2017-10

Liberty 百貨店

 私が思うロンドンで一番センスのいい百貨店は Liberty(リバティ)です。チューダー様式の建物自体も上品でかわいらしく、ディスプレーもセンスがよくおしゃれです。この百貨店では高額商品が扱われているので、私の手の届きそうな物は残念ながらあまりありませんが、博物館を見学に行くような感覚でウィンドーショッピングを楽むことができます。

DSC01505_convert_20100712043922.jpg
Liberty 百貨店 外観

 リバティ百貨店は1875年に Arthur Liberty(アーサー・リバティ)によって創業された老舗百貨店です。創業当時、従業員はアーサー自身を含めたわずか3人でしたが、日本や東洋の国々からから買いつけたエキゾチックな布地や装飾品を扱うお店としてたちまち評判となりました。
 順調に事業を拡大し、1885年にはカーペットや家具などの調度品も扱うようになりました。家具売場は東洋のバザールと評され、ロンドンで最もファッショナブルな店としての地位を獲得しました。お店を一躍有名にした東洋柄の布地は、衣料品と調度品の両方に用いられるようになりました。アーサーは服飾部門の開拓にも力を入れました。彼は当時の先進的なファッションデザイナーを支援することによって、1890年代に流行したアール・ヌーボーの発展に貢献しました。

DSC01522_convert_20100712044229.jpg
リバティープリントをモチーフにした商品のディスプレー

 現在も使用されているリバティ百貨店のチューダー様式の建物は、1924年に建築されました。来店する人々に自宅で寛いでいるかのような印象を与えるために、スペースをいくつかの小部屋に区切って、そこにディスプレーとして暖炉を備付けました。その暖炉のいくつかは現在でも残っています。
 残念ながらアーサー・リバティは1917年に新店舗の完成を見ずして亡くなりました。彼、亡き後も彼の目指した東洋的なエキゾチシズムを残しつつ、最新の流行をバランスよく取入れるという経営方針を忘れることなく、現在に至るまでロンドンを代表する高級百貨店として営業を続けています。

DSC01521_convert_20100712044101.jpg
暖炉を使ったディスプレー

DSC01531_convert_20100712044409.jpg
東洋趣味の家具 値札がついていなければ博物館の展示品と見間違えるほどです。

参考文献:Liberty 公式ホームページ

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

リバティのあの建物は意外に新しかったんですね。。。
それにしてもデパートの外観として、本当にカッコいいですよねー。
中がわかりづらくて迷子になりますけど。。。(方向音痴なんです。)
手芸用品が豊富なので時々見に行きますが、何でも高いですね。
先日、友達がカードをもっていると15%offってチラシを持ってました。

catswhiskers 様

こんにちは。
私もリバティーが大好きで時々、目の保養に行きます。
中がわかりづらいというのはよくわかります。私もよく行きたいところに行けなくて同じところをぐるぐるとまわったりします。セルフリッジでもよく迷子になりますが...。
リバティーで心置きなく買い物ができるようになりたいです。(小さいのか大きいのかよくわからない夢ですね。)本当に何でも高いですよね。15%offは羨ましいです。でも、off価格でも買えないものが多そう...。溜息。

このチューダー朝の建物はセンターにおいて、とてもインパクトがありますよね。私も大好きな建物でした。中はなかなか敷居が高くて入ることはありませんでしたが(笑)。良く友人と正面で待ち合わせをして、そのあとソーホーの日本食レストラン、ラーメン瀬戸に行ったものです(笑)。

ihatov1001様

こんにちは。私は、リバティーは百貨店というよりもミュージアムだと思っています。ですので「見学、見学。」と目の保養に時々、行きます。(笑)
ラーメン!おいしそうですね。私はロンドンのレストランでまだ一度もラーメンを食べたことがありません。ラーメン=中国製の出前一丁です。なんだかラーメンがとっても食べたくなってきました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://workingclass.blog109.fc2.com/tb.php/118-d596a663
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウルトラオーソドックスの紳士  «  | BLOG TOP |  » リトル・ヴェニス

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

Travel.jp 「たびねす」

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank"

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (53)
年中行事 (10)
博物館めぐり (29)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (51)
ふらっとイギリス (34)
安くておいしい (77)
お茶のはなし (17)
エコライフ (22)
花鳥風月 (34)
掘出物 (31)
ヴィンテージ (73)
日本とイギリス (8)
書物に親しむ (16)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (170)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (33)
ポルトガル (32)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR