fc2ブログ

2021-01

上の住人がうるさい

2回目と3回目のロックダウンの間に、フラットの上の階に新しい住人が引っ越してきました。
私たちがこのフラットに引っ越してきたときにはもう既に住んでいたイギリス人のRさんは、一昨年の秋頃引っ越して行きました。
その後大家が改装して売りに出したようですが、買い手が見つからず売るのを諦めたようです。
私たちもスタジオ(ワンルーム)でなければ、購入することを考えたのですが。
スタジオはなかなか売るのが難しいようです。
話は横道にそれましたが、再びレントとして広告を出したところ、すぐに借主が決まったようです。

確かに改装中、工事の音がうるさかった記憶がありますが、工事はうるさいものなので、あまり気にしていませんでした。
以前住んでいたRさんは、男性の一人暮らしでしたが、何かを落としたような音や、家具を動かしたような音がたまに聞こえるくらいでまったく静かでした。
考えてみると、誰かが訪ねてきたような様子もほとんどなかったように思います。
一度、水が漏れてきて大変なことになりましたが、それ以外は何の問題もない良き隣人でした。
(↑過去記事によると、1ヵ月間も照明が使えなかったらしい。)
というわけで、10年以上静かな生活を当たり前のように思っていましたが、新しい上の住人がうるさくて辟易しています!

今回も男性の一人暮らしですが、歩く音、話し声、雄たけび!がいちいちうるさい。
夜中に洗濯機をまわすのもやめてほしいし、時々彼女が訪ねてくると、うるささは倍に。
この建物の一戸が再び売りに出たなら購入したいと考えていますが、それも少し躊躇するくらいのうるささです。
上の階に住んでいたRさんがあまりにも静かで、この10年余りで数えるほどしか入れ替わりがないKさんをはじめとする同じ階の住人たちも良識的な方ばかりで、この建物がこんなに音が響く構造だとは気づきもしませんでした。

早く引っ越してくれないかなぁ。
最近引っ越してきたばかりで、しかもロックダウン中なのですぐには引っ越さないだろうな。
私たちも家探しをしているところですが、こちらもロックダウンで難航中。
それよりなにより、もう少し静かにしてくれないかなぁ。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
クイーン オブ イギリス土産!スーパーで買える紅茶4選

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


スポンサーサイト



モリソンズで買えるカレールー

いつも食料品の買い出しに行くスーパー Morrisons(モリソンズ)には、ワールドフードのコーナーがあります。
日本の食材は、オリエンタルフードとして中国やタイ、韓国の物と一緒ににあり、タザキフーズ社が展開する Yutaka というブランドの商品が主流です。
日本の会社の製品だけに味の方は保証されていますが、パッケージは海外向け。
イギリスでは、日本風のチキンカツカレーが人気で、ルーはカツカレーソースという名称で売られています。
なぜチキンカツかというと、宗教上の理由などで豚肉を食べない人も多いからです。

20201206_105021_convert_20201207035215.jpg
写真のカレーが日本的ではありません。

私は豚肉でにカツカレーを作ってみました。
箱に書いてある作り方を見ると、入れるのはタマネギだけ。
カツカレー用のルーには、イモやらニンジンやらの具が入っていないのですね!
初めて知りました。
家で食べていたカツカレーには普通に具が入っていたので、今まで気がつきませんでした。
肝心のお味ですが、日本で買える一般的な物よりもインドカレーに近い味かもしれません。
調理しているとき、ガラムマサラの香りが漂ってきました。
ちょっと辛め(中辛よりも辛いかも)で、悪くありません。
日本で売っている市販のルーより小さめで100gですが、2人で2食分のカツカレーと、3日目にはカレーうどんになりました。
野菜とお肉を入れたカレーも作ってみよう。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
スペイン世界遺産「セゴビア旧市街」絶対に外せない三大名所

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


博物館にお泊り

去年の夏、マーゲイトに2泊3日の旅行に行きました。
メイン・サンズという市街地にあるビーチに近いホテルは満室で予約が取れなかったので、そこから徒歩で20分ほどの住宅街にあるウォルポール・ベイ・ホテル&ミュージアムに泊まりました。

IMG_2679_convert_20200913040806.jpg

マーゲイトは、おしゃれな街へと生まれ変わりつつありますが、基本的には荒れている地域。
ハイストリートでは危険なにおいがする場所も確かにあったので、結果的にはよかったです。

IMG_2589_convert_20200913041039.jpg

街をぶらぶらした後にホテルに到着。
チェックインの前に検温があり、38度以上の場合は宿泊を断られる場合もあるという連絡を事前に受けていました。
宿泊した日は、イギリスとしては暑い日だったので体温が上がっていたらどうしようと心配しましたが、36度台の平熱で無事にチェックイン。
何年ぶりかで体温を計りました。

IMG_2937_convert_20200913070807.jpg

一方通行の表示、予約制の朝食など、コロナ対策は万全で安心して泊まることができました。
メイドサービスも休止中でお部屋の清掃とタオルの交換もありませんでしたが、2日目からは必要な物を申告すれば、買い物袋に入れてドアノブにかけてくれます。
環境のためにタオルは同じものを2日続けて使うことにして、シャンプーと紅茶をお願いしました。

IMG_2583_convert_20200913041147.jpg

その名の通りホテル内の至る所にアンティークのディスプレーがあるとても素敵なホテルです。
好きな物たちに囲まれて、2日間だけとはいえとても幸せでした。
宿泊した2階に展示が集中していたのは、ラッキーでした。
夕食後の遅い時間に気のすむまで見学しました。

IMG_2937_convert_20200913070807.jpg

コロナ禍のせいで室内観光施設を見ていないので、マーゲイトにはぜひもう一度行きたいです。
その時は、またお世話になりたいと思います。
アンティークが目の保養になってものすごく私好みのホテルでした。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ウィリアム王子が暮らすロンドン「ケンジントン宮殿」ヴィクトリア女王ゆかりの地

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


イエローラベルハンター さかな

コロナ禍が始まって以来、毎週の買い出しには、比較的空いている朝早くに出かけいます。
以前はこの時間帯に行けば商品がぎっしりと並んでいましたが、最近、ちょうど私たちが到着するくらいの時間から品出しを始めるようになってしまい、日によっては、特定の品物、特に野菜がスカスカというときもあって残念です。
残念と言えば、おつとめ品を出す時間も変わったのか、最近では、めぼしい物をほとんど見つけることができずにいました。

20210123_105442_convert_20210124061115.jpg

この日は、大量の魚をゲットできて上機嫌。
フィッシュ&チップスでお馴染みの Haddock(モンツキダラ)が半額になっていました。
イギリスでは魚が高いのでうれしいです。
これとは別に尾頭付きの Herring(ニシン)が3尾で1ポンドだったので、捌いて煮つけました。
目が真っ赤で、鮮度はよくありませんでしたが、カズノコも入っていました(小さいけど)。
久しぶりの煮魚は、とてもおいしかったです。
最近、こってりした食事が多かったので、ハドックも塩焼きにしたり煮つけたり、和風にあっさりといただきたいと思います。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
老舗デパート「マークス&スペンサー」でイギリスらしいお土産を

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


日本人だけじゃないのね。

フラット内の同じブロックに住むKさんは、インドネシア人。
私たちも彼女も、どちらもレントなのに10年以上住み続けている古株で、会えば世間話をする良き隣人です。
そんな彼女は去年の3月以来在宅勤務を続けています。

2度目のロックダウンが終わった頃、外で散歩をしていた彼女と会ったので、一緒に帰りました。
その時、一人暮らしの彼女は、会社に行けず人と触れ合えないことがつらいと言っていました。
そして、在宅勤務だと夜中まで際限なく仕事をしてしまうのが難点とも言っていました。
私もその意見に賛同して、仕事の愚痴を言い合ったのですが、少し驚きもしたのです。
在宅勤務になってから1日中でも仕事ができてしまうと嘆いているのは、日本人だけじゃなかったことに。

私の同僚たちは日系企業に勤める日本人で、しかもほとんどの人は駐在なので、ロックダウンの最中に家で仕事ばかりしている様子は容易に想像できるのですが、日本人でなくても、いつまでたっても仕事の手を止められない人がいたとは。
相棒などは、在宅勤務でも昼休みや休日はしっかり休んでいますし、私が土・日に仕事をするとやめろと言います。

欧米とアジア圏とでは、仕事に対する心構えが基本的に違うのでしょうか。
彼女はインドネシア人ですが、中国系ということで、見た目は東アジア人。
東アジア人は勤勉すぎる?
そんなことを人種で区切るのは乱暴すぎますが、3度めのロックダウンでますますオンライン環境が整備され、24時間仕事ができてしまう状況に私もウンザリしています。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
クイーン オブ イギリス土産!スーパーで買える紅茶4選

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


一日がかりのウィンチェスター大聖堂

一昨年の秋に、ロンドンから電車で一時間ほどの距離にあるウィンチェスターに日帰りで出かけました。
無料のガイドツアーに参加して、大聖堂を見学していたら、あっという間に帰る時間。
聖堂内はとても広く見どころいっぱいで、ガイドさんも時間をオーバーしてまでも、とても丁寧な説明をしてくださり、とても有意義な時間を過ごしました。
結局、ウィンチェスターでは、大聖堂しか見られませんでしたが、教会大好き人間の私は大満足。
今度は1泊してもう一度行こうと考えていましたが、こんなことになってしまい...。
ウィンチェスターに行ける日はいつ来るのでしょうか。

「LINE トラベルjp」 に記事をアップしました。
よろしければご覧ください。
↓↓↓
悠久の時を刻む中世の傑作 イギリス「ウィンチェスター大聖堂」

IMG_1443_convert_20210118043659.jpg

過去記事一覧
↓↓↓
カワイイ&ステキの宝庫!ブリュッセル「ジュ ド バル広場の蚤の市」

老舗デパート「マークス&スペンサー」でイギリスらしいお土産を

クイーン オブ イギリス土産!スーパーで買える紅茶4選

泊まれるアンティーク博物館!イギリス「ウォルポール・ベイ・ホテル」

イギリスのビーチリゾート「マーゲイト」街歩き&アンティークガイド

絶景!ケントの海岸を歩く イギリス「バイキング・コースタル・トライアル」

ビーチリゾート「ブライトン」で満喫するイギリスの夏

ポルトガル「ブラガ」歴史ある教会とバロック建築めぐり

ロンドン「キューガーデン」歴史と伝統を誇る由緒ある植物園

空港から徒歩5分!ポルトガル「ソラール アンティゴ ポルト アエロポルト」

教会にお泊り!ポルトガル「ヴィラ ガーレ コレクション ブラガ」

イギリス世界遺産「バース市街」絶対に外せない4大名所

ポルトガル領マデイラ島「フンシャル」1日観光モデルコース

ポルトガル発祥の地「ギマランイス」世界遺産の街で絶対外せない4大名所

ポルトガルの古都「ブラガ」聖地と宮殿をめぐる1日観光モデルコース

ロンドンでテムズ川クルーズ「サザーク」半日観光モデルコース

ブラガ「ボン・ジェズス・ド・モンテ聖域」ポルトガルの巡礼地

空港直結「ハンプトン バイ ヒルトン ロンドン ガトウィック エアポート」

「モンテ宮殿熱帯植物園」ポルトガル領マデイラ島の理想郷

ポルトガル領マデイラ島「ポルト マーレ ポルト ベイ」で南国リゾートを満喫

花と緑の競演!ポルトガル領マデイラ島「マデイラ植物園」

ポルトガル領マデイラ島「フンシャル」で過ごすカラフルな休日

花盛りロンドン!ピクニックもできるお花見スポット4選

「ヘンリエッタ ハウス」イギリス世界遺産の街バースの心地よいホテル

「ローマン・バス」イギリス世界遺産の街バース最大の見どころ

街歩き&名物バンに挑戦!イギリス「バース」王道観光1日モデルコース

イギリスの城下町「ルイス」アンティークハントと歴史をたどる旅

中世 騎士の館 ポルトガル「ホテル レアル D オビドス」

短時間で「リスボン」を満喫!旧市街名所&グルメコース

白雪姫城のモデル!スペイン セゴビア「アルカサル」の絶景スポット

海洋生物から学ぶ未来への遺産「リスボン水族館」

地下鉄駅から徒歩1分!「ホテル フェニックス リスボン」

リスボン「泥棒市」心ときめく蚤の市で宝探し!

「オビドス」青と黄色に彩られるポルトガルで最も美しい村

ロンドン「オスタリーパーク」イングリッシュブルーベルの群生地

顧客は女王様!イギリスのスーパー「ウェイトローズ」は王室御用達

セゴビア三大名所から徒歩圏内「ホテル パラシオサンファクンド」

「ロンドン・ドックランズ博物館」その名を馳せた埠頭の過去と現在

スペイン「セゴビア」知られざる教会と秘宝を有する修道院

スペイン世界遺産「セゴビア旧市街」絶対に外せない三大名所

港町「ヘイスティングス」英国が誇る美しいビーチと町並み

マルタ共和国 海辺のリゾート・スリーマの高級ホテル「ザ・パレス」

マルタ共和国「イムディーナ」古都の雅を今に伝える城壁の町

もうマズイなんて言わせない!パブで味わう三大「イギリス料理」

英国ストラトフォード・アポン・エイボン「メアリー・アーデンの家」シェイクスピアの母を育んだ農場

マルタ共和国の首都「ヴァレッタ」街全体が世界遺産の要塞都市

キラキラと輝く青の宝石!マルタ共和国「スリーマ」の海岸線

キーワードは最小限&使い捨て!海外旅行の荷物を減らすコツ

ロンドン「大英博物館」で垂涎のアンティーク食器と出会う

イギリスの味覚に挑戦!「すっぱおいしい」お土産3選

英国で中世の建築にふれる旅 シェイクスピアの故郷「ストラトフォード・アポン・エイボン」

「シティ・オブ・ロンドン」歴史が凝縮されたロンドン最古の場所

これぞイギリス土産!「ミスター・キプリング」のおもてなしスイーツ

下町ロンドンにある「ベーグル・ベイク」は早い安い旨いが基本!

スペインの古都「トレド」で教会めぐり 異文化が融合するエキゾチックな空間

ロンドン「V&A 子ども博物館」で懐かしのレトロ&ヴィンテージおもちゃに出会える

スペイン「トレド」中世で歩みを止めた異国情緒漂う世界遺産の街

スペイン「ホテル セルコテル サン フアン デ ロス レイエス」古都トレドの風格あるホテル

駆け足でも見ごたえ充分!ロンドン「大英博物館」攻略法

ロンドン「ジェフリー博物館」アンティーク家具に見るインテリアの歴史400年

ヘンリー8世に出会える!ロンドン郊外「ハンプトン・コート宮殿」で英国の歴史にふれる

「東ロンドン」は日曜日がおもしろい!マーケットとエスニックグルメを満喫

ロンドン郊外ケンプトン「サンバリー・アンティーク・マーケット」で大満足!攻略法を一挙大公開

英国「ストラトフォード・アポン・エイボン」シェイクスピアが愛した街を歩く

ロンドン ケンジントン宮殿でいただく「アフタヌーンティー」オランジュリーで過ごす優雅なひと時

シェイクスピアを育んだ街 英国「ストラトフォード・アポン・エイボン」

「ファルコン ホテル」英国ストラトフォード・アポン・エイボンに現存する中世の旅籠

ロンドン「バラマーケット」で実感 オーガニック先進国イギリスの「食」へのこだわり

ロンドン郊外「リッチモンド」テムズ川と美しい緑の空間を満喫

ロンドン随一の蚤の市「チズウィック・カーブーツセール」で掘り出し物を見つけよう

イギリス土産の決定版!ティータイムを彩る定番ビスケット5選

舞台はロンドン!名探偵「シャーロック・ホームズ」の軌跡を追え

ウィリアム王子が暮らすロンドン「ケンジントン宮殿」ヴィクトリア女王ゆかりの地

ロンドンに現存する最古の教会「聖バーソロミュー・ザ・グレート教会」

ロンドンの歴史が全てわかる「ロンドン博物館」でヴィクトリア朝にタイムスリップ

ロンドンでアンティーク三昧 掘り出し物が必ず見つかるマーケットめぐり

中世の趣が残るロンドン「ザ・テンプル」ダ・ヴィンチ・コードの舞台としても知られる歴史ある場所

ロンドン「シャーロック・ホームズ博物館」ヴィクトリア朝の香りが漂う シャーロキアンの聖地

中世の面影を今に残す街 築600年の旅籠が現存する 英国「ライ」の魅力

ポルトガル 世界遺産の街「シントラ」アラブの面影が色濃く残るエキゾチックな場所

ポルトガル旅行のベストシーズンは?気候や服装についても解説

マルタ島旅行のベストシーズンは?気候や服装についても解説

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

夕暮れのバッキンガム宮殿

先日、久しぶりにメールの交換をした若い知り合いが仕事がキツイと嘆いていました。
彼はおっとりとしていながらも前向きで、普段は弱音を吐くなどということは考えられないほど明るい性格なので、とても驚きました。
2年前の4月に新卒で希望の職種に就きまししたが、楽ではないようです。
こんなことしか言えなくて申し訳ないけれども、どんな仕事に就いたとしても最初の数年は大変だよねと、私は彼に言いました。

DSC06467_convert_20200301232008.jpg

バッキンガム宮殿に縁の深いお二方にもできれば同じことを言いたかったです。
彼らの決断に反論する気持ちはありません。
若い二人が新しい可能性に掛けてみたいというのなら、そうすればよいと思います。
ただ、その決断に至った理由が王室での生活に耐えられなかったというのなら、それはどうかと思うのです。
好きな人と結婚するということが何を意味するのかを、奥様の方は理解したうえで受け入れたのではなかったのでしょうか。

DSC06457_convert_20200301231920.jpg

人種差別に苦しんだと聞きます。
人種差別をするような人は許せません。
許してはいけません。
ただ、キャサリン妃も結婚当初は母方の家系が労働者階級に属していたことで随分とひどいことも言われていたようでした。
最近あまりそのような声を聞かなくなったのは、彼女が王室の一員として認められるように努力した結果だと私は思います。

DSC06468_convert_20200301232143.jpg

メーガンさんにも、逆境を乗り越えて頑張ってほしかったとの残念な気持ちを拭えません。
外国からイギリス王室に嫁ぐ勇気があるのなら、無知で厚顔で恥知らずな大衆を笑って許してあげるくらいの気概がほしかったです。
かわいい孫の決断に高齢の女王様はさぞかし心を痛めたでしょうが、彼らにとって厳しく、そして公正な決断を下されました。
それでこそ女王様です。
ワクチンも接種されたと聞きます。
コロナに負けず、今年も女王様のご活躍にご期待申し上げます。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ウィリアム王子が暮らすロンドン「ケンジントン宮殿」ヴィクトリア女王ゆかりの地

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

スポンサーリンク

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

LINE トラベルjp

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

ブログ村読者登録

ロンドン発 -庶民的生活- - にほんブログ村

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (268)
プロパティーラダー (25)
年中行事 (16)
博物館めぐり (32)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (86)
ふらっとイギリス (112)
安くておいしい (252)
お茶のはなし (22)
エコライフ (28)
花鳥風月 (71)
掘出物 (36)
ヴィンテージ (101)
日本とイギリス (15)
病院通い (54)
書物に親しむ (18)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (276)
フランス (26)
イタリア (25)
スペイン (50)
ポルトガル (99)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (24)
オーストリア (12)
たびねす (5)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーリンク