです。最近では、そこがイギリスのいいところなのだろうなぁ、と思えるようになりました。ロンドンではおいしい各国料理を食べることができるのも嬉しいです。

イギリスのチョコレートやトフィーは、アメリカのモノより美味しいです。やっぱりミルクの濃さが違うのか、特別な砂糖を使っているのかわかりませんが。

キャラメルで銀歯が抜けた事、私も多々あります!要注意の食べ物ですよね。

B9MOM 様

こんにちは。コメントを残してくださいましてありがとうございます。
「イギリスのチョコレートやトフィーは、アメリカのモノより美味しいです。」
↑そうなんですか!?意外でした。アメリカの食べ物は濃厚でおいしいような気がしていました。確かに、イギリスの乳製品を使った食べ物はおいしいです。アイスとかミルクチョコとかクロテットクリームとか。でも、全て高カロリーで体に悪そうなものばかりですね...。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://workingclass.blog109.fc2.com/tb.php/119-b808aaaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ひまわりを見に «  | BLOG TOP |  » 日本人好み、あっさりローストチキン

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

Travel.jp 「たびねす」

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank"

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (53)
年中行事 (10)
博物館めぐり (29)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (52)
ふらっとイギリス (34)
安くておいしい (77)
お茶のはなし (17)
エコライフ (22)
花鳥風月 (34)
掘出物 (32)
ヴィンテージ (72)
日本とイギリス (8)
書物に親しむ (16)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (176)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (39)
ポルトガル (32)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR