fc2ブログ

2024-04

Museum of Home 名称変更の本当の理由は

年末の休暇中に東ロンドンにある Museum of Home(ミュージアム オブ ホーム)に行ってきました。
この博物館は、2019年までは Geffrye Museum(ジェフリー博物館)という名称で親しまれていました。
名前を変えた理由は、表向きには博物館の趣旨を広く一般的に分かりやすくするためということになっていますが、本当の理由は博物館として使用されている建物を所有していた Sir Robert Geffrye(ロバート・ジェフリー)が奴隷貿易や強制労働によって富を得ていたことが明らかになったからです。

20231228_131927_convert_20231229081221.jpg

ロンドン市長を務めていたこともあるジェフリーは、1716年にアルムスハウス(救貧院)を開設し、20世紀初頭までの200年余りの間、貧しく身寄りのないお年寄たちに開放されていました。
彼が奴隷貿易に携わっていたこと、貧窮院を建てたことはどちらも歴史的史実。
そのことは以前から明らかだったはずですが、最近の風潮として政治的に正しくない行いは糾弾されます。

20231228_142421_convert_20231229081134.jpg

建物には彼の銅像が据えられており、それも問題視されました。
住民投票が行われ、80パーセント近くが銅像を取り外すべきだという意見を表明。
政治的圧力もあり、博物館関係者は検討を重ねた末に銅像は据え置くとの結論に達しました。

20231228_141912_mfnr_convert_20231229081037.jpg

その主な理由は以下の3点。
建物自体がグレード I 指定建造物に登録されているため、建物の一部を破壊するには考慮しなければならない法律があること。
銅像を残す代わりに、銅像が見える側を裏口とし、反対側に正面入り口をつくること。
今後は、博物館として負の歴史を含めて後世に伝えてゆく義務があること。

20231228_143529_mfnr_convert_20231229081002.jpg

銅像を取り外すか否か。
どちらが正しいという意見を私自身は持ちませんが、この時代に富を成した人たちは多かれ少なかれ、ジェフリーのように弱者を搾取して富を得てきたのではないでしょうか。
それを全て明らかにして白黒つけようとするならば、歴史的建造物のほとんどは破壊されなければならなくなってしまうように思います。

20231228_143657_mfnr_convert_20231229081115.jpg

この博物館は、2018年から2021年に再オープンするまでの3年ほど、改装のために閉鎖されていました。
今回は、リニューアルされてから初めての訪問。
ロンドンにある博物館の中では私が最も好きな場所です。
改装後、展示が多くなったと聞いていましたが、私としては前の方がよかったような...。

20231228_140324_convert_20231229081200.jpg

悪くはないのですが、以前の展示の方が純粋に時代ごとのインテリアの変遷を比べられるところが好きでした。
好きな時代のインテリアをずっと眺めていたかったのは、昔の展示。
今回訪れたのは12月だったので、インテリアのなかにクリスマスの雰囲気が楽しめたのはよかったのですが。

トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ロンドンの歴史が全てわかる「ロンドン博物館」でヴィクトリア朝にタイムスリップ

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


スポンサーサイト



遅ればせながらラクサデビュー

仕事ばかりの毎日に飽き飽きしていたところ、病院の予約が入りました。
診察後に久々にロンドン市内を散策
そして、アンティークマーケットが開催されるポートベローマーケット周辺にある、マレーシアカフェでランチを食べました。

このカフェを見つけた相棒は、自分はマレーシア料理を食べたことがあるかと聞いてきます。
何度も食べたことがあり、最初に食べたのは二人でオランダに旅行したときアムステルダムでと答えながら、自分の間違えにはたと気がつきました。
何度も食べたことがあるのはインドネシア料理でマレーシアじゃなかった。
実は私もマレーシア料理は食べたことがなかったのです。
というわけで、本当は日本食レストランに行く予定でしたが、予定を変更して、そのカフェでランチを食べることになりました。

20231216_151712_mfnr_convert_20231217095351.jpg

注文したのはラクサ。
数年前、ラクサブームが巻き起こっていた時には食べそびれていましたが、今頃になってようやくラクサデビューをいたしました。
イギリス人は猫舌なのか、レストランで熱々の料理が運ばれてきたためしがありません。
私はそれを常々不満に思っていましたが、ここのラクサは熱々。
周りのテーブルを見まわすと、どの料理からも湯気が立っていました。

Makan Cafe は大衆食堂風で店内が決してきれいとはいえませんが、味はすごくよかったです。
どの料理もおいしそうに見えたので、ぜひまた行って、今度はナシゴレンとミーゴレンを食べてみたいです。
ここを見つけた相棒、お手柄でした。

トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
もうマズイなんて言わせない!パブで味わう三大「イギリス料理」

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


久々のロンドン散策

最近、仕事が忙しすぎて週末も家で仕事をしています。
新しくはじめた職務ということもあり、今のところはこなしてゆくのが楽しいと思えているので、食料品の買い出しに出かける以外は外出もしないで家で黙々とパソコンに向かう日々です。

20231216_121807_convert_20231217094820.jpg

そんなある日、病院の予約が入りました。
耳の中でポンという音がして、しばらく飛行機や水の中にいるように耳がボーっとして詰まったような状態になることがしばしばあり、ジュニアGPドクターからの勧めで Specsavers(スペックセイバーズ)聴力検査を受けました。
検査をしても原因は分からず、症状も改善しなかったため、結局は耳鼻咽喉科の専門医に診てもらうことになったのです。

20231216_124920_convert_20231217094504.jpg

その予約が土曜日。
NHSでも一部ですが、土曜日の診療をしているのです。
病院の予約となれば行かないわけにはゆきません。
ロンドン中心部にある病院だったので、診察後、久々にセントラルやや外れロンドンをぶらぶらと歩きました。

20231216_125025_convert_20231217095019.jpg

まずは、パディントン駅周辺を散策し、クイーンズウェイを通って、毎週土曜日にアンティークマーケットが行われているポートベローマーケットまで足を延ばしました。
マーケットの出ているノッテングヒルにはチャリティーショップが多くて楽しかったです。

20231216_130239_convert_20231217095238.jpg

久々の外出はとても楽しく気分転換になりました。
一段落がつくまでと決めて取り組んでいますが、仕事ばかりの毎日は健全とはいえません。
早く落ち着いて、仕事などしなくてもよい本来の週末が早く戻ってくることを願うばかりです。

トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
「ロンドン・ドックランズ博物館」その名を馳せた埠頭の過去と現在

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


大英図書館 リーディングルームに行ってきた

どこにも行かないホリデー最終日には The British Library(大英図書館)に行ってきました。
この図書館は日本でいうところの国立国会図書館のような存在で、イギリスとアイルランドで出版された本を全て1冊ずつ蔵書にしているのだとか。

20230331_135845_convert_20230403070206.jpg

貴重な本が数多く保管されいるのはもちろんですが、その一部は常設展示されていて誰でも見ることができます。
マグナ カルタの手稿やシェイクスピアのファースト フォリオ(シェイクスピアの戯曲をまとめて出版した最初の作品集)が有名でしょうか。

20230331_143654_mfnr_convert_20230403070054.jpg

常設展示のほかに有料の特別展示なんかもあり、博物館のようにも楽しめる大英図書館ですが、今回の目的はリーディングルームに行くこと。
リーディングルームとは閲覧室のことで、身分証明書を提示して会員証を作れば誰でも入室することができます。
イギリス国外に住んでいる人は1年有効のパス、国内在住者には5年有効のパスが発行されます。

20230331_143340_mfnr_convert_20230403070721.jpg

全ての蔵書は禁帯出で、リーディングルーム内でだけ読めるようになっています。
閉架式図書館なので、読みたい本をオンライカタログから選ぶことになります。
事前予約も、当日にリクエストすることも可能。
一部開架式の書棚もあったので、行った日にはそれらの本を眺めていましたが、今度行くときにはカタログから本を選びたいですね。
読書や調べもの、勉強をしている人がほとんどで、とても静かで落ち着いた雰囲気でした。

20230331_150427_mfnr_convert_20230403065844.jpg

定年退職(イギリスでは2011年からこの制度が撤廃されて、年齢で仕事を辞めさせられることはないのですが)したら毎日ここに入り浸って本でも読みたいなぁと思ったのでした。
あっ、でも、蔵書のほとんどは英語なので自分で日本語の本を持ち込まないと睡眠学習になってしまいそう。
その頃にはフリーダムパス(シニア向けのロンドン交通局の無料パス)も持っているはずだし。
お弁当を持って毎日通いたいな。
そのためには、長生きしないとですね。

トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
英国「ストラトフォード・アポン・エイボン」シェイクスピアが愛した街を歩く

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


久々に大英博物館に行ったというのに

休暇中、お天気が悪すぎたことと、NHSでの治療の予定が入るかもしれないのとで(結局はありませんでしたけれども)国内、国外を問わず旅行ができませんでした。
というわけで、ロンドンをぶらぶらしようと、久々に大英博物館に行きました。
館内では真面目に展示物を見たつもりでした。
その時は「へーすごいなぁ」とか、「貴重なものなんだろうなぁ」とかいちいち感心した覚えはありますが、後になってからブログを書こうとするとほとんど覚えていないという...。
ダメダメですね。

20230329_130429_convert_20230331043746.jpg

で、覚えているのはミイラの展示とミュージアムショップのことだけ。
ミイラはいつ見てもすごいなぁと思えます。

20230329_164450_mfnr_convert_20230331043853.jpg

最後に見た展示がミイラだったこともあって、その後に行ったショップでは、エジプトのファラオと神々を模したぬいぐるみに釘付けになりました。

20230329_164432_mfnr_convert_20230331043840.jpg

ネコ神様(バステトというらしい)
イヌ神様(アヌビスというらしい)
ファラオ仕様のクマちゃんにおいては、目元の化粧がとてもかわいらしい。

20230329_164934_convert_20230331043608.jpg

そして、展示とは直接関係がありませんが、イギリス関連土産のピーターラビット。
イギリス国旗、ユニオンジャックとの組み合わせが新鮮でほしくなってしまいました。
ペンケースは使わないだろうと、同じデザインのキーホルダーを買おうかとても迷いましたが、結局買いませんでした。
でも、かわいらしい物をたくさん見て気分が上がりました。

20230329_153910_mfnr_convert_20230331043733.jpg

この日の目的は、大英博物館とその近くにある「abeno」さんでお好み焼きのを食べることでした。
でも、予約なしで行ったら空席がなく止む無く断念。
仕方がないので、近くにある韓国レストランに行ってビビンバを食べました。
相棒はスンドゥブとライスのセット。
どちらも石鍋に入って出てきて、スンドゥブはぐつぐつに煮え立っていました。
量は少なかったですが、とてもおいしかったです。
あまりにもおいしくて、次の日にレシピを調べてナムルを手作りしてなんちゃってビビンバを作ったのでした。

20230329_181859_convert_20230331043457.jpg

最後に、こちらも久々のジョン ルイス(百貨店)に寄ってみました。
平日だったせいかお客さんの姿もまばらで、商品が整然と並んでいる姿はまるで博物館のよう。
食器や家具のコーナーを大英博物館よりも真剣に見学してから家路についたのでした。
博物館とデパートって似たところがありませんか?

トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ロンドン「V&A 子ども博物館」で懐かしのレトロ&ヴィンテージおもちゃに出会える

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


キングスクロスの新名所 コール ドロップ ヤード

エリザベスラインで向かった先は、キングス クロス駅に隣接する Coal Drops Yard(コール ドロップ ヤード)。
食事や買い物が楽しめるショッピングセンターです。

20230327_141827_convert_20230331083309.jpg
コール ドロップ ヤードは、石炭の貯蔵庫の名称でした。

まずは、簡単に歴史に触れておきましょう。
ヴィクトリア朝においてキングス クロス駅は、イギリス北部で産出される石炭が運びこまれる拠点でした。

20230327_130146_convert_20230331083941.jpg

もともとキングス クロス駅は、イングランド北部の主要な工業都市と結ばれていたリージェント カナル(運河)に隣接しています。
水運と鉄道とが結び付いて、工業地帯として発達したのです。
また、石炭だけではなくガス工場も併設されていたため、ヴィクトリア朝には、多くの労働者で賑わう地域となりました。

20230327_131005_convert_20230331083227.jpg
ガスタンクを模したフラット(集合住宅)
外側に見える黒っぽいフレームは当時の物が改装されて公園のシンボルとなりました


イギリスの多くの工業地帯がそうであるように、産業が衰退するとその土地は荒廃の一途をたどります。
キングス クロス駅周辺も例外ではなく、荒れた地域を立て直すための再開発事業として、コール ドロップ ヤードがショッピングセンターとして生まれ変わりました。

20230327_125909_convert_20230331083101.jpg

コール ドロップ ヤードは、一坪ショップのような狭いお店が多い、とてもおしゃれな空間です。
ショップを覗いた後は HIDEN(秘伝)という日本のカレー店でお昼を食べました。
メニューには、ビーフとチキン、ベジタリアンしかないこだわりのカレー屋さん。

20230327_142550_convert_20230331083356.jpg
肝心のカレーの写真を撮り忘れてしまいました...。

テイクアウェー専門ですが、お天気がよかったので外のベンチで食べました。
イギリスでは宗教上の理由から、カレーといえばチキンが一般的。
ビーフカレーを食べるのは久しぶりで、とてもおいしかったです。
そして、思ったよりも辛くてびっくりしました。
相棒の食べたチキンのほうがいくらかマイルドでした。

20230327_151916_convert_20230331083423.jpg

昼食の後はカナル沿いにあるナローボートの本屋さんを見て、運河を渡った向かい側にある Camley Street Natural Park を散策しました。
人通りの多いロンドン中心街にある自然保護区で、池、湿地、森林、牧草地の生息地がすべて公園内にあるのだとか。
決して広くはありませんが、外界とは遮断された都会のオアシス感満載の公園内はとても静か。

20230327_153011_convert_20230331083710.jpg

最後に、グーグルのUKオフィスを見て帰りました。
桜が満開できれい!
よい時期に来られました。
でも、グーグルだけに、この桜がホログラムだったら嫌だなぁなんて一瞬思ってしまいました。

20230327_170921_convert_20230331083631.jpg

コール ドロップ ヤードの敷地内には LGBTQ に関連した博物館があります。
そこも見たかったのですが、この日は閉館日で訪れることができずに残念でした。
次は Queer Britain(クィア ブリテン)をメインに出かけることにします。

トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ロンドンでテムズ川クルーズ「サザーク」半日観光モデルコース

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


エリザベスラインに乗って

夏時間、ブリティッシュサマータイムが始まって日は長くなったのに、寒くて雨模様の日が続いているロンドン。
ロンドンだけではなく、イギリス全土が信じられないくらいの悪天候に見舞われました。
イギリスらしい天候といってしまえばそれまでなのですが。

20230327_122100_convert_20230331040748.jpg
ファリンドン駅で乗り換え

せっかく休みを取ってあったというのに、このお天気では遠出をする気にもなりません。
結局、コロナ禍以来初めての旅行をしない春休暇となってしまいました。
まぁ、お天気がよくてもNHSでの治療の日程が確定していなかったので、どこにも行けない状況は同じだったかもしれませんけれども。
仕方がないので、ロンドン市内を散策することにしました。

20230327_124355_convert_20230331040859.jpg

昨年5月に開通したエリザベスラインに乗って向かったのは、キングス ク ロス駅。
目的地に向かう前に、隣接するセント パンクラス駅にも行ってみました。
この駅は、パリやベルギーのブリュッセルへ向かうユーロスターの発着駅として知られています。
19世紀、ヴィクトリア朝に建設された駅舎が美しい!
建物の一部はホテル(ルネッサンス ホテル)となっています。

20230327_124321_convert_20230331041040.jpg

このような美しい建物を見ると、自分がロンドンにいることを実感します。
たまには、セントラルに出て壮大な建築物を眺めるのもいいなぁと思いました。
そうでないと、イギリスに住んでいることを忘れてしまいそうになります。
久々に見た歴史的建造物に感激した後は、目的地へと向かいます。

トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
カワイイ&ステキの宝庫!ブリュッセル「ジュ ド バル広場の蚤の市」

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

スポンサーリンク

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

LINE トラベルjp

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

ブログ村読者登録

ロンドン発 -庶民的生活- - にほんブログ村

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (268)
プロパティーラダー (25)
年中行事 (16)
博物館めぐり (32)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (86)
ふらっとイギリス (112)
安くておいしい (252)
お茶のはなし (22)
エコライフ (28)
花鳥風月 (71)
掘出物 (36)
ヴィンテージ (101)
日本とイギリス (15)
病院通い (54)
書物に親しむ (18)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (276)
フランス (26)
イタリア (25)
スペイン (50)
ポルトガル (99)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (24)
オーストリア (12)
たびねす (5)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーリンク