2017-03

真夏のラベンダー畑

 雲一つない青空が広がる晴天のロンドン。絶好のピクニック日和に、サリー州にある Mayfield Lavender(メイフィールド・ラベンダー)に行きました。広々とした畑は25エーカーもあり、一面をパープルにに染めるラベンダーは、全てオーガニック栽培されているそうです。

IMG_9762_convert_20160818172857.jpg

 バスを降り立った途端に、ラベンダーの優しい香りがあたり一面に広がりました。ただただラベンダー畑を歩き、その香りを胸に吸い込み、ぶんぶんと羽音を立てるハチにおののき、そうしているだけで、とても楽しい時間が過ぎました。

IMG_9845_convert_20160818171904.jpg

 ランチには、ラベンダーづくしのアフタヌーンティーをいただきました。ラベンダーティーに、ラベンダースコーン、ファッジやショートブレッドにもラベンダーが練りこまれています。暑い日には、少し甘すぎるようにも感じましたが、おいしくいただきました。

IMG_9765_convert_20160818172109.jpg

 TFL(ロンドン交通局)のオイスターカードが使える距離にあって、こんなに素敵な場所があることを知り感激しました。最寄駅は、ナショナル・レイルとオーバーグランドが交差する West Croydon(ウエスト・クロイドン)で、そこから166番のバスに乗ります。

IMG_9867_convert_20160818172242.jpg

 メイフィールド・ラベンダーの公式サイトには、Victoria(ヴィクトリア)駅からナショナル・レイルでウエスト・クロイドンに行く方法が載っていますが、私たちは最寄りのオーバーグランドの駅まで行って、そこからオーバーグランドを乗り継いでウエスト・クロイドンまで行きました。
 普段は利用しないオーバーグランドでの移動は楽しくもありましたが、スピードがものすごく遅くて、到着するまでに思わぬ時間がかかりました。166番のバスは長い距離を走ります。クロイドン市街を抜けて田舎道に入ったあたりからの風景が、とてものどかで美しいです。

IMG_9839_convert_20160818172802.jpg

 デザートに食べたラベンダーアイスクリームがさっぱりとしていて、とてもおいしかったので、お土産には、お茶にしたりお菓子に混ぜてもよいというドライラベンダーを購入しました。市販のアイスクリームに混ぜるだけでラベンダーアイスクリームが楽しめます。また長い時間をかけて家路へと向かいましたが、とても充実した1日でした。

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
スペイン「ホテル セルコテル サン フアン デ ロス レイエス」古都トレドの風格あるホテル

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ


スポンサーサイト

野うさぎに出会う

 Richmond Park(リッチモンド・パーク)内にある Isabella Plantation(イザベラ・プランテーション)につつじを見に行きました。

IMG_8548_convert_20160515194817.jpg

 5月中旬でしたが、満開には少し早いというところでした。ここには毎年足を運んでいますが、いつも、いちばんよい時期を逃してしまって残念です。花の開花を予想するのはとても難しいことです。

IMG_8632_convert_20160515194913.jpg

 この日、野うさぎを見ました。うさぎ穴から顔を出し、辺りをうかがいながら地上に出てきては、駆け回ったり、草を食んだりしていてとてもかわいらしかったです。警戒心が強く、人間が少しでも近づくとたちまち穴の中に戻ってしまいます。赤ちゃんうさぎもいました。春は子育ての季節です。

IMG_8576_convert_20160515193354.jpg

 イザベラ・プランテーション内の池には、カモの赤ちゃんもいました。お母さんガモが10羽もの赤ちゃんを育てているようで、とても忙しそうにしていました。カモやアヒルのヒナのことを英語では duckling(ダックリン)といいますが、響きがかわいらしいです。

IMG_8620_convert_20160515195044.jpg

 チューリップの季節が終わり、次は、花壇にはどのような花が植えられるのでしょうか。楽しみです。

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ロンドン郊外ケンプトン「サンバリー・アンティーク・マーケット」で大満足!攻略法を一挙大公開

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ


感激のホランド・パーク

 5月上旬の晴れた日に Holland Park(ホランド・パーク)に行きました。リージェント・パークリッチモンド・パークなど、ロンドンにある有名な公園の多くは、ロイヤル・パークといって、もともとは王族が狩を楽しむために所有していた土地でしたが、ここホランド・パークには、個人の邸宅が建てられていたそうです。建物は第二次世界大戦で爆撃され、廃墟のまま放置されていましたが、1952年に行政に売却され、以後は、公共の公園として一般に開放されています。

IMG_8367_convert_20160507074840.jpg

 ここホランド・パーク一帯は、ロンドンでも一二を争う超高級住宅街です。公園で遊ぶ子どもたちのなかには、自宅のプールが水ではなくて石油で満たされていそうなアラブ人のご子息や、フィリピン人の子守を従えた子どもたちの姿もちらほら。どのような職業に就けば、このような場所に家を持つことができるのか、私には想像することすらできません。

IMG_8391_convert_20160507074233.jpg

 ここホランド・パーク内には、「京都ガーデン」と「福島メモリアルガーデン」よばれる日本庭園がありますが、私が訪れた日には、鯉のぼりが飾られていました。ロンドンで鯉のぼりを見ることができるなどとは全く予想もしておらず、そういえば、子どもの日が近いことを思い出し、とても感激しました。

IMG_8440_convert_20160507073144.jpg

 そして、この公園で人気を独占しているのは数羽いるオスの孔雀です。日本庭園の周囲を歩いていることが多く、いつも大きな声で鳴いています。この日は、虫の居所が悪かったのか、観客がたくさんいて嬉しかったのか、羽を全開にして私たちの目を楽しませてくれました。どうやらハトを威嚇していたようでしたが、ハトが全く怖がっていなかったのがおかしかったです。

IMG_8429_convert_20160507073052.jpg

 孔雀はなかなか羽を広げてくれないといわれていますが、私が訪れた日は、開いたり閉じたりを繰り返し、全開にしてはその羽をぶるぶると震わせ、カメラを向ける人たちを喜ばせてくれました。気がつけば私も同じような写真を100枚近くも撮っていました。

IMG_8488_convert_20160507073222.jpg

 ブルーベルも満開を少し過ぎた頃で、青い絨毯のように咲き乱れていました。ロンドンは初夏が美しいです。

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ロンドン ケンジントン宮殿でいただく「アフタヌーンティー」オランジュリーで過ごす優雅なひと時

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ


どのブルーベル?

 ロンドンで見ることのできるブルーベルは、イングリッシュ、スパニッシュ、そして、その2つの交配種であるハイブリットの3種類です。名前からも推察できるように、スパニッシュブルーベルは外来種ですが、在来種であるイングリッシュブルーベルを駆逐するほどの勢いで増え続けているそうです。
 4月末から5月にかけてブルーベルが咲き始めます。そこらじゅうに雑草のように生えているブルーベルのほとんどは、スパニッシュかハイブリットなのだそうで、私はまだイングリッシュブルーベルを見たことがありません。在来種でありながら、もはやロンドン郊外ある群生地に行かないと見られないのです。

IMG_0244_convert_20160503012058.jpg
知人宅に咲くブルーベル

 先日、知人宅でブルーベルを見つけました。手入れが行き届いていない花壇には、雑草に混じってブルーベルが点在していました。生えている場所によって花の色が濃かったり薄かったりしましたが、日陰にある花ほどイングリッシュブルーベルに近い濃い青色でした。
 興奮しながら知人に聞いてみると、「ブルーベルなど植えた覚えはないが、自然に生えていた。種類があることすら知らなかった。庭の手入れをしていなくて申し訳ない」という返事が返ってきました。申し訳ないと言われて、私も散々恐縮しながら、写真を撮らせていただきました。

DSC00879_convert_20100618025440.jpg
どこにでも咲いているスパニッシュブルーベル

 ウィキペディアによると、スパニッシュには、イングリッシュより花が大きく開いている、花茎が直立している、花が両側から釣り下がっている、葉の幅が広い、香りが弱いなどの特徴があるそうです。イングリッシュを見たことのない私は、花の大きさや葉の幅などは比べようもありませんが、知人宅のブルーベルは、花が両側から釣り下がっていたので、残念ながらイングリッシュではなさそうです。
 今年も時期を逃してしまったようですが、来年こそは群生地に足を運んでイ念願のングリッシュブルーベルを見てみたいです。

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
「ファルコン ホテル」英国ストラトフォード・アポン・エイボンに現存する中世の旅籠

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ


リージェント・パーク

 Queen Mary’s Garden(クィーン・メアリーズ・ガーデン)のバラを楽しみに、Regent's Park(リージェント・パーク)を訪れました。ここは、ロイヤル・パークの一つに数えられる場所です。かつて、王族が狩を楽しんだという広い空間は、現在では公園として一般に公開されています。

IMG_4935_convert_20150628214120.jpg

 人が多いセントラルを極力避けるように生活をしている私は、何年かぶりにこの公園に足を踏み入れました。そして、夏に来たのは初めてだということに気がつきました。

IMG_4942_convert_20150628213718.jpg

 ローズ・ガーデンはもちろんのこと、手入れの行き届いたフラワー・ガーデンも思っていたよりもずっと美しかったです。色の組み合わせがとても素敵でした。

IMG_4932_convert_20150628213824.jpg

 特に、イングランドの国旗をかたどった赤と白のお花がかわいかったです。
 この日は晴天。私たちはお弁当を持って出かけました。ベンチに座って食べましたが、シートを持ってきて、本格的にピクニックを楽しんでいる人の姿も目立ちました。

IMG_4944_convert_20150628213850.jpg

 こんなに素敵な公園が近くにあったら、毎週のようにピクニックができそうです。イギリスは、春から初夏にかけての短い時期が一番美しい季節なのだとしみじみと感じ入りました。

IMG_4937_convert_20150628214018.jpg

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

Column Latte さんにてコラムを書かせていただくことになりました。よろしければそちらもご覧ください。
イギリスの公園でスローな時間を。ロンドンが誇る有名ロイヤル・パーク3選

Queen Mary's Garden

 ロンドンにあるバラ園のなかでは、Regent's Park(リージェント・パーク)内にある Queen Mary’s Garden(クィーン・メアリーズ・ガーデン)が特に有名です。

IMG_4953_convert_20150628185551.jpg

 一面のバラ、バラ、バラ。バラ好きにはたまらない場所です。バラ好きの一人として、私もその香りを堪能しました。もちろん、大興奮で写真もたくさん撮りました。

IMG_5022_convert_20150628184952.jpg

 私たちが訪れた日は晴天で、公園内でピクニックをしている人の姿も目立ちました。

IMG_5096_convert_20150628192034.jpg

 ここには、様々な品種の約12,000本ものバラが植えられているそうです。ロンドンのバラ園としては最大の規模を誇るのだとか。
 「アイスクリーム」や「ラッキー」など、面白い名前がついているバラもたくさんあります。「ラッキー」は特に人気が高く、そこを通りかかる人たちが、口々に「このバラ、ラッキーだって!!」と、言いながら写真を撮っていたのがおもしろかったです。

IMG_5040_convert_20150628190833.jpg

 このバラ園は、1932年から一般に開放されているそうですが、その名前は、ヴィクトリア女王の孫に当たるジョージ5世の妃、メアリー・オブ・テックに由来するそうです。

IMG_5068_convert_20150628185944.jpg

 秋のバラが満開になる頃にも、もう一度訪れたいです。夏とは一味違った雰囲気が楽しめそうです。

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

Column Latte さんにてコラムを書かせていただくことになりました。よろしければそちらもご覧ください。
海外旅行、空港で既にトラブル発生!?機内持ち込みや乗り換え時の注意点11選

リスと花とヒトと

 せわしなく動き回るリスはロンドン中に生息しています。公園など緑の多い場所では勿論、市街地でも街路樹を駆け登るリスの姿を見ることができます。このリスたちは、かわいい顔をしていますが乱暴者もいるので注意が必要です。ナッツやパンくずを投げてやると大抵のリスは、餌を持っている人の傍に寄ってきてお行儀よく餌を食べますが、凶暴なリスは人の頭に載って爪を立てます。
 私は以前、奇声を上げながら赤い花を食い尽くすリスを見たことがあります。彼は公園の花壇に陣取って、バリバリと音を立てながら花をむさぼっていました。色とりどりの花が咲いていましたが、彼はなぜだか赤い花だけを選んで食べていました。食べながら、あの小さな体からは想像ができないくらい大きな声で鳴いていました。それは朝の出勤途中の出来事でしたが、背筋が寒くなるような光景でした。私は思わず足を止めてしばらくの間リスに見入ってしまいました。道行く人たちもびっくりして足を止めていました。隣の人と「これ、リスだよねぇ。」と確認し合う人もいました。

DSC01360_convert_20100627060334.jpg
木に登るリス

 どこででも目にすることができるこのリスは American grey squirrels という種類で1800年代にイギリス国内にもたらされた外来種です。イギリスにはもともと English red squirrels という在来種が生息していましたが、grey の数が増えたために生息数が激減しました。grey は、red に比べて食べ物の許容範囲が広く攻撃的な性質を持っています。更に grey は red にとっては致命的な病原菌を運んできました。この菌は grey にとっては命の脅威ではありません。
 私は English red squirrels を一度も見たことがありませんが、現在はこの red を保護する活動が行われています。このままでは、grey が人間の手によって駆逐される日も近いような気がします。自然の摂理とはいえ同じリス同士、仲良く共生できないというのは全く残念な話です。

DSC01359_convert_20100627060100.jpg
American grey squirrels
 普段はどこにでもいる灰色リスですが、いざ写真を撮ろうとするとなかなか見つけることができませんでした。しかも、私がカメラを手に近づいていくとすばしっこく逃げ出しました。

 外来種が在来種を脅かすという現象は、イギリスの春を代表する花である Bluebell(ブルーベル)にも及んでいます。現在イギリス国内で見ることのできるブルーベルは、在来種のイングリッシュブルーベルと外来種のスパニッシュブルーベル、そして二つの交雑種の三種類です。残念ながらこちらも優勢なのは外来種と交雑種です。

DSC00879_convert_20100618025440.jpg
Bluebell
 家の近所に咲いていたブルーベルの写真です。恐らくスパニッシュブルーベルか交雑種です。スパニッシュブルーベルは、イングリッシュブルーベルより薄い青色で花が大きく開いていているのが特徴です。

DSC00121_convert_20100627061315.jpg
Whitechapel Market(ホワイトチャペル・マーケット)にて 優勢な外来種のヒトビト
 私も外来種です。ヒトビトは仲良く共存しています!?イギリスの寛容さに感謝。

参考文献:BBC NewsForestry Commission 公式ホームページ

読んでくださいましてありがとうございました。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

Travel.jp 「たびねす」

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank"

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (47)
年中行事 (10)
博物館めぐり (29)
移民の街ロンドン (21)
ぶらりロンドン (49)
ふらっとイギリス (28)
安くておいしい (74)
お茶のはなし (17)
エコライフ (21)
花鳥風月 (32)
掘出物 (31)
ヴィンテージ (72)
日本とイギリス (8)
書物に親しむ (16)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (150)
優雅な国フランス (25)
情熱の国イタリア (5)
太陽の国スペイン (31)
哀愁のポルトガル (32)
勤勉な国ドイツ (17)
チョコレート王国ベルギー (23)
美しきオーストリア (12)
たびねす (1)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR