FC2ブログ

2019-08

バターがたっぷりすぎて

最近お菓子づくりをするようになり、週末のたびにパウンドケーキかブラウニーを焼いています。上手くふくらまなかったり、形がいびつになってしまうことの方が多いですが、おいしいので続けています。ひとつ驚いていることは、ものすごい量のバターを使うこと。パウンドケーキは基本的に粉・バター・砂糖の分量が等分でつくられるそうで、私は150gずつで焼きます。そうすると、市販のバターの半分を使うことになるのです。ブラウニーだとそれ以上!

IMG_7770_convert_20190113230315.jpg
反省1:もう少し生地がやわらかいうちに切込みを入れること。
反省2:茶葉を温かい牛乳につけてやわらかくしてから混ぜること。


スポンジケーキにはバターをほとんど使わないこと、シフォンケーキにいたっては全く使わないということを知りましたが、どちらのケーキも焼いた後にデコレーションしなければならないこと、ハンドミキサーを持っていなければつくるのが大変そうなこととで、しばらくは、焼くだけですぐに食べられるパウンドケーキとブラウニーに専念することにします。パウンドケーキは応用が利くので、いろいろなフレーバーを試してみたり、粉・バター・砂糖の分量を研究して少しは上手につくれるように練習しています。バターの摂りすぎで、後々困ったことになりませんように。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
キラキラと輝く青の宝石!マルタ共和国「スリーマ」の海岸線

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


スポンサーサイト

クックパッドってすごい!

ミセスヨガベジタリアンがニョッキ・ゴルゴンゾーラをつくってくれました。ニョッキにイタリアのブルーチーズ、ゴルゴンゾーラソースをかけていただくシンプルなパスタがとてもおいしかったので、家でも試してみることにしました。ソースのほうは彼女が料理しているのを見ているだけでつくり方がわかりましたが、ニョッキは市販のものでした。どうせならと、ニョッキも手づくりすることにし、さっそくレシピを検索しました。

85e7cdd2d954ddf8e0016cd02c8c5001_s_convert_20190306073619.jpg

いろいろなサイトにヒットしますが、レシピを探していて載っていなかったことがないのがクックパッド。ニョッキはもちろん、ベトナム料理レストランで食べて、家でもつくりたいと検索したフォー(平たい米粉麺)のスープ、ヨーロッパの冬の風物詩、クリスマスマーケットには欠かせない柑橘類と香辛料でつくる温かいワイン、モルドワインなど、あまりメジャーではないレシピもバッチリ。餃子の皮のつくり方や、パスタに重曹を加えて茹でるだけでラーメンに早変わりさせる方法など、海外で日本食を食べたくなった時に役に立つレシピも充実しています。もちろん、太巻きやパウンドケーキなどの一般的なレシピは選び放題。自分の好みに合ったものを見つけられるはずです。

e8e159092e41892ec43d64e71f01985b_m_convert_20190306073523.jpg

手づくりしたニョッキは、モチモチしていてとてもおいしかったです。ジャガイモと小麦粉の分量を調整するだけで歯触りを自分好みに変えられるので、手間をかける価値があります。安い時にジャガイモをたくさん買っておいて、またつくってみるつもり。クックパッドさん、新しいレシピを開拓するときには、これからもお世話になります。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
マルタ共和国「イムディーナ」古都の雅を今に伝える城壁の町

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


おばちゃんとこはホリデーの味

最寄り駅の近くにチャイニーズのテイクアウェーがあり、帰りが遅くなって家で料理をするのが面倒なときによく利用しています。特にホリデーから帰ってきたときは必ずと言ってよいほど寄らせてもらっています。セットメニューには、タイスペシャル、マレーシアスペシャル、オリエンタルスペシャルなどがあり、その日の気分でそのどれかを選びます。どれを選んでも味はチャイニーズなのですが、そのベタなところが気に入って贔屓にしているお店です。

注文してから出来上がるまで店内のイスに腰掛けて待ちますが、あれは、バースから帰ってきた日のことだったでしょうか。お店のおばちゃんが電話対応していたのを聞くともなく聞いていました。ロンドンに暮らす中年以上の日本人女性は上品な方が多く、いわゆるおばちゃんに出会うことは稀ですが、店主と思われる中国人女性は、日本では当たり前に生息するおばちゃんストライクゾーン。久々におばちゃん見ちゃったとほくそ笑んでいると、おばちゃん、電話口で謝っているではありませんか。「それは申し訳ない。次行くとき今日の分上乗せしとくから、それで堪忍してや」と。どうやらクレーム対応のようです。「そやかて、あんたん家は遠いから今日は遅いし無理や」「ほんだら、今から行くから待っててや」と言って電話を切りました。どうやら強引な常連客に押し切られた模様。

「○○、配達行ってや」。呼ばれたのは見るからに勉強が苦手で、学校にはほとんど行っていませんでしたという風貌のデリバリーのお兄さんアラブ系。日本でなら族上がりのバイク兄ちゃんといったところ。「エー、何でオレ?配達したのオレじゃねーし」「わかってるけど、今はあんたのシフトやろ」「あそこ遠いし」「I know. They are bad people.」と、わかりやすい英語で客を罵ったかと思うと「 どうせ’ビー’(ピーではなく、あえてビーの音でおばちゃん発言をカバー)やろ」とおっしゃる。そのとき私は驚きのあまり硬直してしまいました。おばちゃんが大声で何の躊躇いもなく人種差別的発言をしたからです。イギリスでは人種差別は犯罪であり、禁固刑もありえます。「ちげーよ。その反対の色」「ふーん、そうなん。とにかく今すぐ行ってや」お兄ちゃんは、渋々とバイクを走らせてクレイマーのところへ向かったのでした。

そのうちにマレーシアスペシャル(だけど味はチャイニーズ)が出来上がり、おばちゃんが私たちに「はい、おまちどうさん。今日は寒いなー、気ぃつけて帰りなはれ」と愛想よく話しかけてくれました。私は「ありがとうございまーす」と、声に出して言い「客商売大変そうだけど頑張れ!」とこれは心の中で付け加えて、お店を後にしました。おばちゃんのその裏表のなさが好きだな。また利用させてもらいます。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
「ヘンリエッタ ハウス」イギリス世界遺産の街バースの心地よいホテル

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


ラーメンになった!!

スパゲティーに重曹を入れて茹でると中華麺のような食感になることは、日本食を手に入れるのが難しい海外在住者にはよく知られる裏技です。なんでも、重曹を加えることで化学反応が起こって、中華麺には欠かせないかんすいができるのだとか。1リットルにつき大さじ1杯の重曹が目安で、通常より2分ほど長く茹でるのがコツ。簡単にできそうだったので、さっそく試してみました。

Bicarbonate of Soda

何度かやってみましたが、重曹を多く入れるほど中華麺に近づくように思います。そうめんを茹でるときのように泡が立つので、吹きこぼれないように鍋をよく見ていましょう。茹でているときに、あの独特なかんすいの香りがただよってきます。ザルにあけるとき、お湯が茶色くなっていて驚きます。重曹の苦味が残らないように、よく水(またはお湯)で洗って出来上がり。ラーメンだったり焼きソバったり、好みの調理法で召し上がれ。

214974011_0_640x640.jpg

いろいろ試した結果、ラーメンのようにスープに麺を入れていただくには、極細スパゲティーを使うほうが太いものよいも本物っぽいです。私は、Napolina Quick Cook Spaghetti を使っています。そして、肝心の重曹は Marks & Spencer(マークス&スペンサー)の Bicarbonate of Soda がお勧め。いろいろなスーパーに行ってみましたが、これが一番安かったように思います。マークス意外ではどこもメーカーのものしか置いておらず、少し割高でした。ベーキングパウダーでも代用できるそうですが、重曹のほうが少ない量でよりラーメンに近づけてくれます。失敗無しですぐにラーメン(もどき)が食べられます。海外在住者は、ぜひ試してみてください。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
もうマズイなんて言わせない!パブで味わう三大「イギリス料理」

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


日本のハンバーグ

いつも食料品の買い出しに行くスーパー Morrisons(モリソンズ)で、合いびき肉を見つけました。日本ではどこにでもある牛と豚のものですが、イギリスではほとんど見かけることがありません。ひき肉といえば、ビーフ、ポーク、ラム、ターキーが一般的で、合いびきにしてあるものを見たのは、今回がはじめてでした。

301988011_0_640x640.jpg

牛肉(6割)・豚肉(4割)の Bolognese Mince(ミートソース用)として売っていたものを買ってハンバーグをつくりました。いつもは牛か豚のどちらかを使います。どちらかといえば豚の方が好みだと思っていましたが、合いびき肉のハンバーグを食べて驚きました。「あっ、日本のハンバーグ」。そういえば、我が家ではずっとこの味だったなぁと。スーパーで合いびき肉が見つからなくても、牛と豚のひき肉を買ってきて混ぜるだけ。これからはひと手間かけてでも、懐かしい日本の味を楽しみたいと思います。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ポルトガル・世界遺産の街「シントラ」アラブの面影が色濃く残るエキゾチックな場所

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


はじめてのお菓子づくり in U.K.

高校生の頃クッキーを焼いて以来、イギリスに来てからは、はじめて焼き菓子をつくりました。日本からはかりを持ってきたこと、帰国した友人がパウンドケーキ型(クッキングシートと砂糖まで!)を置いて行ってくれたので、挑戦してみることにしました。

IMG_7115_convert_20181231053857.jpg

日本のレシピには薄力粉が必要ということが書いてありますが、残念ながらイギリスでは手に入りません(そのことは餃子の皮をつくったときに確認済)。この国では Plain Flour(プレーン・フラワー:中力粉)が一般的で、お菓子づくりには、ベーキングパウダーがあらかじめ混ぜてある Self Raising Flour(セルフライジング・フラワー)が人気です。厳密に言うとパウンドケーキにはベーキングパウダーを使わないらしいのですが、堅いことは言わずに(レシピによっては使われてもいるようですし)失敗が少ない(らしい)セルフライジングを使いました。

plain.png

ハンドミキサーを持っていないのでバターを混ぜるのが大変でしたが、思っていたよりもずっと楽にはじめてのパウンドケーキ(ベーキングパウダーが入っているのでバターケーキになるのでしょうか)が焼けました。簡単、簡単と、調子に乗ってつくった2作目の緑茶ケーキは、表面が焦げてしまって70点でしたが、すっかりお菓子を焼くのが好きになりました。基本さえ抑えておけば、チョコレートやフルーツ、茶葉を入れることで応用がきくのでいろいろと試してみたくなります。

self-raising.png

1つのケーキにつき250gのバターを半分、ブラウニーにはほぼ1個使ってしまうことには驚きましたが、手づくりのお菓子はやはりおいしいです。ブラウニーにいたっては、バターを湯煎にかけるだけでいいので、パウンドケーキの半分の時間でつくれてしまいました。自分にお菓子づくりができるなどとは考えたこともなかったので、なんだか意外ですが、休みの日にできることが増えてウキウキです。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
街歩き&名物バンに挑戦!イギリス「バース」王道観光1日モデルコース

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


料理上手になったかと思ったら

白菜とパプリカ、人参、マッシュルームのスープをつくりました。それがいつもの野菜スープより格段においしかったのです。野菜の配分と組み合わせが絶妙で、旨味がほどよく溶け合ったとか?と、一瞬そんなことを本気で考えてしまいましたが、いえいえ、いつもとは異なる固形スープの素を使っていたのでした。クノールのスープストック、おいしいです。

Knorr_540x540.jpg

普段はOXO(オクソ)の物を使っていますが、あまりの違いに驚きました。クノールの方が若干高いですが、こんなにも味が違うのなら、これからはこちらを買うことにしようかな。でも、ロゴとパッケージがかわいらしいオクソも捨てがたい。そして、指で簡単に崩せるところも好きです。

OXO_540x540.jpg

ちなみに、クノールもオクソもドイツ発祥。古いオクソ缶をアンティークマーケットカーブーツセールでよく見かけるので、オクソはイギリスの会社だとずっと思い込んでいました。ドイツ対イギリスなら間違いなくイギリスを応援するところですが、どちらもドイツとなると、うーん、しばらくは、クノールのスープストックを使うことになりそうです。

LINE トラベルjp にてガイド記事を執筆中 です。よろしければそちらもご覧ください。
ロンドンでアンティーク三昧 掘り出し物が必ず見つかるマーケットめぐり

読んでくださいましてありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。よろしければバナーのクリックをお願いします。

target="_blank""人気ブログランキングへ""target="_blank""にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Lady Masala

Author:Lady Masala
移民の街ロンドンへようこそ。
各国文化を織り交ぜつつ、
Lady Masala が厳選したイギリスらしいものをご紹介します。
欧州旅行記と自分の足で集めたヴィンテージ、アンティーク コレクションのお披露目も。
文中の太字をクリックすると関連記事にリンクします。

トラベルジェイピー

トラベルジェイピー にてガイド記事を執筆中

Column Latte

生活情報サイト Column Latte にてコラムを執筆中

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

カテゴリ

イギリス生活あれこれ (66)
年中行事 (11)
博物館めぐり (32)
移民の街ロンドン (22)
ぶらりロンドン (57)
ふらっとイギリス (43)
安くておいしい (94)
お茶のはなし (18)
エコライフ (24)
花鳥風月 (40)
掘出物 (34)
ヴィンテージ (81)
日本とイギリス (15)
書物に親しむ (17)
時には怒り (4)
欧州旅行記 (232)
フランス (25)
イタリア (5)
スペイン (50)
ポルトガル (77)
マルタ共和国 (17)
ドイツ (17)
ベルギー (23)
オーストリア (12)
たびねす (4)
Column Latte (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright

このブログに掲載されている文章・写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ユートラベルノート

Lady MasalaさんのMyノート

フォートラベル

ロンドン 旅行

訪問者数

ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR