FC2ブログ

2018-03

春はお花の季節(なのに雪)

 3月だというのに2回目の雪に見舞われたロンドン。まだまだ寒い日が続いています。そんななかでも咲きはじめたラッパ水仙は、イギリスでは春の訪れを告げる花として知られています。水仙の次はブルーベル、Isabella Plantation(イザベラ プランテーション)のつつじと花の開花ラッシュが訪れるはずですが、こう寒くては花に申し訳ない気がします。
 4月末から5月にかけて咲くブルーベルを毎年楽しみにしています。去年は見ごろを少し逃してしまったので、今年は満開の時期をねらって「オスタリーパーク」に出掛けたいと思っています。花の開花を予測するのは、なかなか難しいのですけれどもね。

「トラベルジェイピー/Travel.jp」 に記事をアップしました。
よろしければご覧ください。
↓↓↓
ロンドン「オスタリーパーク」イングリッシュブルーベルの群生地

IMG_1906_convert_20180325083110.jpg

過去記事一覧
↓↓↓
「オビドス」青と黄色に彩られるポルトガルで最も美しい村 | ポルトガル

顧客は女王様!イギリスのスーパー「ウェイトローズ」は王室御用達

セゴビア三大名所から徒歩圏内「ホテル パラシオサンファクンド」

「ロンドン・ドックランズ博物館」その名を馳せた埠頭の過去と現在

スペイン「セゴビア」知られざる教会と秘宝を有する修道院

スペイン世界遺産「セゴビア旧市街」絶対に外せない三大名所

港町「ヘイスティングス」英国が誇る美しいビーチと町並み

マルタ共和国 海辺のリゾート・スリーマの高級ホテル「ザ・パレス」

マルタ共和国「イムディーナ」古都の雅を今に伝える城壁の町

もうマズイなんて言わせない!パブで味わう三大「イギリス料理」

英国ストラトフォード・アポン・エイボン「メアリー・アーデンの家」シェイクスピアの母を育んだ農場

マルタ共和国の首都「ヴァレッタ」街全体が世界遺産の要塞都市

キラキラと輝く青の宝石!マルタ共和国「スリーマ」の海岸線

キーワードは最小限&使い捨て!海外旅行の荷物を減らすコツ

ロンドン「大英博物館」で垂涎のアンティーク食器と出会う

イギリスの味覚に挑戦!「すっぱおいしい」お土産3選

英国で中世の建築にふれる旅 シェイクスピアの故郷「ストラトフォード・アポン・エイボン」

「シティ・オブ・ロンドン」歴史が凝縮されたロンドン最古の場所

これぞイギリス土産!「ミスター・キプリング」のおもてなしスイーツ

下町ロンドンにある「ベーグル・ベイク」は早い安い旨いが基本!

スペインの古都「トレド」で教会めぐり 異文化が融合するエキゾチックな空間

ロンドン「V&A 子ども博物館」で懐かしのレトロ&ヴィンテージおもちゃに出会える

スペイン「トレド」中世で歩みを止めた異国情緒漂う世界遺産の街

スペイン「ホテル セルコテル サン フアン デ ロス レイエス」古都トレドの風格あるホテル

駆け足でも見ごたえ充分!ロンドン「大英博物館」攻略法

ロンドン「ジェフリー博物館」アンティーク家具に見るインテリアの歴史400年

ヘンリー8世に出会える!ロンドン郊外「ハンプトン・コート宮殿」で英国の歴史にふれる

「東ロンドン」は日曜日がおもしろい!マーケットとエスニックグルメを満喫

ロンドン郊外ケンプトン「サンバリー・アンティーク・マーケット」で大満足!攻略法を一挙大公開

英国「ストラトフォード・アポン・エイボン」シェイクスピアが愛した街を歩く

ロンドン ケンジントン宮殿でいただく「アフタヌーンティー」オランジュリーで過ごす優雅なひと時

シェイクスピアを育んだ街 英国「ストラトフォード・アポン・エイボン」

「ファルコン ホテル」英国ストラトフォード・アポン・エイボンに現存する中世の旅籠

ロンドン「バラマーケット」で実感 オーガニック先進国イギリスの「食」へのこだわり

ロンドン郊外「リッチモンド」テムズ川と美しい緑の空間を満喫

ロンドン随一の蚤の市「チズウィック・カーブーツセール」で掘り出し物を見つけよう

イギリス土産の決定版!ティータイムを彩る定番ビスケット5選

舞台はロンドン!名探偵「シャーロック・ホームズ」の軌跡を追え

ウィリアム王子が暮らすロンドン「ケンジントン宮殿」ヴィクトリア女王ゆかりの地

ロンドンに現存する最古の教会「聖バーソロミュー・ザ・グレート教会」

ロンドンの歴史が全てわかる「ロンドン博物館」でヴィクトリア朝にタイムスリップ

ロンドンでアンティーク三昧 掘り出し物が必ず見つかるマーケットめぐり

中世の趣が残るロンドン「ザ・テンプル」ダ・ヴィンチ・コードの舞台としても知られる歴史ある場所

ロンドン「シャーロック・ホームズ博物館」ヴィクトリア朝の香りが漂う シャーロキアンの聖地

中世の面影を今に残す街 築600年の旅籠が現存する 英国「ライ」の魅力

ポルトガル 世界遺産の街「シントラ」アラブの面影が色濃く残るエキゾチックな場所

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


スポンサーサイト

シーサイドでフィッシュ&チップス

 海辺の町に出かけたなら、新鮮なシーフードを味わいたいと思うでしょう。日本ならばお刺身や海鮮丼とゆきたいところですが、イギリスではフィッシュ&チップス。ヘイスティングスは、ドーヴァー・ソール(舌平目)の本場としても知られていますが、私たちは Neptune(ネプチューン)でフィッシュ&チップスを食べました。

IMG_3582_convert_20170901064043.jpg

 とてもお腹が空いていましたが、運ばれてきた大ぶりの魚を見てびっくり。ミディアムサイズなのに大きくて肉厚。食べきれないほどの量でした。ロンドンで食べるよりも身が締まっていておいしかったです。海岸沿いには、リーズナブルなお店がたくさんあります。テイクアウェイ(イギリス英語でテイクアウトのこと)もできるので、お天気がよければ、ビーチで食べるのもよいでしょう。

IMG_3578_convert_20170901063655.jpg

 フィッシュ&チップス自体が庶民的な食べ物ですが、ネプチューンは大衆食堂のようなたたずまいのレストラン。かわいらしい魚のテーブルクロスとアルコパルのカップ&ソーサーが60年代風。おしゃれでヴィンテージのカップを集めたわけではなく、古いものをずっと使いつづけているのでしょう。こういう雰囲気、好きです。

IMG_3666_convert_20170901064600.jpg

 外観は、ネット・ショップを思わせる伝統的なたたずまい。下町お姉さん風のウェイトレスの感じもとても良くて、食事だけではなくお店の雰囲気自体も楽しめました。「お姉さん、イーストエンダーズに出てなかった?」と思わず尋ねたくたるほど、むかし、このドラマに出ていた女優さん似ていたのです。なかなかの美人さんでした。

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
キラキラと輝く青の宝石!マルタ共和国「スリーマ」の海岸線

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


ガーキンでピクルスをつくる

 マーケットで一山1ポンドで売られていたGherkin(ガーキン)を見つけて買いました。ガーキンとよばれるメキシコ原産の小ぶりなキュウリは、日本のものと比べると半分以下の大きさ。ピクルスにするのが一般的で、こちらのスーパーでは瓶詰めをよく見かけます。日本ではあまり馴染みのない食べ物ですが、ハンバーガーに入っているピクルスがそれです。

 さっそく私もピクルスをつくってみることにしました。用意するのはガラスのビン、酢、砂糖、塩、マスタードシード、コリアンダーシード、ブラックペッパーコーン、ローリエなどのスパイス。参考にしたサイトによって材料はまちまちでしたが、スパイスがなくても、酢、砂糖、塩さえあればそれらしきものをつくることができます。ただし、マスタードシードは入れたほうがよいとのこと。私は家にあったクミンシード、ブラックペッパーコーン、ローリエ、モルトビネガーとリンゴ酢を混ぜて使いました。モルトビネガーは酸味が強すぎるので、ワインビネガーや日本の米酢のほうがよさそうです。

cd88130b236a616bdd4f8e75d4b626c0_s_convert_20180202074629.jpg
画像は写真ACより借用

 煮沸消毒(長期保存の予定がなければ省略可)したビンにガーキンを隙間なく詰めます。次に、鍋に酢、砂糖、塩、スパイスを鍋に入れて沸騰させます。分量はお好みですが、砂糖を多めに入れて甘酸っぱくするのがコツ。液が熱いうちにガーキンに注ぎ、荒熱がとれたら冷蔵庫に入れて保存します。細かく切ってサラダに混ぜたり、サンドイッチに入れたり、もちろん、そのままでも食べられるのでつくっておくと重宝します。

 今回は、ガーキンを切らずにそのままつくりましたが、食べやすい大きさに切ってもよいでしょう。イギリス、ヨーロッパのキュウリは日本のものに比べると大ぶりで水分が多いのが特徴ですが、ガーキンは水分が少なく日本のキュウリに近いので、ピクルスにしなくても、日本のキュウリが恋しくなったときに使ってみてもよいのかなとも思いました。

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
もうマズイなんて言わせない!パブで味わう三大「イギリス料理」

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


これは安いだろうと思ったら

 私が毎月楽しみにしている Chiswick Car Boot Sale(チズウィック・カーブーツセール)には、プロのディーラーさんも一般の方もセラーとして参加できます。商品をダンボールごと地べたに置いてあれば、ハウスクリアランス業者のストール、日用品が多ければ一般の方というように、ストールの品物を見るとセラーがどのような人かがわかりますが、目玉商品を一番目立つところにディスプレーするのは、どのストールも同様です。

 テーブルの上、テーブルの下の敷物の上、テーブルの下の箱の中と、品物にはランクがあるようで、多くの場合、値段もそれに比例します。地べたに置いてある箱の中には、欠けていたり、薄汚れていたり、なんだこりゃ?というような物がごちゃごちゃと入れられていることが多く、ほとんどがガラクタですが、そこに掘り出し物が紛れている可能性もあります。

IMG_4939_convert_20180225225034.jpg
JAJ Pyrex June Rose

 ある時、一般の方が出しているストールで、テーブルの下の敷物からもはみ出したような場所に JAJ Pyrex(JAJ パイレックス)のプレートが重ねて置かれているのが見えました。「これは、安いだろうな」と予想して値段を尋ねてみると、セラーは、一瞬何のことを言われているのかわからないような顔をしてテーブルの下を覗き込みました。そして、その存在をやっと思い出したように「パウンド」(1ポンドのこと)と言いました。心の中でガッツポーズをしたのは言うまでもありません。

 手にとってコンディションを確かめてみると、どのプレートにも裏側に茶色い汚れがうっすらと残っていました。耐熱皿についた汚れには注意が必要です。焦げつき汚れだと、洗っても落ちない場合があります。爪でこすってみましたが、なかなかしつこい汚れのようでした。幸い汚れているのは裏側だけ。自分で使う分には問題ないと判断してお金を払おうとすると、セラーはすでに上機嫌で新聞紙を用意して待っていました。そして、丁寧に梱包して、満面の笑みで送り出してくれました。「こんなもの絶対に売れないと思っていたのに、買ってくれる人がいるなんて!」と思っていたに違いありません。

IMG_4944_convert_20180225224932.jpg

 あなたのガラクタ私のお宝。これだからカーブーツセールはやめられません。プレートの裏にこびりついていた汚れは、 SodaCrystals(ソーダクリスタルズ)を溶かしたお湯につけおきして、簡単に落とすことができました。

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ロンドン郊外ケンプトン「サンバリー・アンティーク・マーケット」で大満足!攻略法を一挙大公開

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

トラベルジェイピー

トラベルジェイピー にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (66)
年中行事 (11)
博物館めぐり (32)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (57)
ふらっとイギリス (43)
安くておいしい (94)
お茶のはなし (18)
エコライフ (24)
花鳥風月 (40)
掘出物 (34)
ヴィンテージ (81)
日本とイギリス (15)
書物に親しむ (17)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (232)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (50)
ポルトガル (77)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR