FC2ブログ

2020-01

ロンドン&近郊都市観光に

イギリス旅行を計画するとき、大抵の方はロンドンに行こうと思うのではないでしょうか。このブログでもご紹介しているように、ロンドンには訪れるべきたくさんの場所があります。ロンドンには一度行ったことがある方や、近郊にある都市も訪れてみたいという方には、街全体が世界遺産に登録されているバースがおすすめです。列車で1時間半ほどとアクセスもよく、日帰りもできます。「ローマ浴場博物館」やジョージ王朝時代の建物が数多く残る美しい街並みが魅力です。

「LINE トラベルjp」 に記事をアップしました。
よろしければご覧ください。
↓↓↓
イギリス世界遺産「バース市街」絶対に外せない4大名所

IMG_7621_convert_20200127021941.jpg

過去記事一覧
↓↓↓
教会にお泊り!ポルトガル「ヴィラ ガーレ コレクション ブラガ」

ポルトガル領マデイラ島「フンシャル」1日観光モデルコース

ポルトガル発祥の地「ギマランイス」世界遺産の街で絶対外せない4大名所

ポルトガルの古都「ブラガ」聖地と宮殿をめぐる1日観光モデルコース

ロンドンでテムズ川クルーズ「サザーク」半日観光モデルコース

ブラガ「ボン・ジェズス・ド・モンテ聖域」ポルトガルの巡礼地

空港直結「ハンプトン バイ ヒルトン ロンドン ガトウィック エアポート」

「モンテ宮殿熱帯植物園」ポルトガル領マデイラ島の理想郷

ポルトガル領マデイラ島「ポルト マーレ ポルト ベイ」で南国リゾートを満喫

花と緑の競演!ポルトガル領マデイラ島「マデイラ植物園」

ポルトガル領マデイラ島「フンシャル」で過ごすカラフルな休日

花盛りロンドン!ピクニックもできるお花見スポット4選

「ヘンリエッタ ハウス」イギリス世界遺産の街バースの心地よいホテル

「ローマン・バス」イギリス世界遺産の街バース最大の見どころ

街歩き&名物バンに挑戦!イギリス「バース」王道観光1日モデルコース

イギリスの城下町「ルイス」アンティークハントと歴史をたどる旅

中世 騎士の館 ポルトガル「ホテル レアル D オビドス」

短時間で「リスボン」を満喫!旧市街名所&グルメコース

白雪姫城のモデル!スペイン セゴビア「アルカサル」の絶景スポット

海洋生物から学ぶ未来への遺産「リスボン水族館」

地下鉄駅から徒歩1分!「ホテル フェニックス リスボン」

リスボン「泥棒市」心ときめく蚤の市で宝探し!

「オビドス」青と黄色に彩られるポルトガルで最も美しい村

ロンドン「オスタリーパーク」イングリッシュブルーベルの群生地

顧客は女王様!イギリスのスーパー「ウェイトローズ」は王室御用達

セゴビア三大名所から徒歩圏内「ホテル パラシオサンファクンド」

「ロンドン・ドックランズ博物館」その名を馳せた埠頭の過去と現在

スペイン「セゴビア」知られざる教会と秘宝を有する修道院

スペイン世界遺産「セゴビア旧市街」絶対に外せない三大名所

港町「ヘイスティングス」英国が誇る美しいビーチと町並み

マルタ共和国 海辺のリゾート・スリーマの高級ホテル「ザ・パレス」

マルタ共和国「イムディーナ」古都の雅を今に伝える城壁の町

もうマズイなんて言わせない!パブで味わう三大「イギリス料理」

英国ストラトフォード・アポン・エイボン「メアリー・アーデンの家」シェイクスピアの母を育んだ農場

マルタ共和国の首都「ヴァレッタ」街全体が世界遺産の要塞都市

キラキラと輝く青の宝石!マルタ共和国「スリーマ」の海岸線

キーワードは最小限&使い捨て!海外旅行の荷物を減らすコツ

ロンドン「大英博物館」で垂涎のアンティーク食器と出会う

イギリスの味覚に挑戦!「すっぱおいしい」お土産3選

英国で中世の建築にふれる旅 シェイクスピアの故郷「ストラトフォード・アポン・エイボン」

「シティ・オブ・ロンドン」歴史が凝縮されたロンドン最古の場所

これぞイギリス土産!「ミスター・キプリング」のおもてなしスイーツ

下町ロンドンにある「ベーグル・ベイク」は早い安い旨いが基本!

スペインの古都「トレド」で教会めぐり 異文化が融合するエキゾチックな空間

ロンドン「V&A 子ども博物館」で懐かしのレトロ&ヴィンテージおもちゃに出会える

スペイン「トレド」中世で歩みを止めた異国情緒漂う世界遺産の街

スペイン「ホテル セルコテル サン フアン デ ロス レイエス」古都トレドの風格あるホテル

駆け足でも見ごたえ充分!ロンドン「大英博物館」攻略法

ロンドン「ジェフリー博物館」アンティーク家具に見るインテリアの歴史400年

ヘンリー8世に出会える!ロンドン郊外「ハンプトン・コート宮殿」で英国の歴史にふれる

「東ロンドン」は日曜日がおもしろい!マーケットとエスニックグルメを満喫

ロンドン郊外ケンプトン「サンバリー・アンティーク・マーケット」で大満足!攻略法を一挙大公開

英国「ストラトフォード・アポン・エイボン」シェイクスピアが愛した街を歩く

ロンドン ケンジントン宮殿でいただく「アフタヌーンティー」オランジュリーで過ごす優雅なひと時

シェイクスピアを育んだ街 英国「ストラトフォード・アポン・エイボン」

「ファルコン ホテル」英国ストラトフォード・アポン・エイボンに現存する中世の旅籠

ロンドン「バラマーケット」で実感 オーガニック先進国イギリスの「食」へのこだわり

ロンドン郊外「リッチモンド」テムズ川と美しい緑の空間を満喫

ロンドン随一の蚤の市「チズウィック・カーブーツセール」で掘り出し物を見つけよう

イギリス土産の決定版!ティータイムを彩る定番ビスケット5選

舞台はロンドン!名探偵「シャーロック・ホームズ」の軌跡を追え

ウィリアム王子が暮らすロンドン「ケンジントン宮殿」ヴィクトリア女王ゆかりの地

ロンドンに現存する最古の教会「聖バーソロミュー・ザ・グレート教会」

ロンドンの歴史が全てわかる「ロンドン博物館」でヴィクトリア朝にタイムスリップ

ロンドンでアンティーク三昧 掘り出し物が必ず見つかるマーケットめぐり

中世の趣が残るロンドン「ザ・テンプル」ダ・ヴィンチ・コードの舞台としても知られる歴史ある場所

ロンドン「シャーロック・ホームズ博物館」ヴィクトリア朝の香りが漂う シャーロキアンの聖地

中世の面影を今に残す街 築600年の旅籠が現存する 英国「ライ」の魅力

ポルトガル 世界遺産の街「シントラ」アラブの面影が色濃く残るエキゾチックな場所

ポルトガル旅行のベストシーズンは?気候や服装についても解説

マルタ島旅行のベストシーズンは?気候や服装についても解説

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

スポンサーサイト



洗濯機でウールのスーツを洗ってみた

平日は、スーツ姿のことが多い私。洗濯機で洗える化繊の物を意識的に購入していますが、2着だけはドライクリーニングオンリー。1着は特別な日にしか着用しない礼服で、汚れたら素直にクリーニングに出します。もう1着は、デザイン重視で買った物。素材のことなどあまり気にしていませんでしたが、ウールマークがついました。そんなに高価なものでもなかったので、以下の注意点を守り、実験的に洗濯機で洗ってみました。

1.洗濯ネットを使用する
2.ウール、または、オシャレ着洗い用の中性洗剤を使用する
3.ウール、または、デリケート衣類を洗うコースを選ぶ

woolmark_00_convert_20191014034500.png

縮まないか少し心配だったので、裏地を表にした状態で洗濯ネットに入れて洗いました。脱水も洗濯機でしましたが、仕上がりは上々。縮むこともなく上手に洗えました。ただ、裏返して洗ったので首周りの汚れ落ちがイマイチ(2回目は汚れている部分を先に手洗いしたので、1回目よりはきれいになりました)。2回洗ってみて、極端な色落ちや縮みがほとんどないということがわかったので、次回は、裏返さないで洗ってみようかなと思います。クリーニング代の節約になりました。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ポルトガル領マデイラ島「フンシャル」1日観光モデルコース


読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


和風キムチができちゃった

中国では、日本とは異なり元日ではなく旧暦の正月をお祝いします。そのため、チャイニーズニューイヤー(旧正月)が近づくと、チャイナタウンをはじめとする中国系の人々が集う場所には祝祭ムードが漂います。マサラ御用達のスーパー Morrisons(モリソンズ)でも、中国野菜3点で2ポンドセールが行われていました。普段は1個1ポンド20ペンスの白菜も対象になっていたので、白菜を3個選んで(他の野菜と組み合わせてもよかったのですが)ほくほく帰ってきました。

s_IMG_0329.jpg
韓国レストランのキムチ 私の作るものとは比べ物にならないほどおいしいです。

キムチを作るぞと意気込んで1個を丸ごとカットしました。そうしたらなんと、塩が少ししか残っていなかったのです。ブリティッシュ・エアウェイズと書かれた袋(機内食の塩をいただいてきました)なんかも開け、家中にある塩全てを使いましたがどうにも足りず、仕方なく和風だしの顆粒も加えて塩もみしました。そうしたらようやく水が出てきてなんとかキムチが作れました。だしが入っているせいか、味見をしてみるとほんのり和風のキムチができちゃいました。偶然の産物でしたが、悪くない味でしたよ。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ポルトガル領マデイラ島「フンシャル」で過ごすカラフルな休日


読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


バッタもんやあらへんで

ネットで甥のためのクリスマスプレゼントを探しているときに相棒が見つけたキャップです。これいいんじゃないと、サイトを見せられた時 NIKI の製品なのだと早合点してしまいましたが、よく見ると「Niwaki 庭木」と書かれています。有名ブランドの類似品?との疑いを持ちながら、Niwaki についてサーチすると、日本からガーデニング製品を輸入しつつ、オリジナル製品も手掛けるイギリスの会社でした。しかも社長の奥様は日本人。失礼いたしました。

IMG_1807_convert_20191229044720.jpg

Kew Gardens(キューガーデン)のサイトで見つけてショップまで足を運んで購入しましたが、公式サイトからも購入できるようです(そちらのほうが安かったことに買ってから気が付きました)。甥も気に入ってくれたようで、よかったです。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ロンドン ケンジントン宮殿でいただく「アフタヌーンティー」オランジュリーで過ごす優雅なひと時


読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


イギリス人の味覚って

スコーンを焼いたのでストロベリージャムを購入しました。特にこだわりもなく、食料品の買い出しに行く Morrisons(モリソンズ)で特売していたスコットランド産 Mackays Strawberry Preserve(マッケイ・ストロベリー・プリザーブ)を選びました。スコーンと一緒に食べるとそれほど気になりませんでしたが、ジャム自体の甘いことといったら!まるで砂糖を食べているかのようです。イチゴより混ぜ物の方が多いのか、ぼてっとしています。
png.png
1938年創業の老舗 Mackays 公式サイトより写真を拝借しました。

次の週、同じくモリソンズで日本でもお馴染みボンヌママンのジャムが特売になっていたのでそちらも購入しました。マッケイのものよりも少し値がはりますが、さすがフランス産だけあってフルーティーで甘さが上品。「味が全く違うよね」という話をしながら相棒と食べ比べをしました。どちらが好きかということになり、二人で同時に好きな方を指さしました。私は一ミリの迷いもなくボンヌママンに一票。そして相棒は一直線にマッケイの方に指を向けました。そんな相棒を見て笑いが止まらなくなる私。これが、ボンヌママンよりおいしいと?

マッカイ ストロベリーシャンパン(340g)【マッカイ】

イギリスの食べ物はマズイとか言われていますが、イギリス人は、自分たちがおいしいと思うものをただ純粋につくっているだけなのだということに気づき深く納得しました。どんなに激甘か試してみたい方は、↑上のサイトから購入できます。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ロンドンでテムズ川クルーズ「サザーク」半日観光モデルコース

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


美しい南国教会

マデイラ島最大の都市フンシャルは、どちらかというとのんびりとした雰囲気の熟年向け観光地。植物園やマーケットがあり、イギリス人やドイツ人のおじいちゃんおばあちゃんに人気の場所です。

IMG_8240_convert_20190512182802.jpg

そんなフンシャルにも、若者が好みそうなアーティスティックな場所がありました。Zona Velha(ゾーナ・ヴェーリャ)一帯には、アーティストたちがそれぞれの感性でペイントした200を超えるドアが並んでいます。フンシャル最古の街路として知られる Rua de Santa Maria(サンタ・マリア通り)がその中心。

IMG_8257_convert_20190512182902.jpg

15世紀に建てられたという Capela de Corpo Santo は、地元の漁師たちが祈りのために集った小さな教会。シンプルな白壁の外観の教会は、とても小さいですが、素朴な人々が拠り所にしてきたであろう温かみが感じられます。

ゾーナ・ヴェーリャを含むフンシャルの名所を1日でめぐるモデルコースを紹介した記事を
「LINE トラベルjp」 に記事をアップしました。
よろしければご覧ください。
↓↓↓
ポルトガル領マデイラ島「フンシャル」1日観光モデルコース

IMG_8251_convert_20190509040124.jpg

過去記事一覧
↓↓↓
ポルトガル発祥の地「ギマランイス」世界遺産の街で絶対外せない4大名所

イギリス世界遺産「バース市街」絶対に外せない4大名所

ポルトガルの古都「ブラガ」聖地と宮殿をめぐる1日観光モデルコース

ロンドンでテムズ川クルーズ「サザーク」半日観光モデルコース

ブラガ「ボン・ジェズス・ド・モンテ聖域」ポルトガルの巡礼地

空港直結「ハンプトン バイ ヒルトン ロンドン ガトウィック エアポート」

「モンテ宮殿熱帯植物園」ポルトガル領マデイラ島の理想郷

ポルトガル領マデイラ島「ポルト マーレ ポルト ベイ」で南国リゾートを満喫

花と緑の競演!ポルトガル領マデイラ島「マデイラ植物園」

ポルトガル領マデイラ島「フンシャル」で過ごすカラフルな休日

花盛りロンドン!ピクニックもできるお花見スポット4選

「ヘンリエッタ ハウス」イギリス世界遺産の街バースの心地よいホテル

「ローマン・バス」イギリス世界遺産の街バース最大の見どころ

街歩き&名物バンに挑戦!イギリス「バース」王道観光1日モデルコース

イギリスの城下町「ルイス」アンティークハントと歴史をたどる旅

中世 騎士の館 ポルトガル「ホテル レアル D オビドス」

短時間で「リスボン」を満喫!旧市街名所&グルメコース

白雪姫城のモデル!スペイン セゴビア「アルカサル」の絶景スポット

海洋生物から学ぶ未来への遺産「リスボン水族館」

地下鉄駅から徒歩1分!「ホテル フェニックス リスボン」

リスボン「泥棒市」心ときめく蚤の市で宝探し!

「オビドス」青と黄色に彩られるポルトガルで最も美しい村

ロンドン「オスタリーパーク」イングリッシュブルーベルの群生地

顧客は女王様!イギリスのスーパー「ウェイトローズ」は王室御用達

セゴビア三大名所から徒歩圏内「ホテル パラシオサンファクンド」

「ロンドン・ドックランズ博物館」その名を馳せた埠頭の過去と現在

スペイン「セゴビア」知られざる教会と秘宝を有する修道院

スペイン世界遺産「セゴビア旧市街」絶対に外せない三大名所

港町「ヘイスティングス」英国が誇る美しいビーチと町並み

マルタ共和国 海辺のリゾート・スリーマの高級ホテル「ザ・パレス」

マルタ共和国「イムディーナ」古都の雅を今に伝える城壁の町

もうマズイなんて言わせない!パブで味わう三大「イギリス料理」

英国ストラトフォード・アポン・エイボン「メアリー・アーデンの家」シェイクスピアの母を育んだ農場

マルタ共和国の首都「ヴァレッタ」街全体が世界遺産の要塞都市

キラキラと輝く青の宝石!マルタ共和国「スリーマ」の海岸線

キーワードは最小限&使い捨て!海外旅行の荷物を減らすコツ

ロンドン「大英博物館」で垂涎のアンティーク食器と出会う

イギリスの味覚に挑戦!「すっぱおいしい」お土産3選

英国で中世の建築にふれる旅 シェイクスピアの故郷「ストラトフォード・アポン・エイボン」

「シティ・オブ・ロンドン」歴史が凝縮されたロンドン最古の場所

これぞイギリス土産!「ミスター・キプリング」のおもてなしスイーツ

下町ロンドンにある「ベーグル・ベイク」は早い安い旨いが基本!

スペインの古都「トレド」で教会めぐり 異文化が融合するエキゾチックな空間

ロンドン「V&A 子ども博物館」で懐かしのレトロ&ヴィンテージおもちゃに出会える

スペイン「トレド」中世で歩みを止めた異国情緒漂う世界遺産の街

スペイン「ホテル セルコテル サン フアン デ ロス レイエス」古都トレドの風格あるホテル

駆け足でも見ごたえ充分!ロンドン「大英博物館」攻略法

ロンドン「ジェフリー博物館」アンティーク家具に見るインテリアの歴史400年

ヘンリー8世に出会える!ロンドン郊外「ハンプトン・コート宮殿」で英国の歴史にふれる

「東ロンドン」は日曜日がおもしろい!マーケットとエスニックグルメを満喫

ロンドン郊外ケンプトン「サンバリー・アンティーク・マーケット」で大満足!攻略法を一挙大公開

英国「ストラトフォード・アポン・エイボン」シェイクスピアが愛した街を歩く

ロンドン ケンジントン宮殿でいただく「アフタヌーンティー」オランジュリーで過ごす優雅なひと時

シェイクスピアを育んだ街 英国「ストラトフォード・アポン・エイボン」

「ファルコン ホテル」英国ストラトフォード・アポン・エイボンに現存する中世の旅籠

ロンドン「バラマーケット」で実感 オーガニック先進国イギリスの「食」へのこだわり

ロンドン郊外「リッチモンド」テムズ川と美しい緑の空間を満喫

ロンドン随一の蚤の市「チズウィック・カーブーツセール」で掘り出し物を見つけよう

イギリス土産の決定版!ティータイムを彩る定番ビスケット5選

舞台はロンドン!名探偵「シャーロック・ホームズ」の軌跡を追え

ウィリアム王子が暮らすロンドン「ケンジントン宮殿」ヴィクトリア女王ゆかりの地

ロンドンに現存する最古の教会「聖バーソロミュー・ザ・グレート教会」

ロンドンの歴史が全てわかる「ロンドン博物館」でヴィクトリア朝にタイムスリップ

ロンドンでアンティーク三昧 掘り出し物が必ず見つかるマーケットめぐり

中世の趣が残るロンドン「ザ・テンプル」ダ・ヴィンチ・コードの舞台としても知られる歴史ある場所

ロンドン「シャーロック・ホームズ博物館」ヴィクトリア朝の香りが漂う シャーロキアンの聖地

中世の面影を今に残す街 築600年の旅籠が現存する 英国「ライ」の魅力

ポルトガル 世界遺産の街「シントラ」アラブの面影が色濃く残るエキゾチックな場所

ポルトガル旅行のベストシーズンは?気候や服装についても解説

マルタ島旅行のベストシーズンは?気候や服装についても解説

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


きらきらカップ

このシャイニーカップを見つけたとき、ファイヤーキングのピーチラスターに違いないと思いました。しかしながら、手にとってよく見てみるとメキシコの Termocrisa(ターモクリサ) というメーカーの製品らしいことがわかりました。どうやら本家本元の類似品をつくっていた会社のようです。

IMG_1565_convert_20191102034858.jpg

このような書き方をすると悪意があるように思われてしまいそうですが、流行を取り入れようとすると、どうしても似たようなデザインになってしまうのはある程度は致し方がないこと。もちろん、他にもいろいろなパターンのミルクグラス製品を製造していたようです。ちょっとやりすぎかなという気がしないでもないですが、私はこのターモクリサのカップがとても好きです。ファイヤーキングよりも薄くて軽いところ、きらきら度が高いところがポイントです。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ポルトガル領マデイラ島「フンシャル」で過ごすカラフルな休日


読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

スポンサーリンク

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

LINE トラベルjp

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (84)
年中行事 (12)
博物館めぐり (32)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (58)
ふらっとイギリス (44)
安くておいしい (106)
お茶のはなし (18)
エコライフ (24)
花鳥風月 (41)
掘出物 (34)
ヴィンテージ (86)
日本とイギリス (15)
書物に親しむ (18)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (245)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (50)
ポルトガル (90)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

旅に行くならRakuten

買い物もRakuten

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR