fc2ブログ

2024-02

ライで泊まった大時代的ホテル

今年の夏には、キャンバー サンズ ビーチに行くためにライで1泊しました。
本当はマーメイド インに泊まってみたかったのですが、空室がなく断念。
突然思い立って前日にホテルを予約したので無理もありません。
それで、たまたま空室があった The Lookout というおもしろい名前のホテルに泊まることになりました。

IMG_9955_convert_20230928071725.jpg

外観はごく普通の一軒家のように見えますが、客室の内装が大時代的。
ロココ調なところがポイントです。
私は結構気に入りましたが、相棒が首をかしげていました。
中二階にドレッサーとバスルームがあるおかげで、部屋が広々と感じられます。
バルコニーもあって、なかなかよかったと私は思ったのですが...。
ロケーションは抜群で、駅にも観光地にも近くてよかったです。

IMG_9959_convert_20230928071802.jpg

朝食は、イギリスのホテルやB&Bの定番イングリッシュ ブレックファスト
前日のフィッシュ&チップス同様、去年の夏にワイト島ボーンマスに泊まった時以来、一年ぶりです。
旅行中は毎朝イングリッシュ ブレックファスト食べていたせいで?逆流性食道炎を患った苦い経験を思い出し、オーダーするのには勇気がいりました。

IMG_9994_convert_20230928072607.jpg

アボガド トーストなどのベジタリアン メニューも選べましたが、隣の席のご夫婦、奥様の方が食べていてあまり魅力を感じなかったのでイングリッシュ ブレックファストに決めました。
年に一度くらいはいいでしょう?

IMG_0012_convert_20231001060341.jpg

イングリッシュ ブレックファストのほかにも、クロワッサンやシリアル、フルーツなどがビュッフェ形式で自由に選べます。
ギリシャヨーグルトとブルーベリーがあったので混ぜて食べてみました。
期待は全くしていませんでしたが、ヨーグルトが驚くほどおいしいかったです。
市販のものをよく買って食べますが、こんなにおいしいものに出会ったのは初めて。
見た目もヨーグルトというよりもアイスクリーム。
もしかしたら、ホテルで手づくりしているのかもしれません。
つくり方、もしくは、市販のものなら売っているお店を聞いておけばよかったです。

IMG_9996_convert_20230928072416.jpg

ローケーションがよくスタッフもフレンドリー。
大時代的なインテリアも私好みな The Lookout 。
もう一度泊まってもよいと思うホテルに間違いありません。
でも、次こそはマーメイド インに泊まってみたい!

トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
イギリスの味覚に挑戦!「すっぱおいしい」お土産3選

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


スポンサーサイト



ライの駅前にあるステキなデリ

キャンバー サンズ ビーチに行くためにライに1泊したとき、駅前にすてきなお店を見つけました。
Jempson's という地元のデリで、パンやお惣菜、ビスケットやケーキ、お土産になりそうな瓶入りの調味料などがかわいらしくディスプレーされています。
入り口近くには Jempson's の製品が置いてあり、奥に行くにしたがって普通のスーパーにも売っていそうな食材が置いてありました。
店内には郵便局、そして、ちょっとしたDIY用品を扱っている一画もあり、地元の人たちにも、観光客にとっても重宝するお店です。

IMG_9987_convert_20230821020635.jpg

ライに滞在中はこのスーパーにはお世話になりました。
到着した日のランチはマーメード インフィッシュ&チップスをいただきました。
ランチの後にはティーハウスでお茶をして、夕食はこのスーパーで軽めのデリを買って済まそうとの計画を立てていたのです。
フィッシュ&チップスが重すぎてお茶はできませんでしたが、夕食には予定通りデリでとケジャリーとポテトサラダを買いました。
(私はポテトサラダではなくベトナム風春雨サラダが食べたかったのに、お箸がもらえないことを理由に却下されてしまいましたけれども...。)

IMG_9989_convert_20230821033538.jpg

ケジャリーは豆とお米のインド粥キチュリに起源をもつイギリス料理。
魚とお米のカレー風味ピラフです。
魚はタラが一般的ですが、Jempson's のものにはサーモンも入っていました。
とてもおいしかったのですが、思っていたよりも量が多く、デザートに買っておいた塩キャラメル味のクロワッサンが食べられなかった!

IMG_9988_convert_20230821020835.jpg

最終日には、ビートルートのチャツネをお土産に買ってロンドンへと帰りました。
私の持っているガイドブックには載っていませんが、ぜひとも観光ルートに加えたいお店 Jempson's。
電車の駅に近いので、お土産や電車内で食べたいスナックを探すのにとても重宝します。

トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
スペインの古都「トレド」で教会めぐり 異文化が融合するエキゾチックな空間

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


イギリスらしさを満喫 ライの街並み

冷夏だった今年のイギリス。
8月中旬に数日間だけ海日和があったので、1泊でキャンバー サンズ ビーチに行ってきました。
このビーチは、Rye(ライ)の駅前から路線バスで20分ほどの場所にあるため、1日目はライの市街観光をしました。

IMG_9853_convert_20230903070442.jpg

ライには何年も前に一度訪れているので、イプラ タワーなどの主な観光施設はパスして、街歩きをすることに。
この街の見どころは何と言ってもかわいらしい街並み。
日本人にも人気が高く、ロンドン以外の海外の都市では、私が最も日本人観光客に出会った街でもあります。
ロンドンからの電車にも私を含め6人の日本人が乗車していて、街角でも何度かすれ違いました。
とても小さな街なので、何度も出会ってしまうのです。

IMG_9798_convert_20230903070703.jpg

古い建物を見て、感じのよさそうなお店に入って、マーメイド インで食事をして。
ただ歩いているだけで楽しいのです。
アンティークショップもたくさんあります。
同じようなテイストの食器や雑貨がまとめてディスプレーされているとかわいらしい。
最近はマーケットばかりでショップには行っていなかったので、改めてアンティークの魅力を感じたのでした。

IMG_9970_convert_20230903071101.jpg

ランチの後にティーハウスでお茶がしたかったのですが、気づけばお店が閉まっていて断念。
カフェを含めてほとんどのお店は午後5時で閉店してしまいます。
クリームティーができなくて残念でしたが、久々にイギリスらしさを満喫。
かわいらしいイギリスの街並みが大好きなことを再認識しました。

トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ロンドン郊外「リッチモンド」テムズ川と美しい緑の空間を満喫

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


マーメイド インでフィッシュ&チップス

一泊で Rye(ライ)キャンバー サンズ ビーチに行ってきました。
一日目はライの市街観光。
ライに来たからにはマーメイド インを見たいということで、ランチはホテル内にあるパブ Giants Fireplace Bar(ジャイアント ファイヤープレイス バー)に行くことにしました。

IMG_9818_convert_20230904045303.jpg

マーメイド インは、1156年創業の旅籠。
現在ある建物は1420年の建築で、現役でホテルとして営業されています。
この建物には、密輸ギャングの隠れ家にされていた歴史があるのだとか。
羊毛をはじめとするライで産出される輸出品には莫大な関税が課されていたため、14世紀から18世紀の長きにわたり密輸は公然の秘密となっていたそうです。

IMG_9863_convert_20230904051510.jpg

マーメイド インでは前回訪れたときもランチをしていますが、何度訪れてもその歴史ある佇まいに感激してしまいます。
前回の訪問は秋口で、今回は夏。
季節が違えば、印象も異なるものです。

IMG_9861_convert_20230904051417.jpg

本当はここに宿泊できればよかったのですが、空室がなく断念。
突然思い立ってライに来ることになり、前日にホテル探しをしたので無理もありません。
宿泊客のためのラウンジに行って写真を撮ることができたのでそれで我慢しましょう。
次回ライを訪れることがあれば、宿泊して客室の様子も見てみたいです。

IMG_9906_convert_20230904051250.jpg

ランチをしたパブは混みあっていました。
ドリンクがメインで、フードメニューは数えるほどしかありません。
フィッシュフィンガー バーガーとかなり迷って、フィッシュ&チップスを注文することに。
昨年の夏ワイト島に旅行して、毎日のようにイギリス料理を食べ続けた結果、逆流性食道炎に罹患して以来、イギリス料理は怖くて食べていませんでした。
ということで、一年ぶりのフィッシュ&チップス。

IMG_9883_convert_20230904045544.jpg

さすが老舗だけあり、ここで食べるフィッシュ&チップスはとてもおいしかったです。
冷凍食品を解凍しただけというフィッシュ&チップスを出すお店が多いなか、タラとジャガイモのフライはもちろん、マッシーピー(潰したグリーンピース)とタルタルソースも手づくりでした。
こんなにおいしいフィッシュ&チップスを食べたのは久しぶり。
歴史ある建物も見られたし、おいしいランチも食べられて大満足のマーメイド インでした。

トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
「ファルコン ホテル」英国ストラトフォード・アポン・エイボンに現存する中世の旅籠

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


砂丘のあるキャンバー サンズ ビーチ

日本は猛暑だったといいますが、今年のイギリスの夏は寒かった!
8月前半は半袖を着るどころかフリースが必要なくらいの気温でした。
中旬になってやっと暑いかな?と思えるくらい気温が上がった日があったので、これを逃してなるものかとビーチに行ってきました。

IMG_0036_convert_20230828081531.jpg

今回選んだのは、キャンバー サンズ ビーチ。
Rye(ライ)の駅前から路線バスで20分ほどの場所にあります。
というわけで、ライに1泊することにしました。
1日目はライの市街観光。
2日目はホテルをチェックアウトして、1日中ビーチで過ごします。

IMG_0063_convert_20230828081254.jpg

2日目、ホテルに荷物を預けて1時間に1本のバスに乗ります。
2階の私たちの座席近くにビーチへ行くと思われる家族連れがいたので、その人たちについて下車することにしました。
でも、その他人まかせのところがいけなかったのです。
彼らの目的地は海ではなかったようで、バスが海岸線を通り過ぎても下車する気配はありません。
慌てて1階に下りると、案の定、大方の乗客は降りていました。

IMG_0026_convert_20230828081125.jpg

運転手さんに聞くと、やはり乗り過ごしてしまったようです。
気の毒に思ってくれたのか、停留所ではない場所でバスを停めて、そこから通じる遊歩道に沿って歩けばビーチにたどり着くことを教えてくれました。
運転手さんが親切で本当によかった。
結論から言えば、1時間くらい歩きました。
でも、遊歩道ですれ違う人たちは笑顔で挨拶をしてくれるし、風景がとてもきれいだったのでよかったことにしましょう。
何より、東洋系のバスの運転手さんの配慮に感謝です。

IMG_0038_convert_20230828192535.jpg

たどり着いたキャンバー サンズは砂浜。
駐車場とお手洗いが完備されている辺りはきれいな混じりけのない砂浜ですが、人が多く混みあっています。
静かな場所を求めて少し離れた場所に異動すると若干、砂に石が混ざる気がします。
ボーンマスに比べると海岸線が短く小ぢんまりとしていていますが、悪くはありません。

IMG_0050_convert_20230828081222.jpg

特筆すべきは砂丘があること。
私たちは砂丘に陣取って海を眺めるか、水際を裸足で歩くかして過ごしました。
ビーチで過ごす時間は楽しく、あっという間に過ぎてゆきます。
今年もビーチに来られてよかった!
そして、来年はどこのビーチに行こうかなぁと、今から計画を立てるのでした。

トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
舞台はロンドン!名探偵「シャーロック・ホームズ」の軌跡を追え

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


オッズファームパークに行ってきた

ロンドン郊外にある Odds Farm Park(オッズ ファーム パーク)に行ってきました。
ヤギやヒツジ、ブタなど農場の動物たちがいます。

20230607_102744_convert_20230702012651.jpg

どちらかといえばファミリー向けの施設で子どもたちが喜ぶ場所だと思いますが、大人だけでも楽しめます。
(大人だけで来ていたのは私たちを含めて二組だけでしたけれども。)

20230607_102228_convert_20230702012446.jpg

受け付けからファームに続くエリアの内装がとてもかわいらしい!
思わずウサギやリスのフィギアが欲しくなってしまいました。
(実際に家に置いてあったら少し怖いような気もしますが...。)

20230607_142207_convert_20230702011920.jpg

時間帯によっては乳しぼりなどのショーなどがありますが、私たちは気ままに動物を見たり、ピクニックを楽しんだりしました。
このファームでのハイライトは動物たちへの餌やり。
入場料とは別売りの餌を購入して、動物たちへ食べさせます。

20230607_131222_convert_20230702012018.jpg

彼らは見学者が餌付けをすることを既に知っているので、たとえ餌を持っていなくても人間が近づいてくると、駆け寄ってきて「食べる物ちょうだい!」攻撃を仕掛けてきます。
つぶらな、そして、真摯な瞳でじっと見つめられると餌を与えずにはいられません。
餌やりなどするつもりはなく購入もしていませんでしたが、動物たちに見つめられ思わず餌を買ってしまいました。

20230607_103026_convert_20230702013107.jpg

手に餌を載せて差し出すと、あちらかもこちらからもたくさんの動物たちが集まってきて「僕、私にちょうだい!」と競い合って食べに来ます。
ちょっとニブイ子たちはあまり食べられていない気がして心配しましたが、ファームでもきちんと餌を与えているようなので飢えることはなさそうです。

20230607_130910_convert_20230702012345.jpg

屋外施設にはいろいろな種類のニワトリ、ロバ、ブタもいました。
そのなかでも特に人気で子どもたちの注目を集めていたのはブタさん。
普段はあまり見ることはないので、その大きさに驚きました。
こんなにかわいらしくトコトコ歩かれると、豚肉が食べられなくなってしまいそうです。

20230607_114730_convert_20230702011713.jpg

緑がいっぱい、かわいい動物たちのいるオッズファームパークで久々に癒されました。
地下鉄で行けるロンドン市内にもこんなファームがあればいいのにな。

トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ジオパーク認定「トーキー」イギリスの田園地帯と海辺の風景

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


女性職員の対応が素晴らしかった

今年の夏にボーンマスに行ったときは、電車ではなくコーチ(高速バス)を利用しました。
直前になって旅行を決めたために電車料金が高かったというのが最大の理由。
本当のことを言えば列車の旅の方が好きですが、背に腹は代えられません。
コーチのチケットは往復で購入しましたが、行きは問題なしで、帰りの便の発車が遅れました。

ロンドンに帰る日、時間通りにコーチステーションに到着したら、私たちが乗る予定のコーチが遅れる旨の放送が流れていました。
冒頭部分を聞き逃したため、事務所でアナウンスした直後に外に出てきたと思われる女性職員に詳細を聞いたところ、ものすごい渋滞でロンドンからボーンマスに向かっているコーチの到着がいつになるか分からないこと、そのコーチが私たちをヒースロー空港まで運ぶことになるので、今後の見通しが立っていないことを丁寧に教えてくれました。

そして、私たちにフライトの何時を聞いてきました。
私たちはその後(エリザベスラインは諦めて)地下鉄に乗るだけなので、時間についてはあまり気にしていませんでしたが、なるほど、ヒースロー行きだけあって、これから飛行機に乗る人もいるのだなと納得しました。

その後、彼女は私たちにまた必ず声をかけることを約束し、他の乗客にも同じように丁寧に対応していました。
渋滞しているのは、恐らく山火事のせいでしょう。
コーチが到着しても、ヒースローにたどり着くまでに長時間かかる可能性があると言われたので、隣接するショッピングセンターに入っている格安スーパー、アズダで軽食を購入することにしました。

スーパーから戻ってくると彼女が私たちを見つけ、次の停留所となるサウザンプトンまで代車が出ること、そこからヒースロー行きのコーチが拾ってくれることをこれまた丁寧に説明してくれました。
私たちにしてくれたように、彼女が誰にでも親切丁寧に根気よく対応してくれたため、現場に混乱はなく、文句を言う人もいませんでした。

結局、サウザンプトンまでは少し渋滞しましたが、そこからは車の流れも順調で当初の予定よりも15分遅れくらいでヒースロー空港に到着しました。
日本とは違ってイギリスだと、対応しなくてはいけない職員自体が動転してしまうか、開き直るかキレるかしてしまうことが少なくないなか、コーチ事務所の女性職員の対応は素晴らしかった。
客の中にもやたらに文句を言いたがるおかしなのが混ざっているのは想定内としても、きちんと真摯な対応をすれば、大抵の人は理解してくれるはずなのです。
イギリスで、久々にきちんとした対応をしてくれた女性職員を見てなんだか清々しい気分になったのでした。

トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ポルトガル領マデイラ島「フンシャル」で過ごすカラフルな休日

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

スポンサーリンク

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

LINE トラベルjp

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

ブログ村読者登録

ロンドン発 -庶民的生活- - にほんブログ村

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (265)
プロパティーラダー (24)
年中行事 (16)
博物館めぐり (32)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (86)
ふらっとイギリス (112)
安くておいしい (249)
お茶のはなし (21)
エコライフ (28)
花鳥風月 (70)
掘出物 (36)
ヴィンテージ (101)
日本とイギリス (15)
病院通い (54)
書物に親しむ (18)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (271)
フランス (26)
イタリア (25)
スペイン (50)
ポルトガル (94)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (24)
オーストリア (12)
たびねす (5)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーリンク