2013-02

イーストロンドン散策

 Old Spitalfields Market(オールド スピタルフィールド マーケット)を訪れた後は久しぶりにイーストロンドンを散策しました。以前、この地域に住んでいたので方向音痴の私も昔の勘を頼りに歩き回りました。
 まずはベーグル屋さんのスモークサーモンサンドで腹ごしらえ。これを食べないことにはイーストに来た甲斐がありません。ベーグルは好きでよく食べますが、私はここのものが一番だと思います。お土産用にプレーンのベーグルもどっさり購入しました。

DSC00478_convert_20120824173744.jpg
Le Grenier

 今回のイーストロンドン散策の目的はヴィンテージショップめぐりでした。Brick Lane(ブリック レーン)の近くにある Le Grenier は私の好きなものの宝庫でした。
 店内のかわいらしいディスプレーに刺激されました。店内は広いとは言えませんが、とてもよくまとまっていました。私のコレクションも数がだんだんと増えてきました。これからはいかに美しく飾るかが課題です。色でまとめる。テーマでまとめる。ディスプレーすることを考えると楽しくなってきます。

DSC00482_convert_20120824174028.jpg
Regent's Canal(リージェント・カナル)

 ヴィンテージショップのあとは、 Broadway Market(ブロードウェー マーケット)を目指しました。ナローボートが停泊する運河が見えてくると目的の場所はすぐそこです。

DSC00499_convert_20120824173917.jpg
ヴィンテージショップ

 土曜日にファーマーズマーケットが開かれるブロードウェー マーケットには、おしゃれなカフェやショップが軒を連ねています。私が訪れたのは木曜日だったので土曜日ほどの活気はありませんでしたが、レストランの客の入りは上々で、外のテーブルで食事を楽しむ人日の姿が目立ちました。

DSC00493_convert_20120824174209.jpg
ひつじさんのおめめに注目

 ブロードウェーマーケットの近くには大きな公園があり、近所の子どもたちが元気よくサッカーボールをけっていました。ここは、おしゃれなショップが立ち並ぶ通りを一つ隔てると、カウンシルフラット群が広がる庶民的な地域です。新と旧、富と貧困、保守と前衛、それらが交錯した混沌とした雰囲気がイーストロンドンのおもしろさです。

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

スポンサーサイト

パウンドの誘惑

 すごいチャリティーJAJ Pyrex(JAJ パイレックス)のボウルを見つけました。このチャリティーは、中がごちゃごちゃしている上に、普段はあまりよいものがありません。食料品を購入するスーパーの近くにあるので毎週、通っていますが、最近ここでは不調が続いていました。それでも、見るだけはタダだからと中を覗いてみました。

DSC00704_convert_20120902065422.jpg DSC00717_convert_20120902065650.jpg
JAJ Pyrex June Rose

 すぐにこのボウルを発見しました。普通、チャリティーの商品には値札がつけられていますが、ここでは、値札がなく、カーブーツセールのようにお店の人に値段を尋ねなければなりません。いつも店番をしているおじさんは、古物をよく知っていて高い値段をつけるのですが、その日は彼が不在で、かわりに東欧系のおにいさんが店番をしていました。これはラッキーと、すかさず値段を尋ねました。おにいさんはボウルを見もしないで「パウンド(1ポンドのことです。)」と答えました。私が購入したのはいうまでもありません。男の人は、ガラクタに見えるものには、何でもパウンドと言います。「パウンド。」なんと甘美な響きなのでしょうか。

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

 

パイナップルのチーズ

 私は日本で食べるレアチーズケーキが大好きです。食べるたびにスポンジ部分はいらないからチーズの部分だけをお腹一杯食べてみたいと思い続けていました。
 その願いが、ここロンドンで実現しました。スーパーで House of Castello Pineapple Halo という商品を見つけました。最初は、チーズにパイナップル?と半信半疑でしたが、試しに買って食べてみるとクリーミーでとてもおいしいことに驚きました。チーズというよりは、デザートの感覚です。クリームチーズにパイナップル、パパイヤとアーモンドが散らしてあります。久々にレアチーズケーキを食べているような錯覚に陥り、知らぬ間に一パックを完食していました。あったらあっただけ食べてしまいそうなので、時々しか買わないことにします。

DSC00900_convert_20121009025944.jpg DSC00888_convert_20121009025018.jpg
House of Castello Pineapple Halo

 私は基本的にチーズがあまり好きではありませんが、アプリコットやクランベリーが練りこんであるほんのり甘いチーズは好きです。買ったら最後、一気に全部、食べてしまうので要注意です。

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

テューダーキッチン

 Hampton Court Palace(ハンプトンコート宮殿)には、ヘンリー8世の厨房を再現した展示があります。
 ヘンリー8世は千人以上の宮廷人を抱えていましたが、そのうち宮殿内で食事を取ることが許されたのは八百人ほどでした。二百人もの使用人がキッチンで働き、一日二回の食事の準備をしていました。

DSC00385_convert_20120820014445.jpg DSC00383_convert_20120903040207.jpg

 大切なお客様をもてなすためには、ローストした肉がふるまわれました。二人の職人が火の前に立ち、串刺しにした肉をまわしながら調理しました。燃えさかる火の前で重たい肉を操るのは、かなりの重労働だったことでしょう。
 ヘンリー8世自身も肉ばかりを食べていたそうで、壊血病にかかっていたという噂もありました。彼の体型からは想像に難くありません。
 テューダー朝では、豚肉は貧乏人の食べ物であるとされ、宮廷内で調理されることはありませんでした。トンカツ、しょうが焼き、角煮、豚肉料理を挙げればおいしそうなものばかりです。そのようなことを思ってしまう私は、とても宮廷などに上がることはできそうにありません。しかしながら、この時代の庶民にとっては豚肉でさえも贅沢品であったといいます。

DSC00378_convert_20120820014333.jpg

 肉の入ったパイもよく調理されました。耐熱皿がなかったこの時代には、パイ皮はオーブンに入れるためのお皿の役割を果たしていました。そのような理由で、この時代には皮はサーブされる前に剥がして捨てられたそうです。今考えるとなんとも勿体無い話です。

DSC00392_convert_20120820014218.jpg

 大量の食事をサーブするためには、大量の食器を必要としました。この時代にはピューターの器が使用されていました。銀色で統一された食卓の風景は荘厳であったに違いありません。しかしながら、私は陶磁器の華やかさを好みます。陶磁器と違って割れる心配がなかったピューターは、使用人たちにとってはありがたかったことでしょうけれども。

DSC00396_convert_20120820014628.jpg
 
 意外だったのは、ビール好きの国イギリスで、この時代には大量のワインが消費されていたということです。庶民の口に入っていたのかは甚だ疑問ですが、宮廷では年に三百樽ものワインが飲まれていたそうです。ビールも六十万ガロン(英国の1ガロンは約4.546リットル)も消費されていました。イギリス人の恐るべし Binge Drinking(ビンジ ドリンキング:アルコールを短時間に暴飲すること)文化は、この時代から花開いていたようです。あぁ、恐ろしや。

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

アンティークの街ルイス

 Lewes(ルイス)は、アンティークの街としても知られています。私が今回、ルイスを訪れたものアンティークハンティングが目的でした。早朝にロンドンを発ち、眠い目をこすりながら電車に揺られてきた私ですが、鉄道の駅を出て数分歩いたところに、Church Hill Antiques Centre(チャーチヒル・アンティーク・センター)を発見したことで一気に目が覚めました。

DSC01106_convert_20121104224358.jpg

 ルイスにはこのようなアンティークセンターが何軒もあります。広い店内にはたくさんのストールがあり、それぞれのディーラーさんが思い思いに商品のディスプレーをしています。委託販売なのかストールは無人で、どの商品も正面玄関そばのレジで会計をします。

DSC01113_convert_20121104224019.jpg

 商品は銀器から絵画、焼き物、玩具、書籍にいたるまで、ありとあらゆるものが揃っています。観光地で売っているような民芸品まであります。お値段は、各ディーラーさんに任されているようで、高価なものもありますが、ほとんどのものは、ロンドンのショップで買うよりも安かったように思います。よく探せばチャリティーショップカーブーツセールなみの値段で買うことのできるお宝もあります。10ポンド以下で買えるものも多数あり、アンティーク好きなら頭に血が上ること間違いなしです。

DSC01109_convert_20121104225220.jpg

 ルイスのアンティークショップの特徴は、正統派のアンティークに加えて、ジャンク、ヴィンテージ、コレクティブルの商品が多いことです。大多数のジャンクにアンティークが程よく混ざり合っていると言ったほうが正確かもしれません。私の好きなヴィンテージ食器もたくさんあって、見ているだけでも楽しくて楽しくて。

DSC01224_convert_20121104224254.jpg

 中心街にある、Cliffe High Street(クリフ・ハイストリート)には、アンティークショップが軒を連ねています。どのショップも17時には閉店してしまうので、私たちは休みなしでアンティークハントを続けました。どのショップにも無数に商品があり、アンティークが好きで好きでたまらない私でも、帰る頃には、さすがにもういいかなという気分になりました。
 この私を唸らせるとは、ルイス、なかなかやるな。と勝手にひとりごちた私は、また何回でも来てみようと思うのでした。

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

のどが痛くなったら

 風邪を引いたのか、喉がイガイガするので Jakemans(ジェイクマンズ)の Honey & Lemon Menthol(ハニー&レモンメントール)を試してみることにしました。パッケージがむかし懐かしのおかし屋さん風でかわいかったので迷わずカゴに放り込みました。パケ買いです。
 イギリスは日本ほど飴の種類が豊富ではありません。ミントかリコリスか甘ったるいだけの何味かよくわからないフレーバーのものがほとんどです。
 このハニーレモンには、レモンのすっぱさとはちみつの甘さを期待していましたが、実際は、ほんのりレモン風味のミント味でした。味としては悪くありませんが、いささか期待はずれでした。それもそのはず、発売元のジェイクマンズは、ミントベースの飴を専門に製造している老舗のお菓子屋さんです。ブルーベリーやブラックカラント味もあるそうです。しかしながらブルーベリーとミントは合うのでしょうか。チョコミントが苦手な私にとってはハードルが高そうです。何はともあれ、一度は試してみないと。

DSC01806_convert_20130126194119.jpg
Jakemans Honey & Lemon Menthol
黒い飴はリコリスミント味です。二度と買いません。

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

ピノッキオ

 大分前から家にあるピノッキオ君が本日の主役です。大きいほうは糸を引っ張ると手足が動きます。小さいほうはキーホルダーです。大きいほうは本棚に飾ってありましたが、キーホルダーは箱の中に入っていました。せっかくなので目につく場所にディスプレーすることにしました。
 ピノッキオの作者であるコッローディはフィレンツェの生まれであることから、フィレンツェのお土産屋さんには大小様々なピノッキオグッズが並んでいます。私の家にあるピノッキオ君も旅行に行ったときに購入したものです。

DSC08947_convert_20120331005038.jpg

 ピノッキオと言えばディズニー映画のイメージが強いですが、原作はイタリアの作家、カルロ・コッローディの「ピノッキオの冒険」という児童文学です。その物語は、子ども向けの作品でありながら法制度や当時の社会、政治を風刺する内容を含んでいるそうですが、私は、子どもの成長物語、または、冒険物語として、感動しながらも愉快に読むことができました。怠け者で、うまい話にはすぐに騙されてしまうピノッキオですが、自分の愚かさに気づいたピノッキオが働いてゼペットじいさんを助けるくだりは、泣かせます。ピノッキオさん、不器用でもよいからまっとうな大人におなりなさいね。

「えらいのね、ピノッキオ!あんたのやさしい思いやりのお礼に、きょうまであんたのしてきたいたずらをみんなゆるしてあげましょう。じぶんの親が貧乏や病気でこまっているとき心から親孝行する子どもは、いつでもうんとほめてもらい、うんとかわいがってもらう資格があるので。たとえその子が、いいつけをよくまもり、お行儀のいいお手本になるほどでなくても、ね。これからさきもよく考えておやりなさい。そうすればあんたはしあわせになれるでしょう。」
 ピノッキオの冒険より コッローディ:作 杉浦明平:訳 岩波少年文庫

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

Travel.jp 「たびねす」

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank"

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (47)
年中行事 (10)
博物館めぐり (29)
移民の街ロンドン (21)
ぶらりロンドン (49)
ふらっとイギリス (28)
安くておいしい (74)
お茶のはなし (17)
エコライフ (21)
花鳥風月 (32)
掘出物 (31)
ヴィンテージ (72)
日本とイギリス (8)
書物に親しむ (16)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (150)
優雅な国フランス (25)
情熱の国イタリア (5)
太陽の国スペイン (31)
哀愁のポルトガル (32)
勤勉な国ドイツ (17)
チョコレート王国ベルギー (23)
美しきオーストリア (12)
たびねす (1)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR