FC2ブログ

2018-11

アルバムにハッピーバースデー

遺品整理のために一時帰国しました。リサイクルショップや親戚・知人に引き取ってもらうなどして、なるべく物を捨てないように家の整理をしましたが、物を処分するうえで厄介なのは「思い出深い物」の存在ということを思い知らされました。日本国内に住んでいたなら何の問題にもならない物でも、海を渡るとなると、どうしたものかと頭を抱えてしまいます。

その最たるものはアルバム。私は写真だけを持ち帰りましたが、台紙から写真を外すのは想像以上にキツイ作業でした。物理的にはがすのが困難だったことに加えて、後々見られるようにとつくられた物をあえて解体するのは、心理的にも辛いものがありました。データ化するのが賢い方法なのかもしれませんが、私はあえて写真を持ち帰りました。

次に、誰かに使ってほしいと思うけれども、誰もいらないだろうという物。私の場合は、ハッピーバースデーのオルゴール付きケーキ台。家族の誕生日に丸いケーキを買って、その上に載せてお祝した思い出の品。イギリスに持ち帰るには重すぎるし、持ってきたところで使う機会もありません。

誰ももらってくれなかったけれども、捨てる気にもなれず。全く、どうしたらよいものか。整理していくうちに、こういう物がたくさん出てくるのでしょう。まだまだ先は長そうです。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ロンドン「V&A 子ども博物館」で懐かしのレトロ&ヴィンテージおもちゃに出会える

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


スポンサーサイト

ルイスでアンティーク

最近、私好みのヴィンテージ食器や雑貨をあまり見かけなくなりました。アンティークやヴィンテージにも流行があるようで、ちょっぴりさびしく思っていましたが、アンティークの街として知られるルイスではまだまだ健在でした。日本から買いつけにやって来るバイヤーさんたちも、他であまり収穫がなかったときにはルイスに行くそうですよ。

「LINE トラベルjp」 に記事をアップしました。
よろしければご覧ください。
↓↓↓
イギリスの城下町「ルイス」アンティークハントと歴史をたどる旅

DSC01225_convert_20181117214716.jpg

過去記事一覧
↓↓↓
街歩き&名物バンに挑戦!イギリス「バース」王道観光1日モデルコース

中世 騎士の館 ポルトガル「ホテル レアル D オビドス」

短時間で「リスボン」を満喫!旧市街名所&グルメコース

白雪姫城のモデル!スペイン セゴビア「アルカサル」の絶景スポット

海洋生物から学ぶ未来への遺産「リスボン水族館」

地下鉄駅から徒歩1分!「ホテル フェニックス リスボン」

リスボン「泥棒市」心ときめく蚤の市で宝探し!

「オビドス」青と黄色に彩られるポルトガルで最も美しい村

ロンドン「オスタリーパーク」イングリッシュブルーベルの群生地

顧客は女王様!イギリスのスーパー「ウェイトローズ」は王室御用達

セゴビア三大名所から徒歩圏内「ホテル パラシオサンファクンド」

「ロンドン・ドックランズ博物館」その名を馳せた埠頭の過去と現在

スペイン「セゴビア」知られざる教会と秘宝を有する修道院

スペイン世界遺産「セゴビア旧市街」絶対に外せない三大名所

港町「ヘイスティングス」英国が誇る美しいビーチと町並み

マルタ共和国 海辺のリゾート・スリーマの高級ホテル「ザ・パレス」

マルタ共和国「イムディーナ」古都の雅を今に伝える城壁の町

もうマズイなんて言わせない!パブで味わう三大「イギリス料理」

英国ストラトフォード・アポン・エイボン「メアリー・アーデンの家」シェイクスピアの母を育んだ農場

マルタ共和国の首都「ヴァレッタ」街全体が世界遺産の要塞都市

キラキラと輝く青の宝石!マルタ共和国「スリーマ」の海岸線

キーワードは最小限&使い捨て!海外旅行の荷物を減らすコツ

ロンドン「大英博物館」で垂涎のアンティーク食器と出会う

イギリスの味覚に挑戦!「すっぱおいしい」お土産3選

英国で中世の建築にふれる旅 シェイクスピアの故郷「ストラトフォード・アポン・エイボン」

「シティ・オブ・ロンドン」歴史が凝縮されたロンドン最古の場所

これぞイギリス土産!「ミスター・キプリング」のおもてなしスイーツ

下町ロンドンにある「ベーグル・ベイク」は早い安い旨いが基本!

スペインの古都「トレド」で教会めぐり 異文化が融合するエキゾチックな空間

ロンドン「V&A 子ども博物館」で懐かしのレトロ&ヴィンテージおもちゃに出会える

スペイン「トレド」中世で歩みを止めた異国情緒漂う世界遺産の街

スペイン「ホテル セルコテル サン フアン デ ロス レイエス」古都トレドの風格あるホテル

駆け足でも見ごたえ充分!ロンドン「大英博物館」攻略法

ロンドン「ジェフリー博物館」アンティーク家具に見るインテリアの歴史400年

ヘンリー8世に出会える!ロンドン郊外「ハンプトン・コート宮殿」で英国の歴史にふれる

「東ロンドン」は日曜日がおもしろい!マーケットとエスニックグルメを満喫

ロンドン郊外ケンプトン「サンバリー・アンティーク・マーケット」で大満足!攻略法を一挙大公開

英国「ストラトフォード・アポン・エイボン」シェイクスピアが愛した街を歩く

ロンドン ケンジントン宮殿でいただく「アフタヌーンティー」オランジュリーで過ごす優雅なひと時

シェイクスピアを育んだ街 英国「ストラトフォード・アポン・エイボン」

「ファルコン ホテル」英国ストラトフォード・アポン・エイボンに現存する中世の旅籠

ロンドン「バラマーケット」で実感 オーガニック先進国イギリスの「食」へのこだわり

ロンドン郊外「リッチモンド」テムズ川と美しい緑の空間を満喫

ロンドン随一の蚤の市「チズウィック・カーブーツセール」で掘り出し物を見つけよう

イギリス土産の決定版!ティータイムを彩る定番ビスケット5選

舞台はロンドン!名探偵「シャーロック・ホームズ」の軌跡を追え

ウィリアム王子が暮らすロンドン「ケンジントン宮殿」ヴィクトリア女王ゆかりの地

ロンドンに現存する最古の教会「聖バーソロミュー・ザ・グレート教会」

ロンドンの歴史が全てわかる「ロンドン博物館」でヴィクトリア朝にタイムスリップ

ロンドンでアンティーク三昧 掘り出し物が必ず見つかるマーケットめぐり

中世の趣が残るロンドン「ザ・テンプル」ダ・ヴィンチ・コードの舞台としても知られる歴史ある場所

ロンドン「シャーロック・ホームズ博物館」ヴィクトリア朝の香りが漂う シャーロキアンの聖地

中世の面影を今に残す街 築600年の旅籠が現存する 英国「ライ」の魅力

ポルトガル 世界遺産の街「シントラ」アラブの面影が色濃く残るエキゾチックな場所

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


ザビエル様に再会したけれど

以前、ポルトに行ったときに購入したのど飴。ロンドンに戻ってきてからそのパッケージの男性が、日本との関係も深いフランシスコ・ザビエルだということを知りました。いくつかのフレーバーがありましたが、買ったのは2つだけ。ザビエル様だと知っていたら全種類制覇したのに!

IMG_5966_convert_20180325191110.jpg

その後シントラを訪れましたがそこでは見つけられず、今回のオビドスにも、リスボンのスーパーにもありませんでした。半ば諦めかけていましたが、最終日に行った Mercado da Ribeira(リベイラ市場)にある雑貨屋さんで見つけました。ここを以前観光したときにはなかったおしゃれなフードコートができていたことにも驚きましたが、フライトの数時間前にザビエル様に再会できたことに、とてもびっくり。

IMG_5934_convert_20180403181716.jpg

今回は、レモンミント、ストロベリーミント、オレンジミントフレーバーの3種類を購入しましたが、ポルトで買ったシンプルなユーカリミントフレーバーのほうが格段においしかったです。ミントにフルーツのフレーバーは余計かもしれません。

IMG_5792_convert_20180430020210.jpg

結局、ザビエル様が見つからないと諦めてスーパーで事前に購入してあった Dr. Bayard(ドクトル・バヤード)のミントフレーバーののど飴がいちばんおいしかったというオチがついてしまいました。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
これぞイギリス土産!「ミスター・キプリング」のおもてなしスイーツ

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


遺品整理

こんな日がくることを頭の片隅では覚悟していましたが、予想していたより随分と早かったことを悲しく思いながら、実家に帰って母の遺品整理をしました。

私も人のことは言えませんが、母も物をためこむタイプで、棚や引き出しを開ければ、ありとあらゆる物が出てくる出てくる。小さなスペースにたくさんの物を上手に収納していた母。私の特技は、整理整頓と言ってはばかりませんが、これは母親の血だと確信しました。

私と母とは服の好みが全く違っていましたが、母の残した衣類の中からよさそうなスカートやTシャツを見つけました。タグを見るとどれもイギリス製品。どうやら、私が母に贈った物のようです。結局、服に限らず処分を免れた物の多くは、私が母にプレゼントした物か、実家に住んでいたときに自分で使っていた物ばかり。

「趣味悪すぎ」などと、散々なことを言いながら母の物を整理をしましたが、実は母も私から趣味の合わない服を贈られて困っていたのかもしれません。あまり袖を通した形跡もなく、大切にしまい込まれてあった服を見ながら、性格は似ていたのにどうしてこうまで服の趣味が違っていたの?と、首をかしげたくなりました。本人に聞いてみたいところですが、今ではもう叶わぬ願いとなってしまいました。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
スペイン「セゴビア」知られざる教会と秘宝を有する修道院

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

トラベルジェイピー

トラベルジェイピー にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (66)
年中行事 (11)
博物館めぐり (32)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (57)
ふらっとイギリス (43)
安くておいしい (94)
お茶のはなし (18)
エコライフ (24)
花鳥風月 (40)
掘出物 (34)
ヴィンテージ (81)
日本とイギリス (15)
書物に親しむ (17)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (232)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (50)
ポルトガル (77)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR