2015-12

穴があったら入りたい

 相棒が講談社英語文庫で「日本昔ばなし」を読みました。そして、私に「かさじぞう」を読んだ感想を聞かせてくれました。
 相棒曰く、「おじいさんが売れなかった笠をお地蔵様にかぶせるシーンがあるよね。そこでね、僕、すごくドキドキしちゃったよ。おじいさん、やめときなさいって、そんなことしたらおばあさんに半殺しにされるよって。でも、家で待ってたおばあさんが『おじいさん、それはよいことをしなさいました』って言ったときには本当にびっくりしちゃったよー」と。
 私には返す言葉も見つかりませんでした。私は一体、どんな強欲婆なのでしょうか。
 しかし相棒よ、君はこの物語の美しさと教訓とを全く理解しなかったようだね。
 それも私のせいなのか...。
 ゆく年くる年、猛反省。
 どっとはらい。

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ロンドンに現存する最古の教会「聖バーソロミュー・ザ・グレート教会」

スポンサーサイト

クリスマスの風景

 イギリスの12月はどんよりとした曇りの日が多く、午後4時を過ぎると日が暮れます。寒くて鬱々とした日々が続くこの季節には、クリスマスを待ちわびる気持ちが自然に湧き上がります。
 12月にはいるとクリスマスに備えて家族や友人のためにプレゼントを用意する人が増えるため、街は買物客で活気づきます。

DSC01403_convert_20121201194809.jpg
オックスフォードストリートのクリスマスイルミネーション

 イギリスのクリスマスはちょうど日本のお正月のようなもので、家族とともに過ごすのが一般的です。遠方に住んでいる人は実家へと帰省します。12月24日はオフィスも商店も早々に仕事を切上げ、25日は殆どの機関がお休みになります。ロンドンでは公共交通機関もストップします。
 家族揃ってクリスマスのご馳走を食べるのも25日です。サンタさんは、イギリスでは Father Christmas(ファザー・クリスマス)とよばれています。子どもたちは自分たちが寝静まってからやってくるファザー・クリスマスのためにお手紙を書いたり、お菓子を用意します。

DSC03227_convert_20101212213357.jpg
教会の敷地内にライトアップされたクリスマスツリー

 翌、26日は Boxing Day(ボクシング・デー)という祝日です。教会が貧しい人たちのために用意したクリスマスプレゼントの箱(Box)を開ける日であったことから、この日はボクシング・デーとよばれるようになりました。
 また、この日は大きなお屋敷に仕える使用人たちがクリスマスの仕事を終え、帰省することを許された日でもありました。その日は、主人が使用人たちの日頃の労を労う意味で彼らに贈り物をしました。
 近年は冬のバーゲンがスタートする日という認識がありましたが、最近では不況の影響でバーゲンをクリスマス前に早めるお店が増えています。

DSC07782_convert_20111219040141.jpg
クリスマス時期の風物詩、ツリーの特設販売所

 この時期になるといたるところでツリーが販売されます。鉢植の小さめのものから背の高いものまで様々な大きさのツリーがあります。
 プラスチックでできたクリスマスツリーしか飾ったことのない私ですが、同僚の家では鉢植のクリスマスツリーを飾っていました。同僚の旦那様はポーランド人で敬虔なカトリック教徒です。ツリーの下にマリア様の肖像を飾り、その横にチョコレートをお供えしていました。その様子が日本のお仏壇のようでとても親近感が沸きました。

DSC07781_convert_20111219040036.jpg
さて、いかほどでしょうか。

 ツリーは1メートルほどのもので30ポンド(1ポンド≠120円)程度、3メートルを越えるような大きなものでは150ポンドくらいのお値段でした。ツリーの種類は勿論、サイズも様々で各自のニーズに応じて選ぶことができます。
 私も毎年、本物のツリーを家に飾りたいと思うのですが、その前に大きな家に引越しする必要があるのでその夢はまだ果たすことができません。

DSC03235_convert_20101212213223.jpg
ステンドグラスを見ると神聖な気持ちになります。

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ロンドンに現存する最古の教会「聖バーソロミュー・ザ・グレート教会」

日本で驚いたこと

 一時帰国をする際には、ホテルや実家、友人の家に滞在して旅行者として過ごしますが、諸事情により今回は、短期間でしたがマンションを借りて生活をすることになりました。そのような意味では、何年かぶりに日本で暮らしたことになります。日本を離れて10年以上が過ぎましたが、イギリスでの生活が当たり前になりつつある私にとっては、驚くべきことがたくさんありました。
 その一つは、野菜や果物の値段がとても高いことでしでした。私にとっては幸運なことに、今回の一時帰国の際はポンド高でした。それでも、日本の物価は数年前の帰国時よりも確実に上がっていたことを感じました。消費税が引き上げられたこともありますが、スーパーで買い物をしていると、食品、特に野菜や果物が高いことに驚かされました。
 イギリスの物価は日本に比べて高いですが、選り好みをしない限り食品は安価です。リンゴやプラム、オレンジなどは一山(5個くらい)1ポンド程度です。私が日本に滞在していた頃、1ポンドは200円近くまで値上がりしていましたが、イギリス人にとって1ポンドは100円の感覚です。日本では、桃3つに500円以上のお値段がついていました。野菜も高く、滞在中は冷凍の枝豆ばかりを食べていました。枝豆は安くて、毎日食べてもおいしかったです。
 もう一つは、日本の電圧がイギリスと比べると低いということです。日本の電圧は100V、イギリスでは220-240Vです。滞在先のマンションは家具付きで、ケトルもありました。ヨーロッパ式のケトルと同じ形をしていたので、イギリスにいる感覚でお湯を沸かしましたが、待てど暮らせど沸騰しません。ケトルが壊れているのかと疑いましたが、ただ単にお湯が沸くのに時間がかっていたのでした。電圧が低いと、お湯が沸くのに時間がかかります。炊飯器も同じことで、ご飯が炊けるのも、イギリスにいるときに比べると倍くらいの時間が必要した。
 他にも、湿度が高くて洗濯物がなかなか乾かないこと、外でお手洗いに行くときはハンカチが必要なこと、一眼カメラを持っている人が思ったよりも少なかったことなど、驚いたことや、なるほどと思ったことはたくさんありました。しかしながら、相棒が、私の作る日本食が偽物であったことに気づいたことに比べれば何ということはないでしょう。

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ロンドンの歴史が全てわかる「ロンドン博物館」でヴィクトリア朝にタイムスリップ

次、どこ行こう?≪旅のtip≫

国内・海外の旅行・観光ガイド Travel.jp たびねす にて、ロンドンとイギリス、ヨーロッパを中心に旅のご提案をしています。今までに載せていただいた記事をまとめました。旅行計画を練る際の一助となれば幸いです。タイトルをクリックしていただくと記事にリンクします。

DSC02227_convert_20100815033058.jpg
夕暮れのマルセイユ

キーワードは最小限&使い捨て!海外旅行の荷物を減らすコツ

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ


次、どこ行こう?≪ヨーロッパ≫

国内・海外の旅行・観光ガイド Travel.jp たびねす にて、ロンドンとイギリス、ヨーロッパを中心に旅のご提案をしています。今までに載せていただいた記事をまとめました。旅行計画を練る際の一助となれば幸いです。タイトルをクリックしていただくと記事にリンクします。

IMG_9005_convert_20160826072923.jpg
トレド

スペインの古都「トレド」で教会めぐり 異文化が融合するエキゾチックな空間

スペイン「トレド」中世で歩みを止めた異国情緒漂う世界遺産の街

スペイン「ホテル セルコテル サン フアン デ ロス レイエス」古都トレドの風格あるホテル

ポルトガル 世界遺産の街「シントラ」アラブの面影が色濃く残るエキゾチックな場所

マルタ共和国の首都「ヴァレッタ」街全体が世界遺産の要塞都市

キラキラと輝く青の宝石!マルタ共和国「スリーマ」の海岸線

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ


次、どこ行こう?≪イギリス≫

国内・海外の旅行・観光ガイド Travel.jp たびねす にて、ロンドンとイギリス、ヨーロッパを中心に旅のご提案をしています。今までに載せていただいた記事をまとめました。旅行計画を練る際の一助となれば幸いです。タイトルをクリックしていただくと記事にリンクします。

IMG_0424_convert_20160904070152.jpg
ストラトフォード・アポン・エイボン「アン・ハサウェイの家」

シェイクスピアを育んだ街・英国「ストラトフォード・アポン・エイボン」

英国「ストラトフォード・アポン・エイボン」シェイクスピアが愛した街を歩く

英国で中世の建築にふれる旅 シェイクスピアの故郷「ストラトフォード・アポン・エイボン」

「ファルコン ホテル」英国ストラトフォード・アポン・エイボンに現存する中世の旅籠

中世の面影を今に残す街 築600年の旅籠が現存する 英国「ライ」の魅力

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ


次、どこ行こう?≪ロンドンとその近郊≫

国内・海外の旅行・観光ガイド Travel.jp たびねす にて、ロンドンとイギリス、ヨーロッパを中心に旅のご提案をしています。今までに載せていただいた記事をまとめました。旅行計画を練る際の一助となれば幸いです。タイトルをクリックしていただくと記事にリンクします。

DSC03003_convert_20101103193756.jpg
ロンドン「ザ・テンプル」

ロンドン「大英博物館」で垂涎のアンティーク食器と出会う

イギリスの味覚に挑戦!「すっぱおいしい」お土産3選

「シティ・オブ・ロンドン」歴史が凝縮されたロンドン最古の場所

これぞイギリス土産!「ミスター・キプリング」のおもてなしスイーツ

下町ロンドンにある「ベーグル・ベイク」は早い安い旨いが基本!

ロンドン「V&A 子ども博物館」で懐かしのレトロ&ヴィンテージおもちゃに出会える

駆け足でも見ごたえ充分!ロンドン「大英博物館」攻略法

ロンドン「ジェフリー博物館」アンティーク家具に見るインテリアの歴史400年

ヘンリー8世に出会える!ロンドン郊外「ハンプトン・コート宮殿」で英国の歴史にふれる

「東ロンドン」は日曜日がおもしろい!マーケットとエスニックグルメを満喫

ロンドン郊外ケンプトン「サンバリー・アンティーク・マーケット」で大満足!攻略法を一挙大公開

ロンドン ケンジントン宮殿でいただく「アフタヌーンティー」オランジュリーで過ごす優雅なひと時

ロンドン「バラマーケット」で実感 オーガニック先進国イギリスの「食」へのこだわり

ロンドン郊外「リッチモンド」テムズ川と美しい緑の空間を満喫

ロンドン随一の蚤の市「チズウィック・カーブーツセール」で掘り出し物を見つけよう

イギリス土産の決定版!ティータイムを彩る定番ビスケット5選

舞台はロンドン!名探偵「シャーロック・ホームズ」の軌跡を追え

ウィリアム王子が暮らすロンドン「ケンジントン宮殿」ヴィクトリア女王ゆかりの地

ロンドンに現存する最古の教会「聖バーソロミュー・ザ・グレート教会」

ロンドンの歴史が全てわかる「ロンドン博物館」でヴィクトリア朝にタイムスリップ

ロンドンでアンティーク三昧 掘り出し物が必ず見つかるマーケットめぐり

中世の趣が残るロンドン「ザ・テンプル」ダ・ヴィンチ・コードの舞台としても知られる歴史ある場所

ロンドン「シャーロック・ホームズ博物館」ヴィクトリア朝の香りが漂う シャーロキアンの聖地

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

Travel.jp 「たびねす」

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank"

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (53)
年中行事 (10)
博物館めぐり (29)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (51)
ふらっとイギリス (32)
安くておいしい (76)
お茶のはなし (17)
エコライフ (22)
花鳥風月 (34)
掘出物 (31)
ヴィンテージ (73)
日本とイギリス (8)
書物に親しむ (16)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (169)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (32)
ポルトガル (32)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR