2018-07

バラの季節がやってきた

バラの季節がやってきました。今年も Regent's Park(リージェント・パーク)内にある Queen Mary’s Garden(クィーン・メアリーズ・ガーデン)へ行ってきました。

IMG_6326_convert_20180612063227.jpg

例年この時期はなかなか忙しく、バラの見ごろを逸してしまいます。終わりかけのバラを見ながら「来年こそは」と思うのが恒例行事のようになってしまっていました。

IMG_6389_convert_20180612064306.jpg

今年は、近所のお宅の庭にバラが咲きはじめてすぐにリージェント・パークへと出掛けました。少し張り切りすぎたのか、時期が少し早かったようです。

IMG_6392_convert_20180612063404.jpg

品種によって満開だったり、まだ固いつぼみだったりとまちまちでしたが、つぼみの割合のほうが多かったように思います。そんななかで、もう終わってしまった花もあって、花の見ごろを予想するのは本当に難しいと思いました。

IMG_6395_convert_20180612063242.jpg

いつもより2週間くらい早く行ったので、今までに見たことのなかった種類の花がたくさん咲いていました。ひとえにバラと言っても、さまざまな色や形があるものです。パープルのバラに、白地にピンクのグラデーションが美しいバラ。

IMG_6429_convert_20180612063923.jpg

この公園が近所にあったなら、毎日でも通って日々の変化を観察したいところです。来年こそは早すぎず、遅すぎず、今が満開というローズガーデンが見られますように。

トラベルジェイピー にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
シェイクスピアを育んだ街 英国「ストラトフォード・アポン・エイボン」

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


スポンサーサイト

雨のイザベラ・プランテーション

 去年は、時期を逃してしまって見ることができなかったのつつじ。今年は満開、ちょうど見ごろというタイミングで Richmond Park(リッチモンド・パーク)内にある Isabella Plantation(イザベラ・プランテーション)に行くことができました。1週間前の週末のことです。

DSC06194_convert_20180519073109.jpg

 去年は完全に散ってしまってから、一昨年は七部咲きくらいの時期に行ったので、今年は満開が見られてうれしかったです。花の開花時期はその年の気候によって異なるので、予想するのが本当に難しいです。

DSC06200_convert_20180519073624.jpg

 4・5月は仕事が忙しいうえに、今年のように寒くなったり暑くなったりと、天候が安定しない年もあるので、うっかりしていると、つい見ごろを逃してしまいます。

DSC06210_convert_20180519073257.jpg

 今年はここを訪れたという同僚の話しを聞いて、その次の週末に慌てて出かけました。雨の予報でしたが、時期を逃したくなかったのです。

DSC06222_convert_20180519073411.jpg

 本当はピクニックでもしたかったのですが、雨はだんだん激しくなり、土砂降りに近い状態に。しかも気温が低くとても寒かったです。お花は大変美しかったのに残念。

DSC06203_convert_20180519073800.jpg

 雨露に濡れる花の姿が予想以上に美しかったことと、もう完全に終わっているだろうと思っていたブルーベルが少し残っていたので、行ってよかったと思いました。それに、生まれたばかりの水鳥の雛も見られました。

DSC06225_convert_20180519073451.jpg

 とは言っても、お花見に行くなら、青空が美しい日のほうがよいに決まっています。来年は、満開のつつじを晴天の空の下で見られますように。

トラベルジェイピー にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ロンドン「オスタリーパーク」イングリッシュブルーベルの群生地

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


満開のブルーベル

 花の開花を予想するのは難しいことです。特に今年は真冬のように寒い日がつづくと思えば、急に真夏日がやってきたり。気がつけば道端にブルーベルが咲きはじめたので、イングリッシュブルーベルの群生地のひとつ Osterley Park & House(オスタリーパーク アンド ハウス)へ行ってきました。

IMG_5978_convert_20180507041424.jpg

 この公園と、敷地内にある邸宅は National Trust(ナショナルトラスト)によって運営管理されています。公園となっている部分には誰でも自由に出入りすることができますが、邸宅とその庭園を見学するには入場料が必要です。

IMG_5982_convert_20180507041510.jpg

 イングリッシュブルーベルは庭園内に群生しているので、お金を払って中に入ります。金額は寄付金込みかそうでないかを選べますが、私たちはいつも寄付金込みの金額を選ぶようにしています。といっても、1ポンド強しか違いません。ビスケット1パックくらいの値段で、維持費の足しになるのなら喜んで。

IMG_5993_convert_20180507041610.jpg

 イギリスを代表する春の花ブルーベルは、イングリッシュ、スパニッシュ、そして、その2つの交配種であるハイブリットの3種類。名前からも推察できるように、スパニッシュブルーベルは外来種ですが、在来種であるイングリッシュブルーベルを駆逐するほどの勢いで増え続けています。その結果、在来種であるはずのイングリッシュブルーベルは、人の手で守られている群生地に行かないと見られなくなってしまったのです。

IMG_6022_convert_20180507042103.jpg

 全世界のブルーベルのうち約半数がイギリス国内に生息しているそうです。かつて、オスタリーハウスの住人が散歩を楽しんだという The Long Walk(ザ ロング ウォーク)にも、ブルーベルが満開でした。青いカーペットを敷き詰めたようにとまではいきませんが、濃い青色に輝くブルーベルが集まって咲く姿は感動的。

IMG_6036_convert_20180507042023.jpg

 去年も5月最初のバンクホリデーにここを訪れましたが、ちょうど見ごろという時期は逃してしまいました。もう1週早く来ていたなら満開のブルーベルを見られたのにというお話をスタッフから聞きました。今年は運よく満開。

IMG_6059_convert_20180507042251.jpg

 晴天の青空に映えるブルーベル。近くから見ても遠くから見ても可憐で美しい花。ピクニックをしながら1日中、庭園を散策しました。来年もまた満開のブルーベルが見られますように。

「トラベルジェイピー」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ロンドン郊外「リッチモンド」テムズ川と美しい緑の空間を満喫

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


春はお花の季節(なのに雪)

 3月だというのに2回目の雪に見舞われたロンドン。まだまだ寒い日が続いています。そんななかでも咲きはじめたラッパ水仙は、イギリスでは春の訪れを告げる花として知られています。水仙の次はブルーベル、Isabella Plantation(イザベラ プランテーション)のつつじと花の開花ラッシュが訪れるはずですが、こう寒くては花に申し訳ない気がします。
 4月末から5月にかけて咲くブルーベルを毎年楽しみにしています。去年は見ごろを少し逃してしまったので、今年は満開の時期をねらって「オスタリーパーク」に出掛けたいと思っています。花の開花を予測するのは、なかなか難しいのですけれどもね。

「トラベルジェイピー/Travel.jp」 に記事をアップしました。
よろしければご覧ください。
↓↓↓
ロンドン「オスタリーパーク」イングリッシュブルーベルの群生地

IMG_1906_convert_20180325083110.jpg

過去記事一覧
↓↓↓
「オビドス」青と黄色に彩られるポルトガルで最も美しい村 | ポルトガル

顧客は女王様!イギリスのスーパー「ウェイトローズ」は王室御用達

セゴビア三大名所から徒歩圏内「ホテル パラシオサンファクンド」

「ロンドン・ドックランズ博物館」その名を馳せた埠頭の過去と現在

スペイン「セゴビア」知られざる教会と秘宝を有する修道院

スペイン世界遺産「セゴビア旧市街」絶対に外せない三大名所

港町「ヘイスティングス」英国が誇る美しいビーチと町並み

マルタ共和国 海辺のリゾート・スリーマの高級ホテル「ザ・パレス」

マルタ共和国「イムディーナ」古都の雅を今に伝える城壁の町

もうマズイなんて言わせない!パブで味わう三大「イギリス料理」

英国ストラトフォード・アポン・エイボン「メアリー・アーデンの家」シェイクスピアの母を育んだ農場

マルタ共和国の首都「ヴァレッタ」街全体が世界遺産の要塞都市

キラキラと輝く青の宝石!マルタ共和国「スリーマ」の海岸線

キーワードは最小限&使い捨て!海外旅行の荷物を減らすコツ

ロンドン「大英博物館」で垂涎のアンティーク食器と出会う

イギリスの味覚に挑戦!「すっぱおいしい」お土産3選

英国で中世の建築にふれる旅 シェイクスピアの故郷「ストラトフォード・アポン・エイボン」

「シティ・オブ・ロンドン」歴史が凝縮されたロンドン最古の場所

これぞイギリス土産!「ミスター・キプリング」のおもてなしスイーツ

下町ロンドンにある「ベーグル・ベイク」は早い安い旨いが基本!

スペインの古都「トレド」で教会めぐり 異文化が融合するエキゾチックな空間

ロンドン「V&A 子ども博物館」で懐かしのレトロ&ヴィンテージおもちゃに出会える

スペイン「トレド」中世で歩みを止めた異国情緒漂う世界遺産の街

スペイン「ホテル セルコテル サン フアン デ ロス レイエス」古都トレドの風格あるホテル

駆け足でも見ごたえ充分!ロンドン「大英博物館」攻略法

ロンドン「ジェフリー博物館」アンティーク家具に見るインテリアの歴史400年

ヘンリー8世に出会える!ロンドン郊外「ハンプトン・コート宮殿」で英国の歴史にふれる

「東ロンドン」は日曜日がおもしろい!マーケットとエスニックグルメを満喫

ロンドン郊外ケンプトン「サンバリー・アンティーク・マーケット」で大満足!攻略法を一挙大公開

英国「ストラトフォード・アポン・エイボン」シェイクスピアが愛した街を歩く

ロンドン ケンジントン宮殿でいただく「アフタヌーンティー」オランジュリーで過ごす優雅なひと時

シェイクスピアを育んだ街 英国「ストラトフォード・アポン・エイボン」

「ファルコン ホテル」英国ストラトフォード・アポン・エイボンに現存する中世の旅籠

ロンドン「バラマーケット」で実感 オーガニック先進国イギリスの「食」へのこだわり

ロンドン郊外「リッチモンド」テムズ川と美しい緑の空間を満喫

ロンドン随一の蚤の市「チズウィック・カーブーツセール」で掘り出し物を見つけよう

イギリス土産の決定版!ティータイムを彩る定番ビスケット5選

舞台はロンドン!名探偵「シャーロック・ホームズ」の軌跡を追え

ウィリアム王子が暮らすロンドン「ケンジントン宮殿」ヴィクトリア女王ゆかりの地

ロンドンに現存する最古の教会「聖バーソロミュー・ザ・グレート教会」

ロンドンの歴史が全てわかる「ロンドン博物館」でヴィクトリア朝にタイムスリップ

ロンドンでアンティーク三昧 掘り出し物が必ず見つかるマーケットめぐり

中世の趣が残るロンドン「ザ・テンプル」ダ・ヴィンチ・コードの舞台としても知られる歴史ある場所

ロンドン「シャーロック・ホームズ博物館」ヴィクトリア朝の香りが漂う シャーロキアンの聖地

中世の面影を今に残す街 築600年の旅籠が現存する 英国「ライ」の魅力

ポルトガル 世界遺産の街「シントラ」アラブの面影が色濃く残るエキゾチックな場所

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


Remembering Diana

 毎年、夏になると Kensington Palace(ケンジントン宮殿)の庭園を訪れます。毎年、色とりどりの花々が目を楽しませてくれますが、今年の庭園は白を基調にシンプルにアレンジされています。

DSC06032_convert_20170826180643.jpg

 悲劇的な事故でダイアナ妃亡くなってから今年で20年。追悼の意味をこめ、彼女が愛していたという庭園は白い花で埋め尽くされました。

DSC06028_convert_20170826180908.jpg

 Myosotis sylvatica ‘Snowsylva’は、一般的には white forget me not という呼び名で知られています。日本語では忘れな草。「真実の愛」と「私を忘れないでください」というその花言葉は、国民に人気があったというダイアナ妃にふさわしいもの。

DSC06045_convert_20170826180731.jpg

 最近、ボイスコーチに語ったという個人的な会話を録音した「ダイアナ・テープ」の内容がテレビで放映されました。死後20年を経ても世間の注目を浴びつづけるダイアナ妃。テープが流失したこと、それが面白半分に世間に知れ渡ってしまったことは、まさに死者を鞭打つような行為です。その一連の報道に彼女への同情を禁じえませんでしたが、この庭園を見て少し救われた気がしました。

DSC06047_convert_20170826181016.jpg

 ダイアナ妃が15年間住んでいたというケンジントン宮殿。思い出がたくさん詰まっているであろうこの場所を天国から眺めることができるとよいのですが。

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ウィリアム王子が暮らすロンドン「ケンジントン宮殿」ヴィクトリア女王ゆかりの地

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ


 

花のかほり

 先日、Chiswick House(チズウィック・ハウス)で開催されていた Camellia Show(カメリア・ショー)に行きました。広くはない温室内には、ヨーロッパでも有数の椿がそろっているのだとか。

IMG_1553_convert_20170402032415.jpg
 
 チズウィック・ハウスは、18世紀に建設されたネオパッラーディオ建築のお屋敷です。この建築様式には、古代ギリシアとローマの古典的神殿建築の要素が取り入れられているそうです。

IMG_3349_convert_20170405062005.jpg

 ショーの会場となる温室に咲いている椿はもう盛りを過ぎていましたが、庭園内には春の花が咲き始めていました。

IMG_1619_convert_20170402032557.jpg

 ベンチに腰かけていると、かぐわしい花の香りが漂ってきます。名前はわかりませんが、灌木に咲く小花から運ばれてくるようでした。アロマオイルもよいですが、天然の花の香りにはかないません。、

IMG_1614_convert_20170402032754.jpg

 風に香る花が心地よく、暗くなるまでベンチで本を読んで過ごしました。とても贅沢な一日でした。

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ロンドン「大英博物館」で垂涎のアンティーク食器と出会う

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ


真夏のラベンダー畑

 雲一つない青空が広がる晴天のロンドン。絶好のピクニック日和に、サリー州にある Mayfield Lavender(メイフィールド・ラベンダー)に行きました。広々とした畑は25エーカーもあり、一面をパープルにに染めるラベンダーは、全てオーガニック栽培されているそうです。

IMG_9762_convert_20160818172857.jpg

 バスを降り立った途端に、ラベンダーの優しい香りがあたり一面に広がりました。ただただラベンダー畑を歩き、その香りを胸に吸い込み、ぶんぶんと羽音を立てるハチにおののき、そうしているだけで、とても楽しい時間が過ぎました。

IMG_9845_convert_20160818171904.jpg

 ランチには、ラベンダーづくしのアフタヌーンティーをいただきました。ラベンダーティーに、ラベンダースコーン、ファッジやショートブレッドにもラベンダーが練りこまれています。暑い日には、少し甘すぎるようにも感じましたが、おいしくいただきました。

IMG_9765_convert_20160818172109.jpg

 TFL(ロンドン交通局)のオイスターカードが使える距離にあって、こんなに素敵な場所があることを知り感激しました。最寄駅は、ナショナル・レイルとオーバーグランドが交差する West Croydon(ウエスト・クロイドン)で、そこから166番のバスに乗ります。

IMG_9867_convert_20160818172242.jpg

 メイフィールド・ラベンダーの公式サイトには、Victoria(ヴィクトリア)駅からナショナル・レイルでウエスト・クロイドンに行く方法が載っていますが、私たちは最寄りのオーバーグランドの駅まで行って、そこからオーバーグランドを乗り継いでウエスト・クロイドンまで行きました。
 普段は利用しないオーバーグランドでの移動は楽しくもありましたが、スピードがものすごく遅くて、到着するまでに思わぬ時間がかかりました。166番のバスは長い距離を走ります。クロイドン市街を抜けて田舎道に入ったあたりからの風景が、とてものどかで美しいです。

IMG_9839_convert_20160818172802.jpg

 デザートに食べたラベンダーアイスクリームがさっぱりとしていて、とてもおいしかったので、お土産には、お茶にしたりお菓子に混ぜてもよいというドライラベンダーを購入しました。市販のアイスクリームに混ぜるだけでラベンダーアイスクリームが楽しめます。また長い時間をかけて家路へと向かいましたが、とても充実した1日でした。

Travel.jp 「たびねす」 にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
スペイン「ホテル セルコテル サン フアン デ ロス レイエス」古都トレドの風格あるホテル

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

トラベルジェイピー

トラベルジェイピー にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank"

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (62)
年中行事 (11)
博物館めぐり (31)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (56)
ふらっとイギリス (35)
安くておいしい (84)
お茶のはなし (17)
エコライフ (23)
花鳥風月 (38)
掘出物 (32)
ヴィンテージ (79)
日本とイギリス (8)
書物に親しむ (16)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (204)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (48)
ポルトガル (51)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR