2016-11

サン・フアン・デ・ロス・レイエス教会

 トレドにある建物はどれも美しく印象的ですが、私が最も気に入った教会は、サン・フアン・デ・ロス・レイエス教会です。

IMG_9383_convert_20160829013915.jpg

 サン・フランシスコ会の教会、修道院として15世紀後半に建てられました。ゴシック様式とムデハル様式が融合してつくられたというイザベル様式は、スペイン独自の建築様式です。

IMG_9373_convert_20160829015411.jpg

 真夏の強い太陽が照りつけるパティオには、オレンジの木があります。日差しが強すぎるせいか、時期が終わってしまったせいか、花はほんのわずかしか残っていませんでした。パティオを取り囲む回廊には、外の明るい光が差し込み、静謐で神聖な雰囲気が漂います。聖書を抱えた中世の修道僧が、祈りの言葉を唱えながら通り過ぎて行くのを見たとしても驚くことはないでしょう。

IMG_9407_convert_20160829015113.jpg

 1階のゴシック様式の天井と、カスティーリャとレオン王国の紋章が施されている2階部分を飾る格天井の対比も見逃せません。その格天井はイスラム風に見えますが、目を凝らすとヨーロッパの紋章であることがわかります。

IMG_9392_convert_20160829014438.jpg

 回廊にある小さな入口に続くのは、広々とした礼拝堂です。キリストの生涯を描いているという祭壇屏風と、それを取り囲むように彫られた白亜の浮き彫りの美しさに目を奪われます。

IMG_9385_convert_20160829014048.jpg

 清潔な白を基調とした落ち着いた雰囲気の礼拝堂。ここが気に入って、旅行中は何度か訪れてその優雅で荘厳な装飾を飽くこともなく眺めました。Pulsera Turística(プルセラ・トリスティカ)を購入したおかげで何度も入場できました。

IMG_9421_convert_20160829014335.jpg

 教会と修道院の外観は、トレド独特のピンクがかったレンガづくり。敷地は広く、外側から見るだけでも充分に趣があります。回廊と夏の日差しがまぶしいパティオ、広々とした礼拝堂、ピンク色のかわいらしい建物。サン・フアン・デ・ロス・レイエス教会は、本当に美しい場所です。

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
これぞイギリス土産!「ミスター・キプリング」のおもてなしスイーツ

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


スポンサーサイト

国内旅行の利点

イギリスで暮らすようになってから、いろいろな場所を旅しました。格安航空券のおかげで、ロンドンからヨーロッパの都市には安い値段で行くことができます。そのような理由もあって、イギリス国内に出かける機会を積極的につくることをせずにいましたが、春と夏にストラトフォード・アポン・エイボンを泊りがけで訪れ、国内旅行を満喫しました。以下、国内旅行の利点をまとめました。

IMG_7601_convert_20160420040600.jpg

1.近い
ストラトフォード・アポン・エイボンは、ロンドンのマリルボーン駅からから列車で2時間強。飛行機やユーロスターで3時間以内で行ける都市は多くありますが、ロンドン市内から空港までの道のり、その後のセキュリティーチェックの時間を考えなくてもよいのが利点です。セキュリティーチェックがないため、荷造りに神経を使わなくてすむのもよいところです。

2.安い
安くはないといわれる、ナショナル・レイルの運賃ですが、飛行機に乗るよりは安上がりです。列車の時間を指定していない限り、何かの事情で駅に着くのが遅れても、次の列車に乗ることができるので安心。

3.両替不要
両替をする必要がなく、当然デビットカードが使えるので便利です。

4.言葉が通じる
私の場合、通じるというほどには通じていませんが、周囲で何が起っているかくらいのことはわかります。

IMG_7766_convert_20160420043412.jpg

5.パスポート不要
在外邦人にとって、命の次に大切な(?)パスポートを持ち歩く必要がないのは、最大の利点といえるかもしれません。旅行中にカバンにパスポートが入っているかどうかを何度も確認せずにすむのは、精神衛生上とてもよろしい。
私は一度、ヨーロッパ旅行に出かけるために、ロンドン・ガトウィック空港近くのホテルに前泊したことがあります。チェックインのとき、パスポートの提示を求められたので、念のため宿泊するファルコンホテルに確認をとりました。イギリス国内に居住する宿泊客は、パスポートを必要としないとの回答を得ました。

6.入国審査不要
旅行先の国では、日本のパスポートを持っているというだけですんなりと入国ができるのに、イギリスに戻るためには厳しい入国審査が待っています。日本人は、永住権を持っていても「EU以外の諸外国人」列に並ばなければなりません。列が長い上に、審査官の機嫌が良くないとねちねちといろいろなことを聞かれます。私は普段見せたこともない極上の笑顔で下手な英語をカバーすることにしていますが、その入国審査を受けなくてすむのは、とてもよいことです。

7.何度も行ける
春の旅行は、生憎の雨。購入した「シェイクスピア・バースプレイス・トラスト」のチケットが1年間有効だということもあり、気候の良い時期にもう一度行く計画を立てて実行しました。行きたいと思えば何度でも行けるのは、近いからこそ。海外でも同じ場所に何度も行くことはできますが、よほど気に入った所でない限り、せっかくだからと、未知の場所を求めることになりそうです。

IMG_7797_convert_20160420043053.jpg

いいことずくめの国内旅行。イギリスのお天気がもっとよろしければ、文句なしなのですが。

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
下町ロンドンにある「ベーグル・ベイク」は早い安い旨いが基本!

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


スーパーで買えるスイーツ

どこのスーパーにも必ず置いてある Mr Kipling(ミスター・キプリング)のお茶菓子を毎週少しずつ買ってきて試しています。「これはいける」と思った3種類を「たびねす」でご紹介していますが、なかには、口に入れたことを後悔するほどにマズイものもいくつかありました。
French Fancies(フレンチ・ファンシー)の甘さは、衝撃的です。アイシングで包み込まれたケーキには、バニラクリームまでトッピングされています。アイシングは、口の中でシャリシャリと音をたてるほど。全部食べるのは無理と思い、相棒に勧めてみましたが、子どもの頃に一度食べたことがトラウマになっているそうで、見たくもないと言われてしまいました。最後の1つを食べながらこの記事を書いています。

Travel.jp 「たびねす」 に記事をアップしました。
よろしければご覧ください。
↓↓↓
これぞイギリス土産!「ミスター・キプリング」のおもてなしスイーツ

IMG_7322_convert_20160322091825.jpg

過去記事一覧
↓↓↓
「シティ・オブ・ロンドン」歴史が凝縮されたロンドン最古の場所

下町ロンドンにある「ベーグル・ベイク」は早い安い旨いが基本!

スペインの古都「トレド」で教会めぐり 異文化が融合するエキゾチックな空間

ロンドン「V&A 子ども博物館」で懐かしのレトロ&ヴィンテージおもちゃに出会える

スペイン「トレド」中世で歩みを止めた異国情緒漂う世界遺産の街

スペイン「ホテル セルコテル サン フアン デ ロス レイエス」古都トレドの風格あるホテル

駆け足でも見ごたえ充分!ロンドン「大英博物館」攻略法

ロンドン「ジェフリー博物館」アンティーク家具に見るインテリアの歴史400年

ヘンリー8世に出会える!ロンドン郊外「ハンプトン・コート宮殿」で英国の歴史にふれる

「東ロンドン」は日曜日がおもしろい!マーケットとエスニックグルメを満喫

ロンドン郊外ケンプトン「サンバリー・アンティーク・マーケット」で大満足!攻略法を一挙大公開

英国「ストラトフォード・アポン・エイボン」シェイクスピアが愛した街を歩く

ロンドン ケンジントン宮殿でいただく「アフタヌーンティー」オランジュリーで過ごす優雅なひと時

シェイクスピアを育んだ街・英国「ストラトフォード・アポン・エイボン」

「ファルコン ホテル」英国ストラトフォード・アポン・エイボンに現存する中世の旅籠

ロンドン「バラマーケット」で実感 オーガニック先進国イギリスの「食」へのこだわり

ロンドン郊外「リッチモンド」テムズ川と美しい緑の空間を満喫

ロンドン随一の蚤の市「チズウィック・カーブーツセール」で掘り出し物を見つけよう

イギリス土産の決定版!ティータイムを彩る定番ビスケット5選

舞台はロンドン!名探偵「シャーロック・ホームズ」の軌跡を追え

ウィリアム王子が暮らすロンドン「ケンジントン宮殿」ヴィクトリア女王ゆかりの地

ロンドンに現存する最古の教会「聖バーソロミュー・ザ・グレート教会」

ロンドンの歴史が全てわかる「ロンドン博物館」でヴィクトリア朝にタイムスリップ

ロンドンでアンティーク三昧 掘り出し物が必ず見つかるマーケットめぐり

中世の趣が残るロンドン「ザ・テンプル」ダ・ヴィンチ・コードの舞台としても知られる歴史ある場所

ロンドン「シャーロック・ホームズ博物館」ヴィクトリア朝の香りが漂う シャーロキアンの聖地

中世の面影を今に残す街 築600年の旅籠が現存する 英国「ライ」の魅力

ポルトガル 世界遺産の街「シントラ」アラブの面影が色濃く残るエキゾチックな場所

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ


ソコトレンでめぐるトレド

 トレドの最終日には、観光用のミニバス、ソコトレンに乗りました。タホ川に沿って旧市街の外側をおよそ40分かけて周ります。進行方向右側に座るとよいということは知っていましたが、幸運にも、一番後ろの車両の座席を確保することができました。この車両では、左右だけではなく、後方に広がる景色も見ることができます。

IMG_9691_convert_20160830075100.jpg

 ソコトレンはソコドベール広場で発着しますが、始発便は少し離れた場所から発車します。そのような理由からか、その便に乗ると、2人目の料金が半額になります。昼にはトレドを発つ予定だったので、朝早い便に乗って得をしました。始発乗り場は、ソコドベール広場から徒歩で3分くらいで、係員が誘導してくれました。

IMG_9682_convert_20160830075026.jpg

 連日、暑い中を歩きづめでしたが、ソコトレンでの移動はとても楽でした。しかも、車内では日本語のオーディオガイドを聞くことができます。展望台では10分間ほど停車。エル・グレコが愛してやまなかったという美しい街並みを眺めながら写真を撮っているうちに、あっという間に時間が過ぎてしまいます。もう少し長く停車してくれればよいのにとも思いましたが、仕方がありません。

IMG_9655_convert_20160830075012.jpg

 私たちは徒歩では行くことの難しい展望台に行くことが目的でソコトレンに乗りました。もちろん、展望台も素晴らしかったですが、それよりも、最終日にトレドの主な名所を日本語の解説付きでめぐることができてよかったです。私はツアーや観光バスのようなものがあまり好きではありませんが、利用するのも悪くないのかなと思いました。

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
スペイン「ホテル セルコテル サン フアン デ ロス レイエス」古都トレドの風格あるホテル

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ


お菓子の減量化に成功 part II

 お菓子の減量化を実施しています。 前回の記事はこちらから part I

 食べないでいると、そのことにだんだんと慣れてゆきます。今までは、チョコレートやお菓子を口にすることが習慣になっていたようです。ただ、全くやめることはできないので、適量のチョコレートやビスケットは食べています。そうしているうちに、ランチタイムに1杯だけ飲むことを許されていた(自分で自分に許可していたのです)激甘コーヒーが飲めなくなり、自分でも驚きました。少量のインスタントコーヒーにパウダーミルクとお砂糖を3杯ずつ入れた、コーヒーともいえないような白っぽい飲み物が好きでしたが、ある日突然甘すぎると感じて、以来、コーヒーとパウダーミルクだけ入れて砂糖なしでも飲めるようになりました。そういえば、中学生の頃はブラックコーヒーが飲めたんですよね、私。

 ついでに、カフェインの減量化も実施中です。職場では紅茶か緑茶を飲んでいましたが、お茶を白湯にかえました。カフェインレスのハーブティーを飲むように心がけています。〇〇社のリーフティーには、柑橘系の香りと鮮やかな色の花びらが...とかいう話題なら、ロンドンブログらしく華やかですが、そうではなくて、とても地味で申し訳ないです。湯を沸かすくらいなら水でもよいのではとも思いましたが、冷たいものを飲むのはどうも苦手で、白湯に落ち着きました。冷めたらケトルに戻してまた沸かせばよいので無駄がありません。さすがに冷めたお茶はケトルに戻せませんから。と、貧乏くさい話になってきてごめんなさい。ちなみに職場ではマイケトルを使っています。

 これだけは絶対に無理だろうと思っていたお菓子の減量化に成功しつつある私。健康になることはとても良いことですが、お酒もたばこも嗜まない私が、お菓子をやめたら何の楽しみが残っているのだろうとの疑問が残らなくもありません。毎週楽しみにしていたスーパーのお菓子売り場が今ではあまり楽しくなかったりして、せっかく良いことなのになんだかなーと思ったりもします。でも、この状態を長く保っていられるように努力することには、やぶさかではありません。

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
これぞイギリス土産!「ミスター・キプリング」のおもてなしスイーツ

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ


リメンバランス・デー

 11月11日は Remembrance Day(リメンバランス・デー)です。1918年の11月11日午前11時に第一次世界大戦が終結しました。以来この日は、第一次大戦だけでなく全ての戦争で亡くなった兵士や市民の死を悼む日となりました。
 イギリスでは11月11日、午前11時に二分間の黙祷が捧げられます。公式行事は11月の第二日曜日、Remembrance Sunday(リメンバランス・サンデー)に、皇族や政府、軍の関係者が出席して、ホワイトホールにある Cenotaph(セネタフ:世界大戦戦没者記念碑)前で行われる他、各地域の戦争記念碑のある場所でも執り行われます。

DSC02797_convert_20101017184948.jpg
地元にある戦争記念碑 
 この地域から第一次、第二次大戦に出征して戦死を遂げた兵士たちの名前がこの記念碑に刻まれています。ケシの花を模した十字架がかけられています。

 Cenotaph 他、戦争記念碑にはケシの花を模した花輪が手向けられます。1914年8月、フランスに侵入することを目的としたドイツ軍がベルギーに侵攻したため、イギリス軍は直ちに援軍を送りました。フランス北部とベルギーのフランドル地方は戦場となり、そのなかでも激戦地となったのは中世から繊維産業の街として知られるベルギーのイーペルでした。道路や建物、その他、ありとあらゆるものが破壊されました。この戦いは西部戦線とよばれています。
 しかしながら、翌年の春には戦場となった野原、一面を覆うように真っ赤なケシの花が咲き始めました。ケシの種は長い間、発芽することなく地中に埋もれいます。その地表が耕されたとき、ケシは真っ赤な花をつけます。兵士たちがその地で戦い、その命を散らしていったためにケシの花は咲き始めました。まるで兵士たちの流した真っ赤な血潮のようだったに違いありません。現在、イーペルには In Flanders Fields Museum(フランダース戦場博物館)が建てられ、戦争で亡くなった兵士たちの記録を残しています。

DSC02796_convert_20101017183201.jpg
兵士たちの死を悼むケシの花輪が手向けられています。

 1915年5月3日、前日に戦友を亡くして深い悲しみにくれていたカナダ人の軍医ジョン・マクレーは、フラダースの野に赴き、咲き乱れるケシの花を見て「In Flanders Fields」(「フランダースの野に」)という詩を描きました。その年の12月には、その詩がイギリスの雑誌「パンチ」に掲載され、以来、ケシの花は戦死者を悼むシンボルとなりました。
 1918年には、「In Flanders Fields」に感銘を受けたアメリカ人の Moina Michael がその詩を受けて「We Shall Keep the Faith」という詩を書きました。その詩の中には、戦死者に敬意を表わし「彼らのことを忘れないためにケシの花を身につけよう。」という一節があります。それ以来、リメンバランス・デーが近くなると人々は、胸に赤いケシの花を模したブローチを身につけるようになりました。

DSC04659_convert_20131116213001.jpg
人々はリメンバランス・デーが近づくとポピー(ケシ)のブローチを胸につけます。
 このポピーのブローチは、赤い羽根共同募金のように募金をするともらえます。私は募金箱を持って街角に立つ退役軍人さんの所に行きました。リメンバランス・デーは Poppy Day(ポピー・デー)または、Armistice Day(アーミスティス・デー)とも呼ばれています。


 1983年から89年まで BBC テレビで放映されていたコメディー番組、Blackadder(ブラックアダー)の第4シリーズの最終回の一部です。ミスター・ビーンでお馴染みのローワン・アトキンソンが陸軍大尉を演じています。このシリーズは第一次大戦の西部戦線の塹壕が舞台です。最後の場面で兵士たちが消えた後の野に、ケシの花が咲き乱れます。

参考文献:WikipediaProject Britain

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
中世の面影を今に残す街 築600年の旅籠が現存する 英国「ライ」の魅力

フランダースの野に

フランダースの野に ジョン・マクレー 詩

フランダースの野にケシの花がそよぐ
十字架が幾重にも並ぶ
そこは私たちの場所
そして、空にはヒバリたちが勇ましくさえずりながら飛んでいる
銃声の轟にかき消されても

私たちは死者である
数日前までは生きていた
朝焼けを感じ、夕日が真っ赤に輝くのを見た
愛し、愛された
そして今、私たちは眠る
フランダースの野に

どうか戦ってほしい
私たちのすでに力尽きた手から松明を明渡そう
松明を高くかかげてほしい
あなたがたが、ここに死んだ者たちの想いを忘れるなら
私たちは眠らない
どんなにケシの花が咲き乱れても
フランダースの野に

DSC02882_convert_20101103181149.jpg
ホワイトホールにある Cenotaph(セネタフ:世界大戦戦没者記念碑)

In Flanders Fields by John McCrae

In Flanders fields the poppies blow
Between the crosses, row on row, 
That mark our place; and in the sky 
The larks, still bravely singing, fly 
Scarce heard amid the guns below.

We are the Dead. Short days ago
We lived, felt dawn, saw sunset glow,
Loved and were loved, and now we lie,
In Flanders fields.

Take up our quarrel with the foe:
To you from failing hands we throw
The torch; be yours to hold it high.
If ye break faith with us who die
We shall not sleep, though poppies grow
In Flanders fields.

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ロンドン「シャーロック・ホームズ博物館」ヴィクトリア朝の香りが漂う シャーロキアンの聖地

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

Travel.jp 「たびねす」

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank"

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (50)
年中行事 (10)
博物館めぐり (29)
移民の街ロンドン (21)
ぶらりロンドン (50)
ふらっとイギリス (31)
安くておいしい (75)
お茶のはなし (17)
エコライフ (22)
花鳥風月 (33)
掘出物 (31)
ヴィンテージ (73)
日本とイギリス (8)
書物に親しむ (16)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (166)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (32)
ポルトガル (32)
マルタ共和国 (14)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR