fc2ブログ

2021-05

計りいらずでこんなにおいしいフラップジャック

相棒に前回と同じ味のフラップジャックを作ってほしいとせがまれました。
(レシピは上の記事に載せています)。
できることならそうしてあげたかったのですが、いつも適当な分量で作っているので全く同じは無理です。
前回はグルテンフリーのオートミール1袋(1キロ)を全部使って作りました。
バター1包(250グラム)では足りず、ゴールデンシロップを大量に入れて固めるという裏技を使ったため激甘になってしまったのですが、相棒はそこが気に入ったようでした。
前回の物は私には甘すぎたので今回はシロップを少なめに、その代わりアーモンドとチョコレートチップを入れてみました。

20210515_091932_mfnr_convert_20210516082215.jpg
750グラム入りのオートミール
プラスチックバッグを使っていないエコなところも気に入っています。

何度か作るうちに、オートミール750グラムにバター1包を使うとちょうどよいことがわかってきました。
どちらもその分量の物を買ってきて鍋に投入するだけ。
計る手間が省けます。
バター1包を全部使ってしまうなんて何と高カロリーな!と思ってしまいますが、4週間くらいは保存可能なので少しずつ食べるようにすればそんなに不健康ではありません(多分...)。
そして、フラップジャックの場合は有塩バターを使うとよりおいしくなります。
ゴールデンシロップも目分量。
オートミールが溶かしたバターとシロップに満遍なく浸るくらいが適量。
ナッツやドライフルーツも好きなだけ投入しましょう。
こんなに適当なのにすごくおいしいです。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
クイーン オブ イギリス土産!スーパーで買える紅茶4選

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


スポンサーサイト



ついに墓地まで

ロックダウンでステイホームの生活をずっと続けてきました。
海外旅行どころかロンドンをうろうろすることもできずに旅行ガイドのネタが尽き...
ついに墓地にまで行ってしまいました。
現在はロックダウンの規制も大分緩和されましたが、遠出はもう少し先になりそうです。
徒歩圏内をさまよう小学生のような生活も悪くないですよ。

「LINE トラベルjp」 に記事をアップしました。
よろしければご覧ください。
↓↓↓
ロンドン郊外「イーリング」日本人街としても知られる趣ある街

IMG_3634_convert_20210528074809.jpg

過去記事一覧
↓↓↓
見える景色全てが絵本の世界!ベルギー「ブルージュ」の街並み

ロンドン「キューガーデン」最も美しい姿を見せる春と夏

カワイイ&ステキの宝庫!ブリュッセル「ジュ ド バル広場の蚤の市」

悠久の時を刻む中世の傑作 イギリス「ウィンチェスター大聖堂」

老舗デパート「マークス&スペンサー」でイギリスらしいお土産を

クイーン オブ イギリス土産!スーパーで買える紅茶4選

泊まれるアンティーク博物館!イギリス「ウォルポール・ベイ・ホテル」

イギリスのビーチリゾート「マーゲイト」街歩き&アンティークガイド

絶景!ケントの海岸を歩く イギリス「バイキング・コースタル・トライアル」

ビーチリゾート「ブライトン」で満喫するイギリスの夏

ポルトガル「ブラガ」歴史ある教会とバロック建築めぐり

ロンドン「キューガーデン」歴史と伝統を誇る由緒ある植物園

空港から徒歩5分!ポルトガル「ソラール アンティゴ ポルト アエロポルト」

教会にお泊り!ポルトガル「ヴィラ ガーレ コレクション ブラガ」

イギリス世界遺産「バース市街」絶対に外せない4大名所

ポルトガル領マデイラ島「フンシャル」1日観光モデルコース

ポルトガル発祥の地「ギマランイス」世界遺産の街で絶対外せない4大名所

ポルトガルの古都「ブラガ」聖地と宮殿をめぐる1日観光モデルコース

ロンドンでテムズ川クルーズ「サザーク」半日観光モデルコース

ブラガ「ボン・ジェズス・ド・モンテ聖域」ポルトガルの巡礼地

空港直結「ハンプトン バイ ヒルトン ロンドン ガトウィック エアポート」

「モンテ宮殿熱帯植物園」ポルトガル領マデイラ島の理想郷

ポルトガル領マデイラ島「ポルト マーレ ポルト ベイ」で南国リゾートを満喫

花と緑の競演!ポルトガル領マデイラ島「マデイラ植物園」

ポルトガル領マデイラ島「フンシャル」で過ごすカラフルな休日

花盛りロンドン!ピクニックもできるお花見スポット4選

「ヘンリエッタ ハウス」イギリス世界遺産の街バースの心地よいホテル

「ローマン・バス」イギリス世界遺産の街バース最大の見どころ

街歩き&名物バンに挑戦!イギリス「バース」王道観光1日モデルコース

イギリスの城下町「ルイス」アンティークハントと歴史をたどる旅

中世 騎士の館 ポルトガル「ホテル レアル D オビドス」

短時間で「リスボン」を満喫!旧市街名所&グルメコース

白雪姫城のモデル!スペイン セゴビア「アルカサル」の絶景スポット

海洋生物から学ぶ未来への遺産「リスボン水族館」

地下鉄駅から徒歩1分!「ホテル フェニックス リスボン」

リスボン「泥棒市」心ときめく蚤の市で宝探し!

「オビドス」青と黄色に彩られるポルトガルで最も美しい村

ロンドン「オスタリーパーク」イングリッシュブルーベルの群生地

顧客は女王様!イギリスのスーパー「ウェイトローズ」は王室御用達

セゴビア三大名所から徒歩圏内「ホテル パラシオサンファクンド」

「ロンドン・ドックランズ博物館」その名を馳せた埠頭の過去と現在

スペイン「セゴビア」知られざる教会と秘宝を有する修道院

スペイン世界遺産「セゴビア旧市街」絶対に外せない三大名所

港町「ヘイスティングス」英国が誇る美しいビーチと町並み

マルタ共和国 海辺のリゾート・スリーマの高級ホテル「ザ・パレス」

マルタ共和国「イムディーナ」古都の雅を今に伝える城壁の町

もうマズイなんて言わせない!パブで味わう三大「イギリス料理」

英国ストラトフォード・アポン・エイボン「メアリー・アーデンの家」シェイクスピアの母を育んだ農場

マルタ共和国の首都「ヴァレッタ」街全体が世界遺産の要塞都市

キラキラと輝く青の宝石!マルタ共和国「スリーマ」の海岸線

キーワードは最小限&使い捨て!海外旅行の荷物を減らすコツ

ロンドン「大英博物館」で垂涎のアンティーク食器と出会う

イギリスの味覚に挑戦!「すっぱおいしい」お土産3選

英国で中世の建築にふれる旅 シェイクスピアの故郷「ストラトフォード・アポン・エイボン」

「シティ・オブ・ロンドン」歴史が凝縮されたロンドン最古の場所

これぞイギリス土産!「ミスター・キプリング」のおもてなしスイーツ

下町ロンドンにある「ベーグル・ベイク」は早い安い旨いが基本!

スペインの古都「トレド」で教会めぐり 異文化が融合するエキゾチックな空間

ロンドン「V&A 子ども博物館」で懐かしのレトロ&ヴィンテージおもちゃに出会える

スペイン「トレド」中世で歩みを止めた異国情緒漂う世界遺産の街

スペイン「ホテル セルコテル サン フアン デ ロス レイエス」古都トレドの風格あるホテル

駆け足でも見ごたえ充分!ロンドン「大英博物館」攻略法

ロンドン「ジェフリー博物館」アンティーク家具に見るインテリアの歴史400年

ヘンリー8世に出会える!ロンドン郊外「ハンプトン・コート宮殿」で英国の歴史にふれる

「東ロンドン」は日曜日がおもしろい!マーケットとエスニックグルメを満喫

ロンドン郊外ケンプトン「サンバリー・アンティーク・マーケット」で大満足!攻略法を一挙大公開

英国「ストラトフォード・アポン・エイボン」シェイクスピアが愛した街を歩く

ロンドン ケンジントン宮殿でいただく「アフタヌーンティー」オランジュリーで過ごす優雅なひと時

シェイクスピアを育んだ街 英国「ストラトフォード・アポン・エイボン」

「ファルコン ホテル」英国ストラトフォード・アポン・エイボンに現存する中世の旅籠

ロンドン「バラマーケット」で実感 オーガニック先進国イギリスの「食」へのこだわり

ロンドン郊外「リッチモンド」テムズ川と美しい緑の空間を満喫

ロンドン随一の蚤の市「チズウィック・カーブーツセール」で掘り出し物を見つけよう

イギリス土産の決定版!ティータイムを彩る定番ビスケット5選

舞台はロンドン!名探偵「シャーロック・ホームズ」の軌跡を追え

ウィリアム王子が暮らすロンドン「ケンジントン宮殿」ヴィクトリア女王ゆかりの地

ロンドンに現存する最古の教会「聖バーソロミュー・ザ・グレート教会」

ロンドンの歴史が全てわかる「ロンドン博物館」でヴィクトリア朝にタイムスリップ

ロンドンでアンティーク三昧 掘り出し物が必ず見つかるマーケットめぐり

中世の趣が残るロンドン「ザ・テンプル」ダ・ヴィンチ・コードの舞台としても知られる歴史ある場所

ロンドン「シャーロック・ホームズ博物館」ヴィクトリア朝の香りが漂う シャーロキアンの聖地

中世の面影を今に残す街 築600年の旅籠が現存する 英国「ライ」の魅力

ポルトガル 世界遺産の街「シントラ」アラブの面影が色濃く残るエキゾチックな場所

ポルトガル旅行のベストシーズンは?気候や服装についても解説

マルタ島旅行のベストシーズンは?気候や服装についても解説

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


飛ぶようには売れてない

去年の秋口に現在私たちが住んでいるフラットの1軒が売りに出されました。
私たちも内覧してオファーを出しましたが、現金をお持ちの方が即金で購入。
広告が出てから売れるまでわずか2週間でした。
不動産売買の知識が全くなかった私たちは「家ってすぐ売れちゃうものなんだ」と驚いたものですが、最近になってあれは稀なケースだということがわかってきました。

私たちにしても何軒か内覧はしましたが、すぐに売れてしまったあの一軒にしかオファーを出していませんし、見た物件の半分くらいはまだ売れていません。
値下げされた物件もあります。

それはそうですよね。
イギリスでは、プロパティーラダーといってライフスタイルによって住み替えるのが一般的ではありますが、私たちにとってはおそらく一生に一度の買い物。
そして、昨今では不動産価格が高騰しているために何度も買い替えることが難しくなっています。
買う方が慎重になるのは当たり前です。

大部分の不動産屋はじっくり考える私たちのことを邪険に扱ったりはしませんが、最初の不動産屋は感じがよくなかった。
購入者がほぼ決まっている状況では、買う見込みのない客に余計な労力を使いたくなかったのも理解できなくもありませんが...。

何ごとにもいえることですが、最初の経験は後々まで記憶に残るものです。
私たちの内覧初体験はどちらかというと苦い経験でした。
それで、現金を持っていなかったり、不動産売買の経験がなかったりすると不利になるのではないかと思っていましたが、そうでもないということが最近やっとわかってきました。
焦らず気長にやっていれば、いつか運命の一軒にめぐり会えるでしょう。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ロンドン「キューガーデン」最も美しい姿を見せる春と夏

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


Avoid her with savoy cabbage!

毎週土曜日の朝に Morrisons(モリソンズ)に買い出しに行きますが、シフトの関係かスタッフもいつも同じような顔ぶれです。
コロナ禍で客の少ない朝早くに行くようになったので、レジも3台くらいしか稼働していません。
というわけで、毎週のように同じレジ係のお世話になっています。
その人はインド系の女性でとても親切なのですが、ひとつだけ、本当にひとつだけ問題があって、私がよく買う Savoy Cabbage(サボイキャベツ:ちりめんキャベツ)をホワイトキャベツとして清算するのです。
30ペンスほどですが、ホワイトキャベツの方が高い!

1219535_m_convert_20210411040141.jpg
写真ACよりお借りしたサボイキャベツ

モリソンズでは、ビニール袋入りと袋なしの野菜が選べるようになっています。
値段は同じですが、袋入りのものにはバーコードがついていてレジの人が間違えることは少ないですが、環境のためになるべくプラスチックを減らそうと思っている私は、いつも袋に入っていない野菜を買うことにしています。
毎回清算後にレシートを見て気づくのですが、少しの違いだからまぁいいかということが数回ありました。

次回からサボイキャベツを買う時は、彼女のレジに並ばないことにすればいいと思いついた次の週、いつもはレジに入っているその女性が売り場で別な仕事をしていたので、チャンスとばかりにサボイキャベツをカゴに入れ、男性のレジに並びました。
そうしたら、私たちの番が来た時いつものレジ係の女性が現れて男性とレジを交代したのです。
エッ、ウソでしょ?
今更レジを代わるわけにもゆかず彼女に清算をお願いしたら、なんとこの日は、サボイキャベツをサボイキャベツとして清算してくれたのです。
オチも何もない話ですが、少しオモシロイかもと思ったのでブログネタにしてみました。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
カワイイ&ステキの宝庫!ブリュッセル「ジュ ド バル広場の蚤の市」

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


角質ぽろぽろ

日本手ぬぐいと固形石けんで体を洗っています。
香料で肌がかぶれることがあるので、私はなるべく無香料の石けんを使うことにしています。
オリーブ石けんを手ぬぐいに馴染ませて、はじめは石けんの泡で体を洗い、泡がなくなってからも手ぬぐいで体をこすり続けると、垢がぽろぽろと取れてきます。
かゆいと感じるところをこすると、確実にぽろぽろ。

20210323_140226_mfnr_convert_20210329042403.jpg
OLIVA はとてもよい石けんです。

美容的にはどうなのかはわかりませんが、顔もごしごしこすると角質がぽろぽろと取れてきて、肌のゴワつきが解消されます。
ここ数年のお肌の手入れといえばこれだけ。
日本手ぬぐいと石けんさえあれば、お肌つるつるで、クリームも必要なし。
お金や時間をかけなくてもできるシンプルスキンケア。
この方法に勝るものはありません。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ポルトガル「ブラガ」歴史ある教会とバロック建築めぐり

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


思い出したくもないあの光景

最近、毎週食料品の買い出しに行く Morrisons(モリソンズ)でおもしろいパッケージのペンネが半額です。
このペンネ、イギリスが最初のロックダウンになり、パスタなどの保存食の買い占めが起こった直後に突如モリソンズに現れた製品です。
それまでは見たことがありませんでした。
通常仕入れていた商品が次々と売れてしまったので、別ルートから仕入れてきた物だったのでしょうか?
私もずっと買えなかったパスタが手に入るようになったので、その頃から喜んで購入しています。
有名ブランドの物は500グラム入りが特売で1ポンドになりますが、こちらは1キロなのに常に1ポンドです。
すごくおいしいというわけではありませんが、特にまずいわけでもなく。
パスタの味を特に意識したこともないので、普通においしくいただいています。
それが、近ごろずっと半額の50ペンスなのです。

20210511_185342_mfnr_convert_20210516082236.jpg
買い続けるうちに5袋になってしまった。

毎週1袋ずつ買っていたらこんなにたくさんになってしまいました。
あの時売れると見込んで大量に仕入れた在庫が余ってしまって、一掃のために半額で売ってる?
モリソンズで商品を半額にするとあっという間にはけてゆきますが、このパスタ、もう何週間も半額セールがつづいています。
一体、いくら仕入れたのでしょうか。
それとも、このアヤシイパッケージのせいで買う人があまりいないとか?
別に普通のペンネですけどね。
ただ、あの頃のことを思い出すのは精神的によくありません。
長い行列の末にお店に入ったのに、店内にはほとんど商品が残っていなかったというあの光景
ソ〇〇〇じゃないんだからと、何度思ったことか。
まだ笑って思い返せるほどには時間が経っていませんが、あんなことはもうこりごりです。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ロンドン「バラマーケット」で実感 オーガニック先進国イギリスの「食」へのこだわり

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


それはないって不動産屋は言ってたけど

ビクトリアンフラットを内覧したとき、運よくフラットの所有者に会えました。
不動産屋が見学者を案内している間、現住人はその場にいないことがほとんどです。
いてもいいのだし、いる場合もあるのですが、何となく落ち着かないのか買い物にでも出かける人が多いようです。

その日内覧したフラットの持ち主も外出するつもりだったらしく、たまたま家を出たときに私たちに気づいて話しかけてくれました。
そして、不動産屋には答えられなかったであろう私たちの疑問に直接答えてくれました。

・フラット内の住人の持ち家率(50パーセント、4軒のうち2軒がレントだそうです)
・家を売りに出している理由

コロナ禍の在宅勤務でオフィスに通わなくても仕事ができることが立証されたので、田舎に引っ越すことにしたというのがフラットを売りに出している理由だそうです。
仕事のためにロンドンに住んでいましたが、もうその必要はなくなったというわけです。
その方は、もともとそんなに都会が好きではなかったと言っていました。

以前内覧した際に、勤務形式の多様化でロンドンの家を売って I ターンを希望する人が増えるのでは?という話を不動産屋としたことがありますが、その人はロンドンの不動産の方が将来的に高く売れるので大きな動きはないはずと言っていました。
でも、実際にそのような希望を持っている人の話を聞くと、もっと多くの人たちがそうしたがっているのかもしれないと希望的観測をしてしまいます。
そうであれば、ロンドン市内の売り物件が増えるので私たちには朗報なのですが。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
中世の面影を今に残す街 築600年の旅籠が現存する 英国「ライ」の魅力

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

スポンサーリンク

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

LINE トラベルjp

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

ブログ村読者登録

ロンドン発 -庶民的生活- - にほんブログ村

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (245)
プロパティーラダー (18)
年中行事 (15)
博物館めぐり (32)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (80)
ふらっとイギリス (105)
安くておいしい (228)
お茶のはなし (20)
エコライフ (28)
花鳥風月 (67)
掘出物 (34)
ヴィンテージ (98)
日本とイギリス (15)
書物に親しむ (18)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (251)
フランス (26)
イタリア (5)
スペイン (50)
ポルトガル (94)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (24)
オーストリア (12)
たびねす (5)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーリンク