fc2ブログ

2023-03

離婚の構造 part 2

前回からのつづきです。

夫婦のどちらかが大病を患ったことが原因で離婚してしまうカップルは意外と多いらしいという話を聞きます。
自分も乳がんの手術をしました。
その直後に階上から3回目の水漏れがあり、どうしてそんなことになってしまうのかを何となく理解してしまったのです。

気持ちはわかるけど、私のせいじゃないし。
水漏れも病気も私のせいじゃないから。
大体、病院にいつも付き添ってくれなくてもいい。
それよりも、術後に食事の支度くらい手伝ってくれた方が助かったのに。
自分が病気になってしまったことを、相棒に対して申し訳なく思っていた私ですが、その時だけは確かにそう感じてしまったのです。
こんなことが続くようなら、私はもうやっていけない。

闘病生活を支えた夫と離婚する妻は、夫の苦痛を自分では受け止めきれないと観念するのです。
夫を苦しめている自分の病気が負い目となり、自責のような念に駆られますが、やがてそれが、自分の非ではないと気づいたときに、お互いを開放したいと思うのです。

一方で、病気療養中の妻と離婚する夫は、妻を失うかもしれない不安と、現在の生活を支えなくてはいけないプレッシャーと、妻のために何かをしてあげたいという思いが空回りして、逃げ出してしまいたくなるのではないでしょうか。
逃げ出したら逃げ出したで自責の念に駆られるでしょうけれども。
そう考えると、どちらの立場も責められません。

離婚のプロセスは一通り調べましたが、私たちは幸いにも、離婚の危機を脱しました。
それまでは、イギリスで離婚をするのはとても大変という話を聞いていたのですが、2022年から手続きが簡略化され、私たちのように子どもも不動産も持たずに、親権や財産分与の問題がない場合は、比較的簡単に離婚できるようになっていました。
なーんだ、すぐに離婚できるんだ!
調べた情報が役に立つ日が来ないことを祈るばかりです。

トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ロンドン郊外「イーリング」日本人街としても知られる趣ある街

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

スポンサーリンク

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

LINE トラベルjp

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

ブログ村読者登録

ロンドン発 -庶民的生活- - にほんブログ村

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (239)
プロパティーラダー (19)
年中行事 (16)
博物館めぐり (32)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (82)
ふらっとイギリス (106)
安くておいしい (234)
お茶のはなし (20)
エコライフ (28)
花鳥風月 (69)
掘出物 (34)
ヴィンテージ (100)
日本とイギリス (15)
病院通い (42)
書物に親しむ (18)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (251)
フランス (26)
イタリア (5)
スペイン (50)
ポルトガル (94)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (24)
オーストリア (12)
たびねす (5)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーリンク