FC2ブログ

2020-03

おっと、フタがない。

カーブーツセールのストールで Pyrex(JAJ パイレックス)のキャセロールを見つけました。問題はフタがないこと。売っていたおじさんが「どこかで見た気がする」と言うので、ガラクタ入りの段ボール、敷物の上に積み上げられた、これまたガラクタ(お宝とも言いますけれども)をひっかきまわしました。結局、見つけられませんでしたが、パターンが June Rose だったので買ってしまいました。「フタがないのでオマケしてくださいませんか」と言い添えると、あっさり半額になりました。ラッキー。

IMG_1531_convert_20191102034121.jpg
June Rose(ジューン・ローズ)

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
教会にお泊り!ポルトガル「ヴィラ ガーレ コレクション ブラガ」

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


スポンサーサイト



他人のガラクタ私のお宝

先日Chiswick Car Boot Sale(チズウィック・カーブーツセール)に行った際、入り口近くのストールで早速お宝発を発見しました。しかも、地面に置かれたどれでもひとつ××ポンドの箱の中。好みではありましたが、どうしても欲しいとまでは思わなかったので、他によい物がなければ後で戻るつもりでその時は買いませんでした(本当に欲しい時はこのタイミングでゲットしないと後悔することになます)。

IMG_1750_convert_20191216072236.jpg
ずっしり重たい庶民派プレスガラスの厚みがたまらない

結局この日はあまり収穫がなく、終了間際に最初のストールに戻りました。キラキラと人目を引く外観と値段の安さから残っていることはあまり期待していませんでしたが、私の到着を待っていてくれました。しかも、朝の半額以下。私にはとってもかわいらしく見えるのに、ガラクタ箱に入れられるまで誰にもお持ち帰りされなかったこと、この日もこんなに安いのに誰にも見向きもされなかったことを考えると、このキラキラボウルは、一般的にはそんなにステキじゃないのかもしれません。

IMG_1751_convert_20191216072129.jpg
継ぎ目もくっきり大量生産 

半額だった上に、2つ買えばもう1つ何か持って行ってもよいということだったので、箱からオレンジプレスガラストリオ(どれも朝から箱に入っていました)を選びました。タダ同然の値段だったのに、ディーラーさんは満面の笑顔(きっと売れなくて処分に困っていたのでしょう)。私もハッピー。一緒にいた相棒の顔だけがひきつっていました。

IMG_1746_convert_20191216072059.jpg
よく見るとトリオではなく、色もパターンも微妙に違っています

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
キラキラと輝く青の宝石!マルタ共和国「スリーマ」の海岸線

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


きらきらカップ

このシャイニーカップを見つけたとき、ファイヤーキングのピーチラスターに違いないと思いました。しかしながら、手にとってよく見てみるとメキシコの Termocrisa(ターモクリサ) というメーカーの製品らしいことがわかりました。どうやら本家本元の類似品をつくっていた会社のようです。

IMG_1565_convert_20191102034858.jpg

このような書き方をすると悪意があるように思われてしまいそうですが、流行を取り入れようとすると、どうしても似たようなデザインになってしまうのはある程度は致し方がないこと。もちろん、他にもいろいろなパターンのミルクグラス製品を製造していたようです。ちょっとやりすぎかなという気がしないでもないですが、私はこのターモクリサのカップがとても好きです。ファイヤーキングよりも薄くて軽いところ、きらきら度が高いところがポイントです。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ポルトガル領マデイラ島「フンシャル」で過ごすカラフルな休日


読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


みつ入れ子になった

JAJ Pyrex(JAJ パイレックス)のミキシングボウル。チャリティーショップでみつ揃えだったのに、いちばん大きい子だけを買ってしまったのは2011年2月のことでした。罪なことをしてしまったものです。そのとき、買い物に来ていたウィンストン・チャーチル似のおじいちゃんにつかまって、話が長くて大変だったことを思い出します。

IMG_1537_convert_20191102034156.jpg

大雪の日、仕事が半休になったのでチャリティーショップに寄りました。そこで、真ん中の子を見つけたけれど、ほしいとは思わずに手ぶらで帰りました。でもやはり気になって、同じものをカーブーツセールで見つけてお持ち帰りしたのは、2013年6月のことでした。

IMG_1544_convert_20191102034334.jpg

最近になってやっと小さい子とカーブーツセールでめぐり会いました。しかも大好きなバラ模様。パターンはばらばらですが、これでやっとみっつ揃いました。近頃、June Rose(ジューン・ローズ)をよく見かけ、そのたびに連れて帰ってきてしまいます。

IMG_1550_convert_20191102034601.jpg

甘すぎず、どこか懐かしい感じのするバラ模様のとりこになってしまいました。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
イギリスの城下町「ルイス」アンティークハントと歴史をたどる旅


読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


わたしリス子、外国から来たの。

わたし Masala さんのところに住むことになったリス子。Chiswick(チズウィック)っていうところで出会ったのよ。レトロな感じのどうぶつさんには弱いんだって Masala さんが言ってた。わたしね、外国生まれなの。ほら、Foreign って書いてあるでしょ。でも、いつどこで生まれたかは覚えてないの。そんなわたしだけど、どうぞよろしくね。

IMG_1586_convert_20191108041015.jpg
耳の片方は白いのに、

イギリスでは、輸入品の製造国を明確にするために1887年に Merchandise Marks Act という法律が制定されました。それまで Foreign の刻印で輸入されてきた製品に Made in Japan のように正確な国名を表記することが義務付けられたのです。19世紀後半には、日本からも多くの陶磁器が輸出され Foreign や Nippon のマークがつけられていたそうです。

IMG_1606_convert_20191108041100.jpg

ここまで読むと「もしかするとリス子ちゃんは、100年以上前につくられた正真正銘のアンティーク!?」と思ってしまいますが、実は Foreign マークは、20世紀になってからも使用されていたというのです。例えば、第二次世界大戦後、東側諸国に輸出される西ドイツ製品や、冷戦時代のアメリカがソ連から輸入する製品には Foreign マークが刻印されていました。そのため、Foreign マークから正確な製造国や年代を特定することは難しいとされています。

IMG_1591_convert_20191108041040.jpg
もう一方はピンク。白く塗るのを忘れたとしか思えません...

ふーん。そうなんだ。リス子ちゃんがどこから来たのかは結局わからなかったけど、もしかしたら今はもうない国、西ドイツやチェコスロバキアで生まれたのかもしれないね。ひょっとすると、日本からはるばる船に乗ってやって来たって可能性だって否定できませんよね。そう考えると、想像は無限に広がってゆきますね。

IMG_1614_convert_20191108041123.jpg
この角度、研ナオコに似てなくもない!?

参考文献: China Chat

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ポルトガルの古都「ブラガ」聖地と宮殿をめぐる1日観光モデルコース

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


そんなことできない

もうこれ以上増やさないなら、今ある物をずっと持ってられるんだけどなー。
でも、もう買わないなんてことできるはずないか。
あなたたちのことですよー。
もう片付ける場所がありません。

IMG_1551_convert_20191102034643.jpg
JAJ Pyrex(JAJ パイレックス)June Rose(ジューン・ローズ)

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ロンドンでテムズ川クルーズ「サザーク」半日観光モデルコース

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


tea cups

最近、私好みのティーカップによく出会います。家が狭いので喜んでばかりもいられませんが、よい物が見つかったときは、置き場所のことなど考えずに連れ帰ることにしています。

IMG_6218_convert_20180508013839.jpg

以前、Wimbledon Car Boot Sale(ウインブルドン・カーブーツセール)で Johnson Brothers(ジョンソン・ブラザーズ)の Rose Bouquet(ローズ・ブーケ)の大きめのボウルを購入しました。大のお気に入りで、キッチンにおいてフルーツボウルとして使っています。ちなみに、ウインブルドン・カーブーツセールは、もうありません。結局、一度しか行けずに残念でした。

IMG_6220_convert_20180508013738.jpg

ディナー&ティーセットもつくられていたというローズ・ブーケ。一度、めったに行かないチャリティーショップでディナーセットを見つけたことがあります。少しずつ買いそろえたいと思っているので、もちろんほしかったのですが、プレートだけでも6枚あり断念。ばら売りなら絶対にお持ち帰りしていたのに。

IMG_6231_convert_20180508014116.jpg

運よく Chiswick Car Boot Sale(チズウィック・カーブーツセール)でカップ&ソーサーを一組ゲット。ティーカップがだんだん増えてきたので今までに購入したティーカップを並べてみました。ただの自己満足だということは重々承知しておりますが、ひとこと言わせてください。かわいすぎです!

トラベルジェイピー にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
リスボン「泥棒市」心ときめく蚤の市で宝探し!

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

スポンサーリンク

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

LINE トラベルjp

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (84)
年中行事 (12)
博物館めぐり (32)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (58)
ふらっとイギリス (44)
安くておいしい (106)
お茶のはなし (18)
エコライフ (24)
花鳥風月 (41)
掘出物 (34)
ヴィンテージ (86)
日本とイギリス (15)
書物に親しむ (18)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (245)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (50)
ポルトガル (90)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

旅に行くならRakuten

買い物もRakuten

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR